Happy☆Happy
■団体:Jd’
■日時:2002年3月17日
■会場:大阪NGKスタジオ
■書き手:冗談の突きを喰らう猪豚(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)
2002年3月17日(日)Jd' 大阪/なんばグランド花月NGKスタジオ
『PROJECT;NGK』

久々のプロレス観戦、久々のJd'なので間違い等ありましたらゴメンナサイ。
なかなかの入り(サクラも皆無)。
今回はBSが入ってないので実況席、カメラなどがないので結構広く感じたがそれでもほぼ埋まった。
きっとラスカチョとの対戦と言う実現不可能の公約に解散を掛けてしまったウォンテッ党の最後を見届けようと支持者が集ったのだろう。
(ホントは最後の大阪出場になるアストレス1期生目当ての人たちかも)
売店も盛況で私は半年ぐらい前に行った時は若手が会場をまわっていたが今回はそれも必要ナシ。
WANTED?!のTシャツ(¥3800)を買うとウォンテッ党のポスターとステッカーがつくとアナウンス…ホスイ…銀行行っときゃよかった…ウトウ
女子学生無料の割には男が多い。
きっと隣で吉本の若手がライブやってたのでそっちに流れたかな(関係ないか)。

まずはアストレスの歌のコーナー。
「NGKでは2回目だから、みんな振りはOKかなぁ?」
シーン
「ぁれぇ?」
2回じゃ無理ですって(W
♪ハッピー、ハッピー、いつでもハッピー、ハッピィ!
ス…スゲェ…(W
私の座ってたところからはケツしか見えなかったけど、たまに振り向かれた時の気恥ずかしさと言ったら…
…コレはおすすめです(W
一緒に歌ったカップリング曲もなかなか。
みなさん買いましょう(¥1500)、アストレスのイメージビデオ、DVDも新発売!
歌ってたのは今回、試合に出た4人だけだったけど全員いる時は全員で歌うのかな?
3/22後楽園でのアストレス6人タッグをアピール。
アストレスってのはアクション女優志望の子が2年間プロレスに挑戦する企画で22日にその1期生が卒業する。
そのラストマッチは1期生と2期生の対決になったのですが今までありそでなかったそうです。
歌のコーナーには2期生の東城もでるってオフィシャルにあったけど来てたのかな?

第1試合
アストレスシングルマッチ 15分1本勝負
古田圭子(アストレス1期生) vs 桜花由美(アストレス2期生)
歌いながら登場の桜ちゃん(W
しかもここNGKスタジオは長い階段があって桜花はそれを降りてきたのだけど、この絵が素晴らしい。
自称松浦亜弥らしい(W
アストレスの2期生はキャラが確立されてるとは聞いていましたが、ここまでとは…他の連中も見たい。
その桜花、試合開始からちっちゃい古田をイジメる。
アイドルなのにイジメっ子なのね(W
古田がダイビングボディープレスを失敗したところを桜花が攻め、2度目のダイビングボディープレスで決める(7分02秒)。

第2試合
シングルマッチ 20分1本勝負
MARU(Jr王者、スーパーテラーズ) vs X(当日発表)
当日発表のXはザ・ブラディー。
ちょっと情報追ってる人ならXがブラディーであることは鉄板なのはすぐにわかったでしょう。
でも登場する前、正規軍、トリプルスレット等、選手全員が集まり出していて、見ている方も期待感が高まった。
22日、対戦するファングも本部席に陣取る。
いちおう、同じスーパーテラーズなので握手で開始、ってMARU、噛みついてるよ(W
噛みつきを中心に展開するMARU。
これはもしかして噛みつき無間地獄ってヤツですか。
でもブラディーも噛みつき返すんで意味ないか。
噂のスピアー無間地獄ってのを見たかったのですが今回は適材適所(ストレッチマフラーも)。
マル「このバカヤロー!」
ブラ「(怒)バカって言った?」
マル「(汗)…い、言ってない!」
素晴らしい!
ストレッチマフラーで追い込んだり、ブラディーEX、セントーン、ロコモーションジャーマン等なんとか返したものの、
最後はドラゴンスープレックスホールドに沈んだ(9分45秒)。

第3試合
アストレス&プロレスラー混合 ミックスドタッグマッチ 30分1本勝負
坂井澄江(タッグ王者)、賀川照子(アストレス1期生) vs KAZUKI(WANTED?!、スーパーテラーズ)、柏田千秋(アストレス1期生)
KAZUKIがイジメられっ子キャラの賀川をイジメる。
スミエ「アストレスなんだから変な事しちゃダメ!」
レフリ「傷つけんな!」
オイオイ。
カズキ「でもコイツ、元サテライト(?)だろ?」
サテライトって何?
最後はKAZUKIのペール缶攻撃を受けた賀川が柏田に丸め込まれる(13分49秒)。
それにしても柏田のコスチュームは(・∀・)イイ!!
簡単に言うとKAORUとケインとブロディーを足して割った感じ。
試合でも自分の大きさを十分、活かしていた。
賀川を助け起こそうとすると賀川はダダっ子パンチ…(;´Д`)ハァハァ

そして古田もリングに上がりマイク。
まず柏田がマイクを取るも声が出ず。
賀川「千秋ちゃん、泣いちゃってるぅ」
柏田「2年間、みなさんの応援で頑張れました」
賀川「千秋ちゃんのお父さん、お母さん、千秋ちゃんはこんなに乱暴になっちゃいましたっ!」
古田「22日は唯一勝てた桜ちゃんに勝ちたい」(桜花「負けないよ!」)

休憩

第4試合
正規軍 vs トリプルスレット タッグマッチ 30分1本勝負
亜利弥’、おばっち飯塚 vs (トリプルスレット)武藤裕代、救世忍者乱丸
結局、私はサイバーは見れなかったがエプロンに名残りが。
結構、新ネタが増えてて、大根ロープ渡りは乱丸の素顔写真バージョン(封筒に入ってて中身はモーニング娘。のなっちの下敷)だったり、
ストッキング攻撃はガーターストッキングで(でも決めてるのは乱丸に)だったり。
古いネタはほとんどなくて半年の年月を感じる。
ネタが尽きると今度は亜利弥’がやられ役。
マジメな展開になると22日、タッグ王者に挑戦するトリプルスレット組は負ける訳にはいかない。
誤爆でおばっちが場外に落ちてるうちにトリプルスレットの連係から武藤の袈裟切りチョップが亜利弥’に決まる(13分08秒)。

第5試合
Jd'正規軍 vs ST'S vs トリプルスレット3軍対抗3WAYバトル 30分1本勝負
藪下めぐみ(タッグ王者) vs 阿部幸江(WANTED?!、スーパーテラーズ) vs ファング鈴木(チャンピオン、トリプルスレット)
3way特有の複雑なスポット満載。
開始早々、場外戦になるが椅子が粉砕され乱れ飛ぶ(薮下がキレて投げまくった)、凄い内容。
そう言えば場外戦らしい場外戦はこれがはじめて(賀川が飛んだぐらい)、興行全体が考えられている証拠。
あ、椅子と言ってもNGK特有のウレタン製のものなので殴られたら痛いだろうけど安全性は大丈夫ですよ。
阿部が肘を押さえてコーナーにいるのが目立った。
最後は阿部がファングに振られた勢いを利して薮下をコルバタで場外に落とし、
ファングにもと狙ったところをボムで落とされて決着(14分29秒)。
22日のブラディー戦に弾みをつけた。
凶器を使う選手は1キャラ、1凶器みたい(リング上ではスーパーテラーズしか使わないし)。
こういうところが素晴らしい。
全体を通してもそれぞれのキャラが立っていてダレるところもなかった。

ああ、面白かった、さ、帰ろかなと思っているとファングが22日に王座に挑戦するブラディーを呼びつける。
ブラ「私が22日、勝ってJd'を変える」
変えなくてぃぃょぅ。
変えるのは新人が辞めちゃわないようにってところだけでお願いします。
後、乱丸とかがタッグ選手権の煽りをしたり。
3/22後楽園の煽りが多かったけど、アストレスの追っかけも多そうやったし、それもいいかな。
今年のベスト興行!




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ