速報観戦記
■団体:修斗
■日時:2002年3月13日
■会場:北沢タウンホール
■書き手:品川(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

3/13 修斗 北沢タウンホール大会速報 
第一試合 ミドル級 新人王トーナメント1回戦 5分2R
弘中邦佳
(日本/SSSアカデミー)
vs
中山 徹×
(日本/インプレス)

(1R3分10秒三角絞め)
体つきは中山圧勝だが試合は硬すぎ 和道仕込の柔の力で勝ち
第二試合 ウェルター級 新人王トーナメント1回戦 5分2R
川尻達也
(日本/総合格闘技TOPS)
vs
滝田J太郎×
(日本/和術慧舟會)

(2R1分22秒 グラウンドパンチでTKO 目の腫れと鼻血でストップ)
入場までは滝田の圧勝(笑)コスチュームも圧勝
途中まではいい勝負だったが、打撃が違ったです。
強力なストレートであっという間に逆転勝利
第三試合 ウェルター級 5分2R
×松本光央
(日本/Wild Phoenix)
vs
朴 光哲
(日本/K'z FACTORY)

(2R判定3−0)
朴さん今日も強かったです。 首相撲からヒザ連打でじわじわスタミナ
奪い 押し捲った朴さんの勝ち
第四試合 バンタム級 5分2R
漆谷康宏
(日本/RJW/Central)
vs
五木田 勝×
(日本/KIGUCHI WORKOUT STUDIO)

(2R 判定3−0)
離れてリーチ差を利用した パンチで優位に立った漆谷
攻勢で上回り 危なげない勝利
セミファイナル バンタム級 5分2R
×廣野剛康
(日本/和術慧舟會)
vs
久保山誉
(日本/K'z FACTORY)

(2R 判定3−0)
若さで押し捲る久保山にインサイドワークで対抗する廣野
テイクダウンで押すも廣野に逆に下から極められそうになり
勝負としてはよかったが
2R目に攻勢点で逃げ切ったと言う感じ
品川的には 廣野の技術を買って せめてドローにしたかった感じ
(と言ったら言い過ぎか・・・・)
メインイベント ライトヘビー級 5分2R
桜井隆多
(日本/総合格闘技TOPS)
vs
マルセロ・ピッチブル
(ブラジル/RFT)

(2R 判定1−0 ドロー)
セコンドのクロマドの指示が怖かったです
初回 桜井の左フックでダウンを奪う。
その後はマルセロの怒涛のテイクダウンからのインサイドパンチ
桜井も下から応戦するも 上のポジションにいた時間が長かったため
攻めているように見えた
でもダウンしたら2点マイナスじゃないのかな?おかしな判定だな
(20−19・19−19・19−19)
それにしてもパンチの迫力すごかったです 両者
(特にマルセロ)
総じて面白かったが、特筆すべき事項はナシ
打撃のレベルの高さが特筆すべきことか
3・15キッドの相手(マイク・カルドッソ)夜逃げ&飛行機が怖い(笑)により
無断欠勤で 試合が中止に・・・ 払い戻しはするそう
チームライバルは修斗出入り禁止ですね

次回4・15北沢興行はDDTばりの昼夜2回興行
クーネン vs 石原戦 柔術戦もある予定
4・21も再びK’Z興行の予定
今大会の画像及び選手コメントは こちら! 
report by 品川



本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ