2・24「プライド19」(世界一速い観戦記)
■団体:PRIDE19
■日時:2002年2月24日
■会場:さいたまスーパーアリーナ
■書き手:タカハシ(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

相変わらず入ってますPRIDE。もう誰が出ようか関係なく満員にんるんじゃないかってイキオイです。

第1試合:○トム・エリクソン対ティム・カタルフォ×(フェースロック)

強いっちゃあ強いエリクソンだがこの人の華のなさはプロとしては致命的で、いくら勝ち続けてもタイトル挑戦はちょっと難しそうだ。こればっかりはいかなガチバカの人たちと言えど賛同してもらえるのではと思う。
対するカタルフォはチーム・オバケという名前と独特のヒゲがまずは印象的で、43才という年齢からも殆どラストチャンスだったのではと思う。結果残念?ながらカタルフォはヒゲ以上のインパクトを残す事はできず、エリクソンのフェースロックにより短時間での決着となった。短時間での決まったのは自分にとってはラッキーだった。
とりあえず今秋予定されているグランプリにノミネートされるかが、エリクソン自身の今後を決めてしまう事だろう。「強ければそれでいいんだ。力さえあればいい」というのはやはり間違った考えだったという事か。

第2試合:ヴァリッジ・イズマイウ対アレックス・スティーブリング 
アレックスは「戦うブラピ」というキャッチがなければちょっと思い出せなかったかもしれないほど、自分には印象がなかったが、福岡に続き早くも2度目のPRIDEマット登場だ。
1Rはコレと言った大きい動きはなかったが終始お互い動き続けたが、2Rに入るとガクっとイズマイウの動きが止まり、アレックスのグラウンドコブラや雁之助クラッチ(に見えた)に翻弄されていた。
3Rになるとイズマイウはますますガス欠ぶりが顕著になり、とにかく判定に持ち込む事しか考えていないように見えた。当然判定でアレックス勝利だったが、自分には退屈な試合にしか思えなかった。
ところが解説席の小池栄子は試合終了後に拍手で「こういう試合も魅力ですよね!」などと言っていた。小池栄子とは判り合えない事だけはハッキリしたが、まー小池栄子だからいいか。


第3試合:ホドリゴ・グレイシー対松井大二郎
新世代グレイシー路線の第一弾として登場したホドリゴ。アブダビ他で実力は証明されてるはずなのに、SRSのアオリでは「ハイアン以上のワル!」というのをウリにしているのはどうなんだろ?・・・などと考えていたら「電撃戦隊チェンジマン」の主題歌で、ヒーローらしいポージングまで決めての入場。
ホドリゴにDSEの人が「ストリップとディズニーランド、どっちに行きたい?」と聞いたら「アキハバラに連れて行ってくれ!」とか言われそうだな。
試合はホドリゴのテクニックに注目していたが、PRIDE初登場という事で確実な勝利を意識したのか、リスキーな動きは全く、逆に松井にスイープされてしまったのにはちょっとガッカリしてしまった。
しかし3R早々にフロントチョークを決め、勝利は収めるが今後の使い方はまだまだ見えてこない感じだ。


第4試合:カーロス・ニュートン対ペレ
試合内容で一番期待していたのは何と言ってもこの試合。
ペレは踏み潰し攻撃は意識的に避けているかのようにも見えたが、クリンチ状態、スタンド状態からのヒザ攻撃でモノ凄い音を響かせ、その衝撃に勝負あったかとも思わせられた。
それでもニュートンは諦めずに体勢を入れ替え、気が付くと十字でタップを奪っていた。
入場時には剣道の面と胴を装着して、日本文化がいかに誤って海外に伝えられているのかを感じさせてくれたが、試合が終わればそれも愛嬌とばか
りに、日本語でのインタビューでウケまくっていた。
今後は「カメハメ波」の会場全体での大合唱がウリになるのでは?と思われるが、次回の対戦相手には田村か桜庭辺りを期待したい。
またもう誰もが忘れているだろうが昨年末のバトラーツNK大会で予定(勝手に名前を出されていただけ?)されていたプロレス・ルールでの
ニュートン参戦だが、猪木祭りでなら田村とのUWFチックな試合もアリのような気がしてきた。
とにかく田村とのクルクル対決、そしてホドリゴとのオタク対決と夢が広がるニュートンのPRIDE復帰第一戦であった。


第5試合:○ヒース・ヒーリング対イゴール・ボブチャンチン×(2−0判定)
ノゲイラへの挑戦者決定戦的な組み合わせだが、ヒーリングとは対戦したばかりだしパンクラスとの関係からかシュルトはプロテクトしたり(根拠ナシ)とDSE側の苦悩がちょっと見え隠れする感じ。
これまたお互いにこの試合の意味を考え過ぎたのか、リスキーな攻撃が目だったのは最初だけで正直に言って期待ハズレに終わってしまった。
決定直後は思い切ったカードだと思っただけに本当に残念。多分DSE側は陰りが見えているボブチャンチンをヒーリング売り出しに一役買わせようと思ったのだろうが、一応判定勝ちを収めたところでシュルトかコールマン戦でノゲイラの対戦相手を決定、という流れとなるのかと思う。


第6試合:○ドン・フライ対ケン・シャムロック×(2−1判定) 
「高田さん、これほど嫌い合っている者同士の試合はないでしょう」
「えぇ、真剣勝負ではなかったでしょうね」
試合前に遺恨試合として煽られ続けて来たため、二人がリングでメンチを切り合っている時は「この2人が単にプロの仕事をしているだけなのでは?」とも思ってしまった。実際スタンドでゴツゴツやり合う時間が長いので益々疑いの気持ちが強まったが、1R終盤からのケンシャムのヒールホールドを必要以上に耐え続けるフライを見てビジネスを越えた試合である事をようやく理解した。
しかし2Rともなると本当の遺恨試合とはかくあるべし、とばかりに膠着しっぱなしの展開となり、負けられない(相手に屈服したくない)という立場がかなり深い角度で極まっているヒールホールドにもタップできなかったのだろうが、見てる側がヒヤヒヤしてしまいちょっと疑問も生じてしまった。
3R早々パンチでケンシャムが倒れ、ここでKOでもおかしくないとも思ったが、結局ここでも極まり切らずに結局判定決着となる。
試合終了直後はフライからケンシャムに歩み寄り、コテコテと言えばコテコテの大団円で終わったが終始フライがベビー扱いを会場から受けていたのも印象的であった。自分にはケンシャムの勝ちに見えたが、3Rパンチでダウンを奪ったのが大きかったのだろう。2−1で判定勝利となりリング上からマイクでケンシャムに今までの暴言?を謝罪と最後までベビーを貫いたフライであった。


セミファイナル:エンセン井上対アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ 

日本人だからか無知だからか今ひとつエンセンの今回の復帰の意気込みその他が理解できず、釈然としない気分でこの試合に臨んだ。とにかく入場時は長々と友人たちに別れを告げるように抱き合うなど、リングに上がるまでかなりの時間をかけていた。ノゲイラはやっぱりバスコのテーマは使わずに、シャドウを見せながら気合の入った表情でリングに上がった。ノゲイラの認知度はリングス時代とは比較にならないほどで、陳腐な表現で恐縮だがチャンピオンの風格を漂わせていた。
試合開始後はとにかくエンセンのやる気のなさが気になったが、試合が動き始めるとノゲイラの動きに魅了されっぱなしとなる。特にフィニッシュのオモプラッタを見せ技に足首狙いで気を散らしたり、オモプラッタを極める動きを見せたりとまさに掌の上で転がすようにエンセンを仕止めにかかる。最後に極めた三角締めなどは最初からこのワザで極める事を決めて試合に臨んだかのような美しさであった。

試合後マイクを取ってエンセンがファンに最後のお別れを告げるが、長過ぎるのと感極まって英語でのスピーチに切り替えた事から何を行っているのか益々わからなくなったために起きたブーイングに対し、「FUCK YOU!」とまで叫んでしまう。今回のエンセンの試合の放送を見送ったフジTVの判断は正しかったという事か。
ノゲイラのワザの美しさとの対比として悪い意味で印象的なシーンであった。


メインイベント(ミドル級タイトルマッチ):田村潔司対ヴァンダレイ・シウバ 
プロレスファンとして「どういうカタチでもとにかく勝ってくれ!」と願って臨む試合がある。ヤマヨシ対ヒクソン、高田対ヒクソン、そしてこの試合だ。この感覚はシュートだからこそ味わえるギリギリの緊張感(お前が緊張してどうするって話だが)で、プロレスファンが流れ込むのもむべなるかな・・・という感じだ。
入場時には「破邪の小太刀」を手に、思ったよりはリラックスした表情で試合に臨む田村を見て、田村自身への期待よりもやはり神頼みの気分に陥る。
予想ではアッサリとシウバの猛ラッシュにハマりあっけなく2分以内での轟沈だったが、ガードポジションでスタンドでの打ち合いだけは避ける戦法を取ったようだった。しかし見る限りでは下からの攻めに秘策があるようにも思えず、さりとて上のポジションをキープしてのヘナチョコパンチで時間を稼いでの判定勝ちも難しそうとあって、最後は自分のアタマでは「一瞬の飛び付き十字しかない!」という確信に至った。
しかし相手はヤマノリではなくシウバであったため、仕掛けるそぶりすら見せる事はなく結局2Rにストレート一閃、前のめりに倒れてのKO負けとなった。
2試合契約である以上、次は間違い無くあるのだが使い方の判断がヒジョーに難しい結果となってしまったように思う。
UWFには自分なりに思い入れがあるので、成瀬や垣原の営業Uコンビだけが生き残るような事態にならないよう、田村には期待したいのだが・・・。


<総括>
今回の田村惨敗で正直何も思いつかないが、今回猪木とパンクラ勢が顔見世ナシだったのは結構重要なような気がする。前者は影響力の低下、後者はカード決定の難航と予想するが・・・。
今回セコンドに付いたTKも何れはPRIDEのリングに上がる事になるだろうし、金原もカウントダウンは始まっている。
つい数年前にはリアルUWFによるリアルIWGP構想なんてまさか実現するとは思わなかったが、もはやそれも絵空事ではない。その次の夢が思いつかないほど猛スピードで時代は進んでいるが、それがいいことなのかどうかは自分にはまだまだ見えてこないなぁ。
「テメェで見つけろ!」って話ではあるが。




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ