イリュージョンがやってきた、ヤア、ヤア、ヤア
■団体:闘龍門
■日時:2002年3月21日
■会場:後楽園ホール
■書き手:リー監督(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

●やって来たきた、やって来た。今年もオイラの街にエルヌメロウノがやってきたよ。闘龍門の中で「最強」を決めるんだぜ。日本最強だぜ。地球最強だぜ。銀河系最強だぜ。宇宙最強だぜ。どーしよー。どーしよー。ドキドキしちゃうよ、どーしよー。オシッコちびっちゃうよ、どーしよー。血沸き肉踊る素敵な大会の始まりはじまりハジマリだよー。

 へいらっしゃい。よってらっしゃい見てらっしゃい。親の因果が子に報い、今日の後楽園の入りはお昼だというのにほぼ満員だよ、全員集合、いらっしゃいませだよー。座席は大体埋まってるよー。立ち見は東西合わせて5-60人。凄いですねー、凄いですねー、凄いですねー。

 珍しく全選手入場なんかやってるよー。校長の挨拶で「ポイントはDブロックの敗者復活戦」だってさー。ホントかなー、ホントかなー、ホントかなー。確かに去年はモッチーがDブロックから勝ち上がって優勝したんだけどねー。

●第1試合は堀口元気・ダークネスドラゴン対マルビン・ドラゴンKIDだよー。

 楽しみ楽しみ子供がたのしみ、楽しみな子供、子供の楽しみ楽しみな子供、子供の楽しみな試合だよー。きょうは子供がいつもより少なかったけど、後楽園遊園地に行っちゃったのかなー。戦隊もののショーを観に行ったら網タイツのミニスカートをアクション付きで拝めるかもしれないしねー。いやー、それもいいけど闘龍門もいいよー。これから暖かくなってきたら闘龍門の観客席は若い肌が若い肌が若い肌が若い肌が若い肌が若い肌が。

 ハゲを売り物にしているハゲ・元気。しかし動きは子供受け。ヒールになっても子供の声援が飛んでくるんだよ。凄いですねー。悪の元気は大人にも受けているよー。楽しそうだねー。KIDがクルクル回って腕を取る技をやろうと思ったらそれをクネスが逆にストレッチで極めちゃったよ。いやーん。

 そこへ望月成晃の登場だよー。マイクに期待しちゃうよー。

「第一試合から熱い試合しているじゃねーか。ホントは完全決着したいんじゃねーか」などなど今日のマイクは抑え気味だねー。

 元気が中心となってマイク大会だよ。モッチーが離脱後のM2Kのリーダーはまだ決まっていないんだよ。だからこれまでSUWAとマグナムTOKYOを誘っていたらしいんだけど、SUWAをリーダーにしたいのは享だけなんだよねー。後の元気と神田とクネスの3人はマグナムがいいってさー。

享「そんなにマグナムが良ければこっちに来ることなかったじゃねーか」でみんな納得しちゃったよー。でも享のマイクは今イチ盛り上がらないんだよ。まあ練習だからねー。

 マグナムがやってきて「おまえら馬鹿じゃねーの」とか何とかいってさっさと帰ってしまったよー。M2Kは次の後楽園までに新りーダーを連れて帰って来るってさー。

●第2試合は、TARU・ドンフジイ・CIMA対三島・アラケン・スペルシーサだよ。

 まずはC-MAXの登場でお客さんは爆笑だよ。笑っちゃうよー。爆笑だよー。笑っちゃうよー。爆笑だよー。藤井さんがミラノコレクションATから奪った透明犬を連れての入場で、リング上はC-MAXがモデルウォーキングだよー。爆笑だよー。笑っちゃうよー。爆笑だよー。笑っちゃうよー。

 SUWAが登場して、お笑いやオチャラケは勝手にやってろ、というスタンスで合流しちゃったよー。とにもかくにも最強クレイジーの再集結だよー。怖いですねー。恐ろしいですねー。強いですねー。最強ですねー。埼京線は痴漢が多いんですよー。美人で薄着のお姉さんが近くにいるだけで興奮してしまうよー。良い匂いなんだよー。うわあ、どーしよー、どーしよー、どーしよー。痴漢は犯罪ですよー。やめましょーねー。やめましょーねー。風俗行って一本抜いてから電車に乗りましょーねー。

 人は皆一人では生きていけないものだから、と歌ったのは中村雅俊だったかなー。闘龍門をクビにならないように頑張ってくれよー、SUWA。頑張ってくれよー。頑張ってくれよー。

 この試合は三島がガッツンガッツンガッツンガッツンガッツンガッツンやられまくるんだよー。ついでにCIMAのターゲットはスペルシーサだからイジメの構図だよー。社会問題だよー。イジメは良くないんだよー。だからプロレスで発散するんだよー。闘龍門は社会問題にも対応する、公序良俗に準じた団体なんだよー。

 CIMAは「ジャベジャベジャベジャベ」と言いながら三島をイジメてるよー。「ジャベがどうしたジャベがどうしたジャベがどうしたジャベがどうした」と言いながら三島をイジメてるよー。三島のやられている姿が女性ファンをつかんでいるよー。みんなマゾになっているのかなー。マゾマゾマゾマゾ。マゾがどうしたマゾがどうしたマゾがどうしたマゾがどうした。

 TARUドリラーから体固めで三島をピンだよー。試合後もSUWAが三島の股間にエルボーだよー。痛いよー痛いよー痛いよー痛いよー。

 CIMAはT2Pが嫌いでミラノが嫌いでT2Pが嫌いでミラノが嫌いでT2Pが嫌いでミラノが嫌いでT2Pが嫌いでミラノが嫌いで。つまりその。メキシコで闘うから宣伝したんだよー。三島はその最初の餌食なんだよー。いよいよ、ジャパンとT2Pの関係も色々いろいろ色々いろいろ錯綜していくみたいだねー。楽しみだねー楽しみだねー楽しみだねー。

●第3試合はなんとなんとストーカー市川とSUWAだよー。エルヌメロウノの開幕戦のカードとしては、最高なのか最低なのか最高なのか最低なのか最高なのか最低なのかよくわからないけど、闘龍門らしくていいよねー。いいよねー。いいよねー。

 例によって場外戦になってSUWAが大暴れだよー。怖いですねー。恐ろしいですねー。危ないですねー。でもマグナムが乱入してきてSUWAをやっつけちゃったんだよー。なんなんなんなんなんなんなんなんだ。とにもかくにも市川はシングル初勝利をSUWAのリングアウトで拾ったのでした。めでたしめでたしだよー。

●セミはアラケンと望月成晃だよー。クリーンに握手などして始まったよー。アラケンは膝を怪我しているからうまく動けないんだよー。残念だねー。残念だねー。モッチーは「おいどうした」といいながらイジメのキック連発だよー。怖いよー。恐ろしいよー。危ないよー。

 なんとかモッチーが頑張ってアラケンの見せ場を作っていたようだけど、流れとしては今イチだったねー。最後はファイヤーバードでアラケンの逆転勝ちだよー。仕方ないよねー。

 モッチー「どの団体を観ても優勝するヤツは、初戦は勝てません」だってさー。正しいから困っちゃうよねー。困っちゃうわー、デートに誘われてー。どおっしっよっおー。まだまだ若いかしら。ああ、どーしよー。どーしよー。

●メインだよー。マグナムTOKYOと横須賀享だから好試合を期待ですよー。期待ですよー。期待の試合ですよー。メインだからねー。期待ですよー。

 マグの入場シーンで、リング上でダンスを踊っていたのはなななななななななななななななななんと、堀口元気。素晴らしいですねー。ビックリしちゃいましたー。

 あまりビックリし過ぎちゃって椅子からぴょんと飛び上がり天井にどんとぶつかってバルコニーにぐいと引っかかりニャンと空中3回転で元の席に戻ったよー。って不思議だね不思議だね不思議だけどホントなんだよー、幽体離脱なんだよー。ホントはウソだよ。あれれ。ウソがホントなのかな。よくわかんないよー。

 望月改め横須賀享。今さら言うのもあれなんですが、若いのにしっかりとした技術なんだよー。職人芸だよー。でも今回は元気らセコンドが新リーダーにマグを迎えたいから、マグの応援をしているんだよー。ひどい話だよねーひどい話だよねー全くひどい話だよねー。享がイスをリングに投げ込むと、クネスがそれを片づけちゃうんだよー。ひどい話だよねーひどい話だよねー全くひどい話だよねー。

 足をじっくり攻めていく享の動きは昭和のプロレスを良い意味で21世紀に復活させているよねー。凄いよねー、上手いよねー、凄いよねー、上手いよねー。お客さんも孤立した享を応援し始めたよー。そうだねー。そうだよねー。闘龍門は公序良俗に準じた団体だからねー。独りで頑張る人はみんなで応援してあげないとねー。

 享のおかげでうまくかみ合った試合になったよー。最後はマグナムがバイアグラドライバーをやっと成功させてピンだよー。元気たちの思惑通り、マグに勝利を献上したってわけだよー。

 マグナムは、まだその気にならなくて「あいつらを完全無視して優勝しますんで、応援よろしくお願いします」だってさー。足を攻められていたマグは、当然足が痛いので、南側からリングを降りてスプレーで冷やしてもらっていたよー。みんなに見えるようにねー。基本だよねー基本だよねー基本だよねー基本だよねー。

 とにかくイリュージョンだよ全員集合だよー。どんな妄想をしてもプロレスだから許されるんだよねー。こんなに素敵な空間を会場で直に経験しないと損だよー、損だよー、損なんだよー。しかもこれから夏に向けて闘龍門の観客席には女性の若くてきれいな肌が若い足が若い腕が若いヘソが若いオシリが若い足が若い腕が若いヘソが若いオシリがムンムンだよー。ムンムンなんだよー。ムンムンムンムンなんだよーん。




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ