闘龍門観戦記。
■団体:闘龍門
■日時:2002年3月21日
■会場:後楽園ホール
■書き手:ほいほい@爆発(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

この安定した客入りっていうのはどういう事でしょう?(笑)
不況の波よどこ吹く風。
こと東京興行に関しては、毎回満員。この熱は留まる所を知らない。
プロレスファンとは異質な女性客を迎え入れる事が出来たっていうのが最大の強味なのかな。
あまり変わり映えがない(お客に)というのも、ちょいとちょいとですが。
現状よりもう1歩、闘龍門を世間に広めるには何が必要なのだろう?
プロレスマスコミ以外のメディア戦略は必要不可欠なんだろうけど…。
今年は現状維持の停滞の年なのかな。

今日はEL NUMERO UNO(闘龍門最強決定戦)の開幕戦という事で、珍しい入場式。
去年とメンバーはほとんど変わらないんだなぁ。マルビンが入って神田が抜けただけかぁ。
しかし、まぁうまくブロック分けをしてる。どれもこれも興味深いカードばかり。
どんな所でも、必ずおぉ、このカードをこんな所でやるのか!と思わされるポイントが出来ている。
このうまいバランスの取り方が、校長の処世術なんでしょうか。素敵に素晴らしい。



第1試合 ダークネス・ドラゴン&堀口元気vsドラゴン・キッド&リッキー・マルビン

見る度に良くなってる堀口。
今日は一段と光ってます。オデコが…。
ハイスポットが所々にうまく散りばめられているもののスピードは抑え気味。
これから始まるきついシリーズの為、抑えているのか、
それとも身体を酷使するスタイルからの脱却をはかっているのか。
少しばかり物足りなさを感じたのは確かかなぁ…。
キッドのクリストを途中でレッグロックに切り返したクネスの勝ち。
ギブアップを奪った技は、ユダと言うようだ。こんな細かい所までトンチが効いてて面白い(笑)

○クネス(13分34秒 ユダ)×キッド

ここでもっち〜の登場。MCの始まり。
お前らも熱い試合が出来るじゃねぇ〜か。とまた組むよう促すもそれは拒否するM2K残党。
新リーダーにSUWAを推すススムとマグナムを推す堀口。
ススムがSUWAを推す理由「怖いから良いと思う。」
堀口がマグナムを推す理由「マグナムには正規軍時代に良くしてもらったから。」
とそれぞれが新リーダーの応援演説をするような形になり決を取る。
「SUWAがリーダーになったら、オレ達パシリにさせられるぞ。」という元気の一言により、
クネス、神田も堀口側につく。
「M2K新リーダーは、マグナムTOKYOに決定!」と堀口が嘯くとマグナム登場。

「バッカじゃねぇ〜の。前にも言った通り、オレは踊れないやつに興味はないの」
とこれを一蹴し、寒い状態に陥れた所でMC終了。
マグナムは何でリング上ではこうも寒いんだろう…。



第2試合 CIMA&ドン・フジイ&TARUvs斉藤了&スペル・シーサー&三島来夢

3月のT2P興行でミラコレから奪った透明犬を引き連れ、キャットウォークで入場するドン・フジイ。
こういうお笑いを恥ずかしげもなく出来るのは強味だよなぁ。
ここで先日C-MAXに戻ってきたSUWAを呼び込む。
「フジイが斉藤了とちゃらちゃらするのもいいよ。TARUさんがストーカーとお笑いやるのもいい。
CIMAがおちゃらけるのもいい…っておちゃらけばっかりじゃねぇか。」
とSUWAもちょっとお笑いがやりたいよう(笑)だが、これ以上ないほどに静まった場内。
キャラに反する事は、あんまりしてはいけませんなぁ。

どうしても譲れない事がある、とSUWA。
「オーバーオールだけは絶対に着ない。」
って、昔まっちろなオーバーオール着てたやん…あなた。
と突っ込みたくなるが、ここはC-MAX一応の大団円を見せる。
う〜ん、こうせざるを得なかったのか?これから先にお楽しみがあるのか?

試合はやはりどこか抑え気味。
他の団体の顔見せ的な6人タッグとは比べ物にならないほど、素晴らしい出来ではあるが、
物足りなさを感じざるを得ない。
こんな時、ファンって残酷なものなんだなと思う。
ちょっと不断と違う事をしただけで、批判的になってしまう。これではいかんなぁ。
愛情を持って団体の思考錯誤を受け入れる包容力を持たねば。

○TARU(21分54秒 片エビ固め※TARUドリラー)×三島



第3試合 SUWAvsストーカー市川

さかな、さなか、さかなぁ〜♪とお馴染みになったお魚天国で入場のストーカー。
マンネリを打破しようとしている(のか?)姿は、感動すら覚える。
試合は、やはりSUWAが一方的に攻め痛めつける展開に。
場外でストーカーを甚振っているとマグナムが乱入しSUWAをボコボコに。
そしてリング内にストーカーを戻し、SUWAにストーカーにリングアウト負けという屈辱を浴びせる。
「この前の川崎でダンサーをやってくれた仕返しだよ!」
マグナムのルードターンの前兆に見えてしまったのはソレガシだけではないはず。

○ストーカー(2分54秒 リングアウト勝ち)×SUWA



第4試合 望月成晃vs新井健一郎

良い人もっちーの握手に応じた新健、クリーンファイトが展開される。
が、新健、ヒザが悪いらしく動きに精彩を欠く。
もっちーがうまく蹴りを多用しながら試合を引っ張るも、
やはり動けない選手を引っ張るのは至難の業。
うまく流れを作れないまま、新健がファイヤーバードでもっちーをピン。
怪我だけはホントどうにもならないなぁ。
もっちー「全勝優勝は消えちゃいましたが…優勝する奴は初戦は勝っちゃいけない。」
と妙に納得させられるマイク。
このしゃべりの上手さは、リンピオには似つかわしい(笑)

○新健(11分46秒 体固め※ファイアーバードスプラッシュ)×望成



第5試合 マグナムTOKYOvs横須賀享

ススムの試合にそうそう外れはない。そのぐらいの領域まで来ている。
名勝負製造機との形容は安易でしかないが、それ以外言葉が見つからない。

マグナムの入場に沸きかえる場内。だが、所々に失笑がもれている。
はて?なんだろう?と思っていたら、リング上で踊っているダンサーの一人は何と堀口元気。
あまりの違和感のなさにビックリ。そしてリングに上がったマグナムもビックリ(笑)
堀口「ダンスが踊れれば、M2Kのリーダーになってくれるって言いましたよね?」
マグナム「なるわけないだろ〜。」
堀口「嘘つき!ダンス教室に通う為に払った35000円返せ!でも、リーダーになってくれたら、
エル・ヌメロ優勝出来るようにバックアップしますよ。ススム、今日は負けてくれ」

と、一人孤立してしまったススム。
試合が始まると、M2Kの面々はススムではなく、マグナムをサポートする。
ススム得意の足殺しや反則攻撃を巧みに邪魔。
持ち出したイスを淡々を片付けるクネスに唖然呆然の大笑い。
終いには、ススムに串刺し攻撃。いやぁ、面白い、面白い。
四面楚歌状態になりながらもうまく流れを作るススム。
最後はマグナムのバイアグラドライバーの前にピンフォール負け。
ゆっくりとした試合展開が生み出した妙味かな。

○マグナム(19分19秒 片エビ固め※バイアグラドライバー)×享

マグナム「お前らの努力は認めるよ。でも、ススムはオレをバカにしたような踊りを見せるし、
神田はどうかわからない、特にクネス。踊れない、喋れない、やる気ない。と三拍子揃ってる。
そんなやつらとは組めないよ。堀口、今日オレのバックダンサーとして踊れた事を青春の1ページに刻んでくれ」
と、まぁしまらないしめにより本日の試合はすべて終了。
マグナムにしめをやらせちゃいけませんな(笑)


リーグ戦という目玉があるにも関わらず、他所に見所を作ってくれる闘龍門。
やっぱり応援したくなっちゃうよなぁ、ここまで頑張ってると。
百聞は一見にしかず。見た事ない人、一回見に行ってみましょう。
と言ってみたものの、後楽園ホールだとすぐチケットが売り切れてしまう。
良い傾向だけど、やっぱりリピーター以外にも見てもらうには、大箱で勝負するしかないかなぁ。




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ