速報観戦記
■団体:全日本
■日時:2002年2月24日
■会場:日本武道館
■書き手:愚傾(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

2/24 全日本 日本武道館大会速報 15:00 Start
第1試合 シングルマッチ30分1本勝負
平井伸和
vs
土方隆司×

(9分32秒 ロックボトム → 片エビ固め)
ベテランというには浅すぎるが若手というにはトシを食いすぎた平井。
このまま若年寄の道を歩むか?
第2試合 トリプルスレッドマッチ30分1本勝負
 愚乱・浪花
vs
ヤス・ウラノ×
vs
Hi69

(6分56秒 スワンダイブ式ムーンサルトプレス → 体固め)
KAIENTAI-DOJOの若手が二人がかりで浪花を攻めるのかと思いきや、
先のシリーズ開幕後楽園大会同様、一人蚊帳の外に追い出されるヤス。
さすがに蘇生してHi69を攻めるも、美味しいところは浪花に
もっていかれるなど、どうもイジメられ系というか、そういう役割を
あてがわれてしまう。性格が良いんだろうなぁ、多分。
第3試合 タッグマッチ30分1本勝負
田中将斗
 保坂秀樹
vs
ダブル・アイアン・シーク#1 
ダブル・アイアン・シーク#2×

(10分33秒 ローリングエルボー → 片エビ固め)
先発は田中と……一号二号どっちだ? と思ってたら場内から
「一号ぉぉ!」という声援が。
ていうかどうやって判断したんですかアナタ。>声の主
アラーへの祈りを捧げつつ、多彩なコンビネーションで
田中組を攻め立てるも、気が付いたらアラララーとばかりに
波状攻撃を喰らって逆転負け。
いいタッグチームじゃぁないが、
なんか癖になりそうなチームですな。>ダブルシーク
第4試合 タッグマッチ30分1本勝負
 奥村茂雄
×本間朋晃
vs
スティーブ・ウイリアムス
マイク・ロトンド 

(10分5秒 バックドロップ → 片エビ固め)
軽快な動きで医師を翻弄する本間。
まぁある意味、翻弄されてナンボの存在なんだが。>医師
翻弄されるだけされて、最後はキッチリとバックドロップでピン。
体重が軽い相手なら、医師もまだまだ危険な角度で投げれるみたいです。
第5試合 シングルマッチ30分1本勝負
×宮本和志
vs
ケンドー・カシン

(2分47秒 飛びつき腕ひしぎ逆十字固め)
入場テーマに合わせて手拍子が発生するなど、歓迎ムードで迎えられたカシン。
試合前、宮本に対して握手を求めるも、宮本はこれを拒否。
エルボーを打ち込み、スリーパーの体勢でブンブンふりまわすが
急所蹴りからの飛びつき腕十字でピン。
急所蹴りをするようなヤツが元チャンピオンなのか?
新日本のジュニアはクソだな!>ライガー
というNOAH党の叫びが聞こえてきたような気がしました。
断じて手前の台詞じゃありません。

例によってゴングが鳴っても腕ひしぎを解かないカシンに対し、
渕が激昂のあまりバックドロップを三連打!
そこへ登場したのが、武藤に追随して全日入りを表明しているカズ・ハヤシ。
全日セコンド陣をローリングソバットで蹴散らし、カシンに握手を求めるなど
共闘を呼びかける。
しかしカシンは「欽ちゃんジャンプなんかにつきあってらんねぇ」と
思ったのかどうかは知らないが、とにかくこれを拒否。
さぁ、全日ジュニアが面白くなってくるぞう。
第6試合 6人タッグマッチ30分1本勝負
 安生洋二
 
×荒谷信孝
vs
マイク・バートン
ジム・スティール 
ジョージ・ハインズ 

(17分22秒 ラストライド → 片エビ固め)
やっぱりジム・スティール最高。
やることなすこと全て意味不明で素敵すぎます。
第7試合 特別試合シングルマッチ30分1本勝負
太陽ケア
vs
長井満也×

(17分23秒 ハワイアンスマッシャー → 片エビ固め)
中盤、ケアに攻め込まれる長井に対し、見るに見かねたファンから
「長井! 前田が泣いてるぞ!」
という野次が飛ぶ。
大丈夫だよ長井。
前田は決して泣いてなんかいない。
何故なら前田は今それどころじゃないはずだから。
団体は崩壊するわ在宅起訴はされるわで、とてもじゃないが
かつての弟子になんか構ってる余裕ないでしょ。
それはともかく、長井はプロレスが上手くなった。
ひょっとしたら、リングス卒業生の中で一番将来安泰なのは、
実はこの長井なのかも。
セミファイナル シングルマッチ60分1本勝負
天龍源一郎
vs
小島 聡×

(17分51秒 ノーザンライトボム → 片エビ固め)
モンゴリアンチョップやバッファロースリーパー、
さらには寝転がった相手にシュシュッと呼吸をつきながらの
チョップで、小島に「天山の呪縛」を浴びせる天龍。
小島も新日本を離脱して最初の試合で、よもや「シューシュー」を聞くとは
思いもよらなかったであろう。
かくして、新日本の会場以上のボルテージでもって
「イッちゃうぞバカヤロー!」と叫ばれた小島。
全日本の水は肌に合っているようです。
メインイベント 三冠ヘビー級選手権試合 60分1本勝負
チャンピオン
×武藤敬司
vs
チャレンジャー
川田利明

(27分37秒 パワーボム → エビ固め)
「一勝一敗の論理」で川田か、
「熱烈歓迎」の意味で武藤か。
武藤の執拗なヒザ攻撃で「川田の逆転勝ちか?」という予想が
チラついたが、昨年の最強タッグ決勝戦のようにそのまま終わるという
鬼畜な試合展開になる可能性も捨てきれず、とりあえずはリング上を凝視。
終盤、川田はジャンピングハイとパワーボム、
武藤はシャイニングウィザードにこだわりまくるが、
パワーボムを中空でこらえた武藤を、三沢から初めて三冠を奪取した
ときのようにアントニオドライバーのような体勢で頭から落とす川田。
この時点で勝負アリ。

満員の客席を見るにつれ、一頃は死に体だった全日本も
これで完全に息を吹き返したなと痛感。
ウカウカしてられないぞ。>新日本、NOAH
今大会の画像及び選手コメントは こちら! 
report by 愚傾



本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ