ゼロからイチへ。
■団体:ZERO-ONE
■日時:2002年3月2日
■会場:両国国技館
■書き手:ほいほい@爆発(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)
昨日のWWFの余韻を残しつつ今日は両国国技館へ。
WWFが素晴らしき洋のイメージなら、ZERO-ONEは素晴らしき和のイメージ。
今のメジャー団体には感じられない潤いがこの2つの団体にはあるような気がする。

向正面を全部潰してステージを作る。4分の一を潰したにも関わらず客入りは悪い。
6000人ってとこかな?悪いカードじゃないけど、押しが弱いのは確か。
見に行けば面白いものが見られる。と解っていても…。
これから少しずつ、団体としての地固めが必要になってくるのだろう。



第1試合 高岩竜一vsKENTA

去年の旗揚げ戦の熱戦を再現しようと頑張っているように見える。
そんなに悪くはないけど、ここまで無理矢理引っ張らなくても…。
NOAHに対するZERO-ONEの立場の弱さがチラッと垣間見えた気がする。

○高岩(18分50秒 片エビ固め※デスバレーボム)×KENTA



第2試合 佐藤耕平vs藤原喜明

動けない藤原と若いのに動かない佐藤のグラウンドムーブ。
スピードが同じぐらいなので違和感はナシ。
試合は唐突な佐藤のハイキックで決まるが、歓声はほとんどナシ。
これは、佐藤の成長(あんまり変わってないですが)がサプライズとさせなかったのか?
組長に老いを感じてしまったからなのか?

○佐藤(11分26秒 K・O※ハイキック)×藤原



第3試合 坂田亘vsショーン・マッコリー

懐かしさを感じさせる再戦。
リングス武道館で闘った時、マッコリーはいつの間にか消滅したリングス・オレゴン所属だったんだなぁ。
と思うとほんのり涙が出る。
坂田なりのリングスに捧げる愛の鎮魂歌なのか、UWFスタイルで素早いグラウンドムーブを疲労。
そして場外戦では鉄柱攻撃をくらい、昔を懐かしむかのよう。
しゃきしゃきと飛びヒザでケリをつける。
坂田の良さが存分に発揮された。やれば出来るじゃないの。

○坂田(3分11秒 K・O※飛びヒザ蹴り)×松井



第4試合 トム・ハワード&サモア・ジョーvsスティーブ・コリノ&ゲイリー・スティール

あまり期待していない試合が面白かった時ほど、得をした気分になる。
古き良きアメリカンテイストといかがわしさが微妙に美味しく交ぜ合わさる。
動きがキビキビしていて斬れのあるハワード。
何だかわからないけど、豪快な動きでインパクトを与えてくれるジョー。
うさんくささが妙にはまってるコリノ。
目も当てられないような地味さが逆に目立ってしまったスティール。
いやぁ〜、もうお腹いっぱい。ZERO-ONE最高!と叫びたい気分になった。

○ハワード(23分49秒 NO.37)×スティール



第5試合 高橋洋子vs久保田有希

ここでやるには勿体無いなぁ。と会場で思った人は少ないかも。
至る所にソフト・オン・デマンドのロゴが見られる。
そのうち、本物の総合格闘家vsレイプ魔とかやるんだろうか…(笑)
何故かトイカツ@修斗ライト級2位が裁いたこの試合、実力が拮抗している両者の、
ねばっこい攻防。
プロレスと同じ興行の中で見てしまうと、やたら動きがないように見えてしまう。
案の定、ちらほらブーイングが…。
やっぱり、ちょっとどころか、かなりもったいなかった。

△高橋(3R終了 ドロー)△久保田



第6試合 ジョシー・デンプシーvsザ・プレデター

ブロディをもろにパクったプレデター。
最近のレスラーに欠けていたであろう、観客への威圧を物の見事に体現させる。
(一番最近見て威圧されたのは、フレディ・クルーガーだからなぁ…。)
プロレスラーはこうあるべきだ。と言わんばかりに繰り広げられる場外乱闘。
スケールがでかい。こういう大胆さがたまらなく素敵。
しかしながら、やる気のないランバージャックはいかがなものか?と。
やるならとことんやってくれぃ。

△デンプシー(7分53秒 ノーコンテスト)△プレデター



第7試合 小笠原和彦vs崔リョウジ

現代に蘇る昭和の匂いする異種格闘技戦。
ZERO-ONEのやる事は、他の団体がやるのとは一味違う。
何をするにもネジが10本ぐらい飛んでいるかのように逸脱している。
小笠原の醸し出す雰囲気に感じた味はなんだったのか?
グリコのキャラメルの味を何となく思い出した。
これには、毒入ってないですよね…?

○小笠原(5分47秒 T・K・O※後ろ回し蹴り)×崔



第8試合 星川尚浩vs丸藤正道

小笠原に続き極真のテーマを流すのを良しとしなかったのか?
それとも気遣いなのか?大阪時代のキャラそのままで入場して来た星川。
丸藤とは違い、男に好かれそうなキャラだ。
橋本…というかZERO-ONEの特徴的な男くささ…。
それとは逆にある丸藤との対比が面白い。

やたらと手の合う二人に外れはナシ。
しかし、丸藤はあの年齢で行き着くところまで行っちゃった感がある。
これからどうするんだろう?
やっぱり、NOAH見に行かなくちゃなぁ。

○丸藤(17分02秒 体固め※雪崩式不知火)×星川


第9試合 橋本真也vs田中将斗

田中将斗は凄いやつだ。
武骨としか言い様がない受け、そして攻め手はエルボーのみ。
そして昔懐かしい、蹴りを多用し迫力のあった頃の橋本を甦らせた。
誰が何と言おうと、この試合の真の勝者は田中。
ひたむきな、一本気な、その姿には、魂を昇華させる。
これぞ、プロレス。

○橋本(12分32秒 片エビ固め※垂直落下式DDT)×田中


第10試合 小川直也vs大谷晋二郎

数日前、村上が小川を裏切る。という苦し紛れのアングルが展開された。
さすがにこれは、ちょっと苦し紛れ過ぎるだろう。と思わせられても、やってしまう。
それがZERO-ONEの強味。
バカになれ。と亡き人が言っていたが、バカになり過ぎると天才に変わってしまうのだなぁと、ふと思った。

小川がマイクで言ったように、うまく2vs1になるように仕掛ける。
村上に気を取られている小川に、ドロップキック、ミサイルキック、プランチャ、急所攻撃。
大谷流のプロレスの洗礼を小川に浴びせる。
まだまだ受けの下手な小川を引っ張る好リードを見せる大谷。
小川をロープに飛ばすという行為は、試合を決めたSTOの連発なんかよりもずっと興奮させられた。
大谷と小川の微妙にぎくしゃくとしたハーモニーが異様に面白かった。

○小川(6分24秒 T・K・O※STO)×大谷

メイン後に世代闘争を示唆する。
橋本の間の悪さにやきもきした観客。
ここで小川と村上がやって納得するのもZERO-ONE、やらないで納得するのもZERO-ONE。
この暖かさと面白さは、体感すべき。
1年前の面白さ、今回の面白さ種類とスケールは違うにせよ、ここには神がいる。
貧乏神、疫病神、福の神が介在するリング上にはいつもドラマが待っている。




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ