速報観戦記
■団体:修斗
■日時:2002年3月15日
■会場:後楽園ホール
■書き手:品川(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

3/15 修斗 後楽園ホール大会速報 18:00 Start
第1試合 02年新人王トーナメントフェザー級1回戦5分2R
×小塚誠司
(日本/PUREBRED大宮)
vs
横山宜行
(日本/総合格闘技STF)

(3R分判定3−0)
寝技研究会仕込みの小塚テイクダウンされてから
下からの攻めが積極的で買えるが 修斗の今の判定基準では・・・
攻め手としての見栄えが横山選手のほうが上だったというべきか
第2試合 02年新人王トーナメントバンダム級1回戦5分2R
端智弘
(日本/PUREBRED大宮)
vs
塙真一×
(日本/和術慧舟會千葉支部)

(3R判定2−0)
刺しあいのみ 退屈
テイクダウン一回で 端の勝ち
ニンともカンとも・・・・
第3試合 ライト級5分2R
石川真
(日本/PUREBRED大宮)
vs
南部陽平×
(日本/シューティングジム横浜)

(3R 判定2−0)
体つきは 石川圧勝
テイクダウンはしたものの石川それ以外に何もなし
南部は逆に下からの攻めがこんなに出来るのかと びっくり高評価
2R通して 上になった石川の勝利らしいが 下からの攻め評価しないのか??
判定の見直しを・・・・
俗に言う「大宮判定」ですね 主催だし
第4試合 ライトヘビー級5分2R
山下志功
(日本/パレストラSAPPORO)
vs
北川純×
(日本/直心会格闘技道場)

(3R 判定2−0)
 郷野はパンクラス行ってよかったね
 刺したままで 2Rは客はよく我慢した
お客さんの我慢勝ち
セミファイナル ライト級5分3R
阿部裕幸
(日本/AACC)
vs
バレット・ヨシダ
(アメリカ/グラップリング・アンリミテッド)

(3R 判定1−1 1Rパンチでバレットダウン取る 3Rバレット反則減点)
いくら勝ちたいって言っても それはないんじゃないか 阿部
・・・というより バレットの攻め手を完封したのを評価すべきなのか?
いずれにせよ 1Rのダウンを歳の功でじわじわ 戻した阿部を
評価しましょう
メインイベント ウェルター級5分3R
×マーシオ・クロマド
(ブラジル/RFT)
vs
雷暗暴
(アメリカ/無所属)

(3R 判定3−0)
クロマドの打撃はすごい
ライアンは打ち合いを嫌って 組み付いて テイクダウン
取るのみのシンプルな作戦
しかし スタンド膠着はブレイクしなきゃ 興行じゃない
3R引き込んだクロマドをインサイドからパンチした(当たってない)
ライアンの勝ち
総括
修斗関係者すらあきれるような 興行だったんでは?
客入りも 6割前後で KIDがいかに集客力(友人関係)あるかを証明(笑)
退屈この上なし 選手よりもレフェリングを見直すいい時期じゃないか
スタンド膠着させない やり方をするべきでは?
とにかくつまらなかった
アマチュアの試合見に来てるんじゃないんだよ
アマの点数基準と、プロははっきり分けないと いけない時期に来ているのでは??
もしくは 選手に「プロとは勝ち負けだけじゃない+αを観客に見せたものを評価する」と宣言するとか・・・
勝敗至上主義が表面化したような気がします
今大会の画像及び選手コメントは こちら! 
report by 品川



本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ