遠い日のBEST OF BEST。
■団体:THE BEST
■日時:2002年2月22日
■会場:後楽園ホール
■書き手:ほいほい@爆発(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

このカードで1万円か…。
それでもやはりPRIDEという名が付くブランドの効果は凄い。
関係者の顔がたくさんあるけれども、8割強の客入り。
これで後楽園ホールが埋まり、そこそこの人がPPVを見る。
PRIDEだけが、突出し過ぎている。この事実を他の団体も考えなきゃいけないなぁ。
とは言ってみたものの、やはりお金のかけかたが違う。
照明は最近後楽園ホールで見た団体の中では一番煌びやか。
ちゃんとスピーカーも増設。そしてちゃちながらも入場ゲートを作りスモークをたく。
目の前には真新しい、8角形のリング。
エンターテイメントととして、お客の喜ぶ豪華さをきちんと演出している。
試合内容云々は別として、眩しく異様な舞台であるのは、間違いない。
ここに上がりたいと思う選手が、いっぱいいるのはわかる気がする。

選手紹介もなく、淡々と進行。


第1試合 光岡暎二vsアンソニー・マシアス

久しぶりの登場となったマシアス。年1回程度は試合をしていたようですが…。
試合では、これからの選手と去り行く選手が対峙しているようにしか見えない。
1R、タックルを取った光岡、マウントを取るとアームロック狙い。
ポジションをうまく変えながら、終始上のポジションをキープ。
2R、タックルは取るものの極めきれない光岡。
判定3−0で光岡の勝利。
両者何もインパクトを与えないまま、リングを去っていった。

○光岡(2R終了判定 3−0)×マシアス



第2試合 マンモス佐々木vs金宗王

FMWを背負い、FMWのタオルを掲げながら入場したマンモス。
セコンドには新宿鮫とチョコボール向井。
一方の金も久々の日本登場。パンクラスで、秒殺されていた頃が懐かしい。
1R、自分には相撲で培った突進する立合いしかないとばかりに、ぶつかり稽古よろしく突っ込むマンモス。
コーナーに押し込み、突っ張りにも似たパンチを連打するが、ほとんど当らず。
逆に金のパンチをもらい、動きが止まる。
そこをすかさず、ギロチンに捉えられあえなくタップアウト。
マンモスはFMWと共に崩れ落ちていった。
どん底まで落ちたら這いあがるしかない。
ここは総合を利用しないで、プロレスで這いあがって行って欲しい。
やっぱり、プロレスラーはプロレスラーなんだから…。

○金(1R0分25秒 フロントチョーク)×佐々木



第3試合 高瀬大樹vsジョイユ・デ・オリベイラ

都落ちしてしまった両者。
しかし、二人共けっこう良い選手なのになぁ〜。キャラ立ちしてるし。
PRIDEがあれだけ濃いメンツでカードを組んでる以上は仕方がない。と思うのが世の情け。
人の情けと恩義を感じたのか、宇野のスパッツで試合をする掃除人高瀬。
1R、タックルにいきながら、グラウンドの展開に誘い込む高瀬。
ガードから足をのぼらせ、三角狙い。1回取りかけるも逃げられてしまう。
オリベイラもそこまで甘くはない。
2R、強引にタックルを取った高瀬。
自称寝技日本一の実力発揮なのか、パス成功。そしてサイドからの抑え込み。
じっくりと抑え込んでいると瞬く間に時間は過ぎ、アームロック狙いをすかされ、ガードに戻されタイムアップ。
この勝利で高瀬は心置きなく、道場生に掃除をさせるがいい。
地球と環境を大切にねっ。

○高瀬(2R終了判定 3−0)×オリベイラ



第4試合 ジャイアント落合vs西田操一

現役の力士も羨むような身体の西田。あの身体は反則。3頭身ぐらいしかない(笑)
ジャイ落、アフロを切り落とし精悍な顔つき。けっこう良い目してるなぁ。
1R、組み付き脇を差してテイクダウンを狙うジャイ落。
150`はある西田は、体重とロープ(笑)をうまく使いテイクダウンはさせない。
ロープを使いまくった西田、イエローカードをもらうと緊張の糸がほどけたのか、
ジャイ落のパンチラッシュをもろにうけ嫌がりながらダウン。そこでレフェリーがストップ。
ジャイ落、初勝利になるのかな。KOTCとBESTでドンドン試合をしていけば化けるかも。

○落合(1R2分00秒 T・K・O)×西田



第5試合 江宗勲vsアミール

BESTは江をオーバーさせる為に作られたのだろう、と思ってしまうほど凄い人気。
重量級期待のホープ。
一方、総合の技術が自分の技名になるほど有名なアミール。
両者の身体の大きさと殺気が観客の目をリングに釘付けにさせる。
1R、両者スタンドでの攻防を繰り広げる。江がやや押し気味の展開。
2R、スタンドに拘り続けた両者。
江がアミールをコーナーにつめ右ストレート一発でKO。
観客を魅了する姿は、間違いなく総合のスター候補生。
本日、唯一未来を感じる事が出来た。

○江(2R1分19秒 K・O)×アミール



第6試合 今村雄介vsジョー・サン

豹柄Tバックのセクシー(笑)姿で観客を唖然とさせるジョー・サン。
やっぱり、この人は下半身が命なのね…。
と思ったら、以前九死に一生を得た、大事な大事な守り神のファールカップを忘れてしまう。
この時点でもう皆、ジョー・サンに釘付け。
今村が入場する時もロープワークをしながら、やはり下半身を誇示。
今村の事を忘れさせてしまうほど、圧倒的な存在感。
もし、今でもバトラーツがあったら、真先に呼んでただろうなぁ。
1R、タックルで組み付きテイクダウンを狙った今村。
コーナーにつめられた時点で、何かを訴えかけるジョー・サン。
テイクダウンをした所で、何がなにやらわからぬうちにジョー・サンタップ。あっという間の試合終了。

本部席では決まり技の発表に苦労している。
サバ折り、サバ折りとずっと言っていたレフェリー島田の意見は却下され、
極まってもいないアームロックと発表される。

いい加減だなぁ〜。
勝ったにも関わらず、何の印象も残せなかった今村。いやぁ〜、大敗ですねぇ。

○今村(1R0分33秒 スタンディングアームロック)×ジョーサン


終ってみれば、1時間半という何ともあっさりとした興行。
外堀ばかり豪華で中身にちょっと欠ける肉まんの外身みたいな興行だった。
昔懐かしい顔や、素っ頓狂なマッチメイクに心をくすぐられたんですが…。
終ってみても、これで1万円かよ…。と言わざるを得なかった(笑)
DSEは、やはりPRIDEに対して重きを置き、総合全体には重きを置いていない。
それは他がやってくれ。と言わんばかりの傲慢さが多少見え隠れする。
何はともあれ、まだ第1回。
次があるのなら、ベストなものを見せるようにしてもらいたい。




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ