速報観戦記
■団体:PANCRASE
■日時:2002年3月25日
■会場:後楽園ホール
■書き手:品川(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

3/25 PANCRASE 後楽園ホール大会速報 18:30Start
パンクラスゲート 第1試合ウェルター級戦/5分2R
小沢稔
(V-CROSS)
vs
飯田崇人
(A-3)

(2R 判定ドロー)
パンクラスゲート 第2試合フェザー級戦/5分2R
和知正仁
(浪剣)
vs
平山英明×
(P'sLAB横浜)

(1R13秒 バックブローKO)
第1試合 ヘビー級戦/5分2ラウンド
高田浩也
(RJW/CENTRAL)
vs
山本孝夫×
(禅道会)

(2R 判定3−0 山本にローブローでイエローアリ)
第2試合 ライトヘビー級戦/5分2ラウンド
KEI山宮
(パンクラスism)
vs
小谷野澄雄×
(烏合会)

(1R31秒 右クロスで一発!!)
ここまで 遅刻で見てません だって年度末の25日だもん・・・
第3試合 [パンクラス初代ウェルター級王者決定トーナメント]出場権獲得試合/5分2ラウンド
×北岡悟
(パンクラスism)
vs
大石幸史
(パンクラスism)

(2R 判定2−0)
打撃はお互いに向上したように見えたが
ガブリ一切しない北岡 大石にタックルいっぱい食らって
下から何もせず 終了
何とかならんものか・・・・
第4試合 ライトヘビー級戦/5分2ラウンド
×石井大輔
(パンクラスism)
vs
石川英司
(パンクラスGRABAKA)

(2R 判定3−0)
いしいぃ〜〜〜〜絶叫ギャル 今日も健在です
密着力の差が 勝負を分けた試合 菊田君の作戦勝ち
再三にわたって 足を取ってダウンさせた石川が
グラバカ仕込のグラウンドテクニックで圧倒 石井は何も出来なかった
やっぱしガブリ出来ないと なんともならないと思う

誰か石井に基本的な技術を教えてやってくれ
石川初めてのマイク「マイク初めてなんですぅ〜〜 5・11大阪で渋谷選手と
やります。(実直そうに)ぶっ潰すので覚悟して待っててください渋谷さん」
・・・とホームルームの学級委員の発言のようなマイク

「若いエキス吸ってんのが効いてるんだろ!」・・・(某風談)
第5試合 ミドル級戦/5分3ラウンド
ネイサン・マーコート
(アメリカ/コロラド・スターズ)
vs
三崎和雄×
(パンクラスGRABAKA)

(1R29秒 左腕 肘か?脱臼によるドクターストップ)
マーコートはさらにビルドアップ 三崎はいい日焼け
テイクダウンで 脱臼し終わり
セミファイナル [パンクラス初代ウェルター級王者決定トーナメント]一回戦第1試合/5分2ラウンド
伊藤崇文
(パンクラスism)
vs
港太郎×
(K.I.B.A.)

(2R 判定3−0)
港は先日の佐山せんせ主催のビルマ戦没者奪還の集い に出場してた
セコンドにはアベ兄 植松 後藤の3人 
港のなつかしの総合の実力は・・・・期待されたが・・・
ま〜〜雑な試合でした
テイクダウンに一日の長がある伊藤倒してインサイドから 足狙い敢行
しかし裸足の キックボクサーを極められず・・・・・
再三にわたり 足関節 ヒール・アキレス・膝十字狙うもことごとく失敗
しかしインサイドからの伊藤のパンチは 港が中途半端な 距離
(ちょうど殴りやすい距離)にしてくれるので ガンガン入る
オープンガードで待つなら 打たれない距離にしなくちゃね・・・・
伊藤勝ってうれしそうに 四方に吼える
「ウエルターのベルトは この伊藤崇文が巻きます」と・・・・ニンともカンとも・・
メインイベント ライトヘビー級/5分2ラウンド
美濃輪育久
(パンクラスism)
vs
百瀬善規
(禅道会)

(2R 判定1−0百瀬だが規定でドロー)
入場は風格さえ出てきた美濃輪 出てきたときは絶対勝ちだと思ったが
対する 禅道会百瀬は 百瀬だけあって「紋々」を背負って登場
差し合いからテイクダウンは美濃輪 すかさずストレートアーム・腕がらみを狙い 秒殺狙う
今日はここに こだわったのが「引き分け」の決め手だった・・・・・
関節の防ぎ方をしっかりとわかっていた、禅道会 なりふりかまわず極めたい美濃輪
ここで力を出し切ってしまって スタミナが切れてしまった美濃輪
逆にポジションでしっかりとセオリーどおりに上になる 百瀬
関節にこだわる 「プロレスラー美濃輪」を賞賛すべきか?
最後はドロップキックまで出し ファンサービス(笑)
なぜか美濃輪は亀に(顔を伏せる)しぐさが多かった・・・いかがか・・・

禅道会の「密着&ポジションの勝利」「武道がプロレスに勝った」
禅道会入門してわずか1年余りの百瀬が プロレスラーを破った試合・・・もとい
パンクラス裁定でドローだった・・・
広戸さんの20−20の判定でパンクラスは負けを認めたようなもの
せめて19−19にすればバレなかったのに・・・・
 お客さんは満員!メインも美濃輪のすばらしいワンマンショーが見られて 満足でしょう・・・・ グラバカ以外に禅道会という新たな敵まで作り 幸せだなぁ 前途洋々だが・・・チャンピオンはクルクル変わって修斗的になると思われます。  ともかくこの客入りのよさを大事にしましょう・・・・
 伊藤・美濃輪とも、積極果敢に攻める姿にパンクラスの団体としてのプロレス魂を感じた
              (蛇足)風は5・2新日にはどうやら上がらない模様
今大会の画像及び選手コメントは こちら! 
report by 品川



本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ