嗚呼、新日本プロレス。
■団体:新日本
■日時:2002年2月16日
■会場:両国国技館
■書き手:ほいほい@爆発(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

ポツポツと空席はあるもののほぼ満員の入り。
この辺が新日本の底力なのか、ダメなところなのか…?
客が新日本離れすれば面白いと思うんですが、そんな事は到底望めないのかな。
小奇麗にではなく、本当の意味でドロドロとしたような新日本を見てみたい。
--------------------------------------------------------------------------------

第1試合 ジャイアント・シルバ&ジャイアント・シンvs吉江豊&ダン・デバイン&クリスキャンディード

シン、シルバはデカイ、デカイ。
うわっと引き付けられるものがある。
でも、動け過ぎるので、さほど強烈なインパクトは与えない。
そういう面では、損をしているのかも。

○シン(5分49秒 片エビ固め※ジャイアントボム)×キャンディード

--------------------------------------------------------------------------------

第2試合 柴田勝頼vs松井大二郎

カシンが石澤時代に着ていたアマレス吊りタイツ着用の柴田。
石澤へのメッセージがあるような、ないような?
レガースを付けてみたり、外してみたりと、スタイル錯誤中の柴田。
タックルから、パワーボムやジャーマンを見せる柴田。
思いっきりの良さが好印象。
PRIDEでのホドリゴ戦を控えているからなのだろう。
あっさりと2分足らず、松井の右パンチでレフェリーストップ。
テンポの良く心地の良い試合でした。

○松井(1分59秒 レフェリーストップ)×柴田

--------------------------------------------------------------------------------

第3試合 永田裕志vsリック・スタイナー

最近、新日本に来た外人の中では一番良いかもしれない。
と思うほど、永田とグラウンドの展開をそつなくこなす。まさに新日本的なスタイル。
これをやるには、レスリングが下地にあるに越した事はないと言う事かな。
互いに大技を繰り返した後、永田が木戸クラッチで抑え込み勝利。
やっぱり、永田が上がってきたか…ちょっと気の毒な気すら感じてしまう。

○永田(11分30秒 巻き込みエビ固め)×リック

--------------------------------------------------------------------------------

第4試合 蝶野正洋vs安田忠夫

バタバタする安田を優しく包み込むように、グラウンドで引っ張る蝶野。
総合的なグラウンドムーブをプロレス的グラウンドムーブで切り返す。
安田をうまくオーバーさせるのが、蝶野の仕事か。
フィニッシュとなった安田の肩固めは、一瞬にして安田の決め技として認可されただろう。
とりあえず、問題はこれからか。

○安田(6分36秒 肩固め)×蝶野

--------------------------------------------------------------------------------

第5試合 金本浩二&邪道&外道&GOKU-DOvsライガー&サムライ&成瀬昌由&井上亘

サムライ、井上が交代、交代で受けっぱなし。
相変わらず、一人で美味しいところをもっていくライガー。
あんまり楽しちゃダメよ。ナルナルも。
最後は翌日NOAH出場を控えた井上への餞別勝利。
1年前とはまるでメンバーが変わった新日本ジュニアだけど、試合はマンネリ化が進む一方のよう。
打開策としてのNOAHなのか?

○井上(19分04秒 トライアングルランサー)×GOKU-DO

--------------------------------------------------------------------------------

第6試合 藤波辰爾&越中詩郎vs鈴木健想&棚橋弘至

久々に見た越中。老いてしまったなぁ。
今でも大人気のヒップアタックは、段々と低くなっている。
でも、その分うまさが光る。
きちんとタナケンをリードして、最後は棚橋のミスもカバー。
次代のネコちゃん的役割分担になっていくのかなぁ。
それはともかく当分、陽の目を見る事はなさそうですなぁ。

○棚橋(9分51秒 ジャパニーズレッグロールクラッチホールド)×越中

--------------------------------------------------------------------------------

第7試合 天山広吉vs西村修

序盤からオーソドックスかつクラシックなグラウンドの攻防。
これに飽きる人、のめり込みジッと見入る人、二通りにわかれたようだ。
この静かなグラウンドがあるから…そして天山に攻めこまれるから、
西村のグラウンドコブラのような返し技が光って見える。
時代と共に流れゆく昭和の匂いをただひたむきに残していく西村。
これもプロレスの一つの形。あぁ、プロレスって良いものだなぁ。

○天山(21分06秒 バッファロースリーパー)×西村

--------------------------------------------------------------------------------

第8試合 田中稔vs垣原賢人

肩にテーピングを施している田中。
それがすべてを物語っているのか、動きは悪い。
垣原に攻められっぱなしで、最後は丸め込んで逆転。
という何だかなぁ…という試合しか作れず。
過去2試合、厄介者の垣原をうまくリードして試合を作れてたから、新日本としては安心のカードだったのかな。
安心が慢心を呼んだのか。
垣原はメキシコに修行に行くべきです。
このまま日本にいるよりは遥に成長出来る。

○田中(11分01秒 逆さ抑え込み)×垣原

--------------------------------------------------------------------------------

第9試合 佐々木健介vs中西学

この試合開始時間が8時15分、PPVの時はだいたい約3時間で終了。
という事は…この試合が良い結末で終れると思われる短期決戦はないのか…。
盛り上がり、盛り下がりを繰り返す10分間。
いつかどこかで見た事あるような風景が繰り返された。(フィニッシュ以外)
健介も中西もメキシコ修行に行った方が良いなぁ。

○中西(11分10秒 ジャーマンスープレックスホールド)×健介

--------------------------------------------------------------------------------

第10試合 安田忠夫vs永田裕志

猪木祭りで勝ち一般的知名度を上げた安田。
猪木祭りでミルコに惨敗。秋山に敗退。とジョブ街道まっしぐらの永田。
長期間は望めないけど、短期的なスパンで考えた美味しさは安田の方が上。
永田にうまく試合を引っ張ってもらい、安田王座戴冠。
チャンピオン安田をどううまく使いまわしていくのか?
でも、これって藤田がチャンピオンになった時と似たような匂いがするんですよねぇ。
うまく立ち回れるのでしょうか。
まぁ、藤田よりは良いとは思いますが…。

○安田(15分15秒 フロントスリーパー)×永田

--------------------------------------------------------------------------------
これから新日本の安田の使い方がすべてのものを言う。
お楽しみはこれからか?




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ