3/15修斗後楽園大会観戦記
■団体:修斗
■日時:2002年3月15日
■会場:後楽園ホール
■書き手:うしをたおせ(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)
もうみなさんご存じの通り大問題となったこの大会。
冷静に見てましたけど、振り返ってみると怒りすら覚えることが多かったです。
判定基準、ブレイクのタイミング等多くの問題が様々なサイトでコメントされていますが、
あとでまとめてコメントしたいと思います。

コルドッソ問題があったにせよ、寂しすぎる客の入り。5割から6割?

全選手入場してボウが選手を代表して挨拶。
「コルドッソみたいな外人は最低!」「僕がコルドッソに注意しておくよ」
「僕の心は日本人と一緒。応援して下さい」といった感じ。
最後に「選手はみんな頑張る」みたいなことをいったが、今となっては皮肉に・・・。

コルドッソのドタキャンの詳細を発表し、酒井さんがリング上からあらためてお詫び。
不可抗力だからホントしょうがないと思う。でもそろそろ勘弁してほしい。
試合が流れたKIDが「5月に試合出来そうです。誰か俺とやって下さい」とコメント。


第1試合 02年度新人王トーナメント フェザー級1回戦 5分2R
×小塚誠司(日本/PUREBRED大宮)
○横山宜行(日本/総合格闘技STF)
判定0-3 (18-20,19-20,18-20)

小塚選手、はやりのモヒカン気味髪型。

1R
小塚右パンチ当たる。横山タックルそしてヒザ入れる。小塚パンチ振るうも大振り。横山はパンチを
くぐって脇差す。たまらず小塚は引き込みガード。小塚は下から積極的に腕関節、ギロチン狙い。
横山もギロチンを凌いだあとは積極的にパス狙いつつパンチ落とす。横山中からのパスが駄目だと見るや
激しくかつぐ。小塚は三角狙い。横山最後インサイドからパンチ。

2R
横山パンチからタックルで突っ込んでテイクダウン。上からパンチ落としつつパス狙い。小塚は下から鉄槌
連打。小塚は終盤、強引に腕十字仕掛けるも難なく腕抜かれる。横山最後まで細かいパンチ出す。

見事テイクダウンを奪い、上から積極的に攻めた横山選手が判定勝ち。やっぱバランスいいですね。
小塚選手、期待していただけに残念。下から積極的に仕掛けたが全て凌がれた。


第2試合 02年度新人王トーナメント バンタム級1回戦 5分2R
○端 智弘(日本/PUREBRED大宮)
×塙 真一(日本/和術慧舟會)
判定2-0 (20-20,20-18,20-18)

1R
塙、さすが打撃系シューターの噂通り。プレッシャーかけて前に出る。端は時には背中を見せて逃げる。
端はハイを見せるも塙はしっかりガード。端、組み付いて両差しになる。コーナーでずっと膠着。
塙はコーナーでもたれかかり、凌ぐ。端がなんとか倒しそうになった瞬間ゴング。

2R
中間距離から塙はロー、パンチパンチと細かい打撃を当てる。長いコーナーで膠着のあと、終盤なんとか
端がテイクダウン。塙はスイープ狙いも不発。塙は下からパンチ。端は上からパンチ。

端選手判定勝ち。2Rのテイクダウンを評価されてだろう。正直最近の修斗の判定基準はおかしいが、
この判定自体は最近の判定傾向としてやや納得。しかしどうして20:18が二人も!!
1Rの端選手のどこをを評価して?テイクダウンしかけたから?テイクダウンを狙い続けたから?
まさかコーナーに押し込んでいたから??
もちろん塙選手が与えた打撃のプレッシャーや、やや当たっていた細かい打撃が判定で評価されていないのは
言うまでもない。ダメージを考えた印象で見ればドローが妥当では?

また、ひたすらコーナーでの立ち膠着が異常に長かった。これがこの大会の悪夢の始まり。
両選手にはそれを打開する力がなかったし、それを見極めてブレイクする考えは鈴木レフリーには
なかった模様。


第3試合 ライト級 5分2R
○石川 真(日本/PUREBRED大宮)
×南部陽平(日本/シューティングジム横浜)
判定2-0 (20-19,20-20,20-19)

石川選手、でかい。まるでウェルターの選手を見ているよう。ホントでかい。そして筋骨隆々。
南部選手、相変わらずロングスパッツ。横浜チックで素敵。

1R
南部パンチ、ヒザ。石川は大振りのパンチ。そしてそのままタックルでテイクダウン。南部はガード。
石川ずっと頭を下げて抑え込む。かなり安全策。たまにパンチ。南部は以前村濱戦でも見せた、大きく腰を
ずらしての、スイープ、腕十字狙いを繰り返すが、石川ガッチリ腕を締め、足を踏ん張りガード。
南部は三角狙いも。

2R
南部大きなハイ空振り。石川すぐ背後から組み付きテイクダウンし、バックマウント狙い。南部は落として
石川下になるも、石川すぐタックルで立ち上がる。そして逆にテイクダウン。石川は上でガッチリ抑え込んで
たまーにパンチ。南部は下から固まっている石川にパンチを当て、三角狙いも。南部タックルで立つ。
石川はバック取るも、南部は桜庭アームロックを仕掛け、捨て身の投げ。見事石川を崩し、石川はコーナーで
下に。南部はコーナーに押し込んで中腰からパンチラッシュ。さほど当たっていなかったが。

テイクダウンとって、上から攻めた石川選手が判定勝ち・・・。判定基準に関してはあとで。
石川選手素晴らしいパワーだったが、上取ってもパンチは少ないし、得意のバスターも出ず。
南部選手またも下になり敗れたが、その様々な積極的な仕掛けは素晴らしかった。さすが伝統の横浜。
現在の修斗の判定基準で戦うのはもったいないぐらいだ。


第4試合 ライトヘビー級 5分2R
○山下志功(日本/パレストラSAPPORO)
×北川 純(日本/直心会格闘技道場)
判定2-0 (20-19,20-20,20-19)

相変わらず、山下フリークから野太い声で魔人に声援が飛びまくる。

1R
山下タックル。コーナーに押し込む。北川は差されても小手投げ形で山下の腕を抱え込み、空いた手で
細かいパンチを入れる。山下は何度も足かけてテイクダウン狙うも、北川も体格を生かし、そして
ロープに体重を預け倒れない。コーナーで投げ打ち合うも、ロープがあることも影響しお互い倒れず。
山下片足タックルに切り換えるも、やはり北川倒れず。
結局観客が一番恐れていたコ−ナーでの立ち膠着に。

2R
山下片足タックルでテイクダウン!がしかし北川上体を起こし粘って立ち上がる!山下その際バック狙うも
北川振り落とし、逆に山下をテイクダウンしそうに。山下なんとかロープ際で踏ん張り、結局コーナーでの
立ち膠着に。山下またも片足タックルに切り換えてテイクダウン狙うも北川倒れず。
結局お互いの脇を差しながら放つ細かいパンチと、ヒザが出ただけ。

2Rの一瞬のテイクダウンを評価したんでしょうか?それとのテイクダウンに行く姿勢でしょうか?
この試合もそんなわけで魔人が判定勝利。ドローでいいでしょ。

北川選手、格上に善戦したのは評価できるけど、やはり消極的すぎ。守りすぎ。
しかも2Rゴング後ガッツポーズはないでしょ。

魔人と試合後偶然話したが、やはりかなりの落ち込み方。格下相手に僅差の判定。しかもあの内容では。


セミファイナル ライト級 5分3R
△阿部裕幸(日本/AACC(Abe Ani Combat Club)/4位)
△バレット・ヨシダ(アメリカ/グラップリング・アンリミテッド/5位)
判定1-1 (28-28,28-27,27-28)
※1R右フックで阿部にダウン1あり
※3Rグラウンド状態の相手の頭部への蹴りでバレットに減点1あり

阿部兄おしゃれな道着着て入場。相変わらずの友人の多さでコール時には紙テープが飛びまくる。

1R
阿部最近自身のパンチで攻め込むが、逆に見事バレットの右ストレートが強烈にヒット!
阿部完全にダウン。朦朧としながらバレットにタックルする。再開後もすぐ組み付き、コーナーに詰めて
回復を待つ。離れてまたパンチ打ち合い。バレットがタックルするも阿部は切る。そして阿部は
両差しになってもテイクダウンを狙わずに自分のコーナーに詰めていく。どうやら危険な寝技には
行きたくない模様。そしてここでも立ち膠着が・・・。

2R
阿部パンチで押す。バレットタックル。阿部切る。バレット下に。アリ・猪木状態へ。阿部ロー蹴りまくる。
バレット立つ。阿部また差してコーナーに詰める。立ち膠着へ。業を煮やしたバレットギロチンへ。
2回狙うも結局頭抜けバレット下に。阿部はインサイドからパンチ連打。コーナーに詰めてパンチ。
バレットは下から三角狙い。

3R
バレットのパンチ当たる。阿部またもコーナーに詰める。阿部離れてパンチ打ち合うもまたもバレット優勢。
いくつかクリーンヒットし、阿部が崩れつつもタックルで上に。阿部は上からパンチ。バレットも下から
蹴って応戦も、座っている阿部も蹴ってしまいバレット減点1。

評価が分かれた判定。例によってテイクダウンを評価するなら阿部兄勝利も分からないでもないが、
バレットの3Rのスタンド打撃を全く評価していないということ。
まあ判定が分かれやすい試合であったことは確か。

阿部兄ちょっと期待してたけど、あまりに戦略的な戦い方。判定でポイント取って勝とうとしていると
思われてもしょうがない戦いぶり。でも本人にとって一番問題なのは、自分の得意分野になりつつあった
スタンド打撃の攻防で、寝業師バレットに返り討ちにあったことだろう。

バレットは見事なスタンド打撃の成長を見せた。減点がなければ久々勝利だったのに。
下からの仕掛けは相変わらずバレットとはいえ極められないなー。なんかフェザーに落とすとか。
もし本当なら期待ですね。


メインイベント ウェルター級 5分3R
×マーシオ・クロマド(ブラジル/スポート・フィジカル/2位)
○雷暗 暴(アメリカ/無所属/4位)
判定3-0 (29-30,28-30,28-30)

ライアン今日の髪の毛は「BADBOY」に染め抜いてた。

1R
クロマドジャブからタックルで両差し。クロマドコーナーに詰める。一瞬腕を回しギロチン狙いも
すぐあきらめる。ライアン足かけるもクロマド倒れず。両者ヒザの打ち合い。結局長い立ち膠着に・・・。

2R
パンチ打ち合い。クロマドなぜか一瞬倒れるも、すぐ立ち上がりコーナーに詰まり、またも長い立ち膠着。
残り5秒でライアンがテイクダウンし、ハーフを取ってゴング。

3R
クロマドジャブ当てる。また組み合い、当然のようにコーナーで膠着。ライアンのヒザが金的に。
再開後、またコーナーで膠着。終盤ライアンがテイクダウンというか、クロマドが引き込んだ?
ライアン激しく上からパンチ連打。

ライアンのテイクダウンが評価されてライアン判定勝ち。ライアンランキング上位に勝ってかなり
喜んでいたらしいけど、内容は・・・。
クロマドもつまらない試合をしてしまった。得意の打撃とギロチンが出せないと、あとはガードで膠着
するだけっていう不得意分野を突かれた感じ。うーん、一発はあるんだけどなー。商品価値落ちたかな。


とにかくひどい大会でした。ただでさえ、最近の修斗はカードの弱さ、試合のつまらなさ。客の少なさが
言われていたのに、今回の客の心の冷え方と言ったらハンパじゃなかったです。
僕も一人で見に来るならともかく、友人はとても連れてこれないですね。

メインのとき僕の席の後方に、パスをつけた某プロ選手の知人が陣取って野次りはじめました。
「なにがおもしろいんだ?1円も金払う気にならない」
「ここの観客も、パンチで沸くならボクシング見に行けばいいじゃねえか」
「こんなつまらない試合を好きで見てる観客は頭おかしいんじゃねえか」
ここまで酷いこと言われて、かなりむかつきましたが、今日は否定できないですよね。
某プロ選手は言ってました「下になったら、俺みたいに負けにされるからああなるんすよ(立ち膠着)」


方々で意見が出てますが、改めて問題点の「判定基準」と「ブレイク」についてコメントを。
今回はコルドッソがドタキャンしましたが、そんなのどうでもいいと思うぐらい「判定基準」と
「ブレイク」が気になったので。

☆判定基準

まずは念のためコミッションのHPからプロ修斗ルールを抜粋

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
第22章 採点
第54条【採点】
採点は各ラウンド毎、双方の選手の持ち点を10点として減点する。減点するポイント数は次の通りとする。
10対10 互角の場合(双方の選手の攻防が同等)
10対 9  若干の差が認められた場合(有効な打撃、またはキャッチ)
10対 8  明らかな差が認められた場合(ノック・ダウン、またはこれに近い状態、或いは限りなく一本に近いキャ
     ッチ)
10対 7  圧倒的な差が認められた場合(KO、或いはTKO寸前)
10対 6  明らかな差が数度認められた場合
第55条【採点基準】
採点は次の順に評価される。
(1)クリーン・エフェクティヴ・オフェンス(的確で有効な攻撃):ダメージを与えた攻撃。
(2)アグレッシヴネス(積極性):ダメージは与えられないものの積極的で有効な攻撃。
(3)リング・ジェネラルシップ(ペース支配): 対戦者の攻撃を無効にするような巧みな試合運び。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

結論から言うと、とにかくダメージ重視にしてほしい。それに尽きます。
現在はテイクダウンしたら勝ち、っていうか上に乗ってたら勝ち。確実にポイントがつく。
上乗ってコツコツ殴れば効いてなくても確実にポイントが入る。最近じゃほとんどパンチ出さずに
上から抑え込んでるだけでポイントがいる。下になったら、そんなに効きはしないだろうけど、
かなり鋭いパンチを返しても、ほとんど評価されない。評価するのは鈴木さんぐらい?下から蹴り上げても
なかなか評価されない。横浜ガードのように下から相手をコントロールする技術が全く評価されない。
今回の南部選手のように固まっている相手にどんどん技を仕掛けても積極性としては全く評価されない。
いまは下になったら、固まっている相手を完全に極めるか、スイープするか、もしくは立ち上がるしか
評価される方法はない。これってどう考えたっておかしいでしょ。

そもそも上取ったら有利っていうのもここ数年の傾向。それが修斗では最近異常に評価される。
VTとアクセスし始めた頃なんかは「マウントポジションの次にガードポジションは有利な体勢」って
言われてて、エンセンがガードポジションのままジノビエフにタコ殴りにされて佐山さんも含めみんな
びっくりしてたぐらい。そしてUFCのマークコールマン等のレスラーがテイクダウンして柔術的な
ポジション関係なく殴りまくってダメージ与えたから上を評価するようになったんでしょ。
実際修斗でもそういう試合が増えて、上取ることの大事さが口酸っぱく言われるようになった。

アマ修斗のルールも、引き込んだ下の選手が、打撃を喰らう危険無しに、仕掛けまくるのは実戦的でない。
プロルールとの差がある。ってことで、上取っただけでポイントが入るようにしたはず。

で、ここで問題なのは上取ったあと。殴ったり、パスのチャンスが生まれるから上が有利なんでしょ。
ダメージの残るようなテイクダウンしたのならともかく、殴ったりしなければたいして優勢でもない。
五味選手なんかそう意味では素晴らしい。強烈なダメージを与えるパンチを繰り出してくれる。
でも、上取っても攻めない選手はポイントで評価しちゃ駄目でしょ。小さなパンチでも上から抑えて
当ててれば、当然評価すべきだけど、抑え込んでいるだけの選手は絶対評価すべきでない。
上から抑え込んでいる行為が百歩譲って上記ルールの「リング・ジェネラルシップ(ペース支配):
対戦者の攻撃を無効にするような巧みな試合運び」に当たるとしても、10:9にはつけて欲しくない。
10:10でいいと思う。それをいうなら、スタンドでプレッシャーを掛け、ジャブを当てて打撃で
攻勢に出た選手は多いが、それは「リング・ジェネラルシップ」としてほとんど評価されないのはなぜ?
相当なクリーンヒットをしてなんとか評価されるか?って感じ。

とにかくテイクダウン重視はほどほどに。スタンド、グラウンド関係なく。上、下関係なく、
ダメージ重視で評価して欲しい。


☆ブレイク

またまたコミッションのHPからプロ修斗ルールを抜粋

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

第26章 ブレイク
第59条【ブレイク】
攻防が膠着し明らかな進展がないとレフェリーが判断した場合、或いはドント・ムーブの際に故意、または偶然に関わらず動作を止めた体勢を維持
出来ない場合、及び出来なった場合、レフェリーにより双方の選手にブレイクが命じられる。ブレイクを命じられた双方の選手は直ちに攻防を止
め、分かれなければならない。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

鈴木レフリーは最近ブレイクかけてないんでブレイク忘れてしまったんですかね。
もちろん、プライドやKOKみたいに観客重視で選手無視のブレイクはしなくていいです。
また確かに、グラウンドではブレイクかけずらいですよね。じっくり上から攻めたい選手は多いでしょう
から。でも今回の大会の立ち膠着のほとんどは正に「攻防が膠着し明らかな進展がない」状態が何度も
あったでしょう。それをブレイクしないんだったら、なにをブレイクするの?
グラウンドだって、上が固まっていて、下からも仕掛ける気がないような場合はブレイクすべき。

そりゃ、スタンド打撃が苦手な選手や、スタミナのない選手はこういうブレイク嫌かもしれないけど、
それも出来てプロとして評価されるんでしょ。とにかくあんまこういう表現は陳腐で使いたくないけど、
お金を払っている観客に失礼。人に見せる攻防でない。

simauoさんも言ってたけど、下になったら確実にポイント取られる。絶対下になりたくない。
だから立ち膠着が増えるんでしょう。いったんポイントを取られたら、2、3R制の修斗ではポイントを
取り返すのは大変。だからディフェンシブに戦うんでしょう。

プローモーターの人や観客からも選手のプロ意識の低さを嘆く声を良く聞きます。
でも選手が負けたくないのは当たり前。やっぱり至急改善が必要なのは「判定基準」と
「ブレイクのタイミング」この2点でしょう。

おおげさな話でなくて最近の修斗への評価は酷いです。
非常に感じるのは、修斗を何年も毎回のように見続けているファンから、かなり批判的な発言を聞くこと。
多くの修斗系掲示板でもファンが落胆しまくってますね。
プロ選手も、「なにも評価基準に戦っていいか分からなくなる」
「みんなウェイトだけやってレスリングで抑え込む戦いになってしまう」って言っています。
最近の修斗の人気を見ると当分後楽園は埋まらないんじゃないかとも思いますね。

「観客の数よりも競技人口を」って発言はいいと思います。
でも、後楽園も埋められず、6割埋めてもみんなつまらなさに呆然として帰宅していく。こんな状態は
なんとかしてほしい。下北しか埋まらないなんて寂しすぎる。だって下北は選手友人と関係者だけだから。
アマ選手だって、こんな後楽園みたらプロ目指す気なくすでしょうね。
最近のプロ修斗の元気の無さを見ると、日本総合格闘技の受け皿は修斗だけど、みんなが見ているのは
プライド、パンクラスなんじゃないかってホントに思います。

もちろん3/13下北大会はみんなアグレッシブで良かった。修斗には素晴らしすぎる選手が
たくさんいるのも、もちろん分かっている。
でも、上記で述べた「判定基準」「ブレイクのタイミング」は大至急改善を求めます。
3/31名古屋大会からはこういうことがないように期待したいです。




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ