速報観戦記
■団体:新日本
■日時:2002年2月16日
■会場:両国国技館
■書き手:愚傾(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

2/16 新日本 両国国技館大会 速報 18:00START
第一試合
×クリス・キャンディード
 ダン・デバイン
 吉江豊
vs
ジャイアント・シン
ジャイアント・シルバ 

(5分49秒 パワーボム → 片エビ固め)
巨人コンビのデモンストレーションマッチ
聴衆の目をひきつけなきゃならないPPV興行には
うってつけの第一試合だったのでは?
それはともかく吉江は去年の十月にも
やらされてませんでしたっけ?>vs巨人のハンディ戦
第二試合
×柴田勝頼
vs
松井大二郎

(1分59秒 レフェリーストップ)
アマレスの吊りパンで登場の柴田
デビュー当時の中西やヤングライオン時代の石沢を彷彿とさせる
彼らとの違いは大学でレスリングをやっていなかったということだが
それが吉と出るか凶と出るかはこれからの活躍次第
大二郎のタックルを切り、バックにまわってのスリーパーや
引っこ抜きジャーマンでアマレスの匂いがするファイトスタイルで
最後は大二郎のワンツーで失神TKO負けしたが
今日の時点では合格点をあげていいかな
第三試合 IWGP王座決定トーナメント準決勝
永田裕志
vs
リック・スタイナー×

(11分30秒 エビ固め)
個人的には永田も中西も健介も『安田にはJOBしたくない』と
ゴネたために急遽リックが呼ばれたものだばっかりと思ってたので
この結果は手前にとっては意外。
まぁ普通に考えればここは永田で間違いないんだが。
今後、日本に定着するのかな?>リック
第四試合 IWGP王座決定トーナメント準決勝
安田忠夫
vs
蝶野正洋×

(6分36秒 肩固め)
蝶野が出した技はSTFと袈裟固めくらい
グラウンドの絞め技しか使えない安田相手に
グラウンドの固め技だけで客を沸かせるんだから
たいしたものだ>蝶野
第五試合
 獣神サンダー・ライガー
 エル・サムライ
 成瀬昌由
井上亘
vs
金本浩二 
邪道 
外道 
GOKU−DO×

(19分4秒 トライアングルアンサー)
もっとGOKU−DOを見せてくれぇぇぇl!!!
第六試合
×越中詩郎
 藤波辰爾
vs
棚橋弘至
鈴木健想 

(9分51秒 片エビ固め)
ドラゴンボンバーズ相手ではもはや金星とは言えないか?>タナケン
それにしても長州派は肩身が狭いなぁ。めげずに頑張れ>コシ
第七試合 次期IWGPヘビー級王座・挑戦者決定戦
天山広吉
vs
西村修×

(21分6秒 バッファロースリーパー)
本日のベストバウト
西村に「手四つで押し込まれてからのブリッジ」を
させなかった(自分ができないからか?)以外は
クラシカルなオールドスタイルにつきあって見せたのは
お見事>天山
西村は昨年にドリーとタッグで対戦したことが
凄い財産になっているらしい
あともう一つ、フォールがギブを奪える技
(しかもクラシカルな匂いのするもの)を
身に付けたら、もう一段階上にいけると思う
第八試合 IWGPジュニアヘビー級選手権試合
田中稔
vs
垣原賢人×

(11分1秒 逆さ押さえ込み)
「一方的に攻め立てるが、最後にスキをつかれて
丸め込まれる」という役目だけは相変わらず上手い>垣原
セミファイナル
×佐々木健介
vs
中西学

(11分10秒 ジャーマンスープレックスホールド)
いまの日本マット界で考えられるなかでは、
(ある意味)最高の顔合わせ
中盤のラリアット合戦は見ごたえがあったんだけれども
TVのOnAirで観たら多分つまんないんだろうなぁ
メインイベント IWGP王座決定トーナメント決勝
×永田裕志
vs
安田忠夫

(分秒 フロントスリーパー)
安田はそれほど悪いレスラーじゃないが
引き出しが致命的に狭いのが弱点。
そういうレスラーを相手に、手に汗握らせる勝負を
するのは至難の業。
三沢曰く「オールラウンドレスラー」の面目躍如>永田
安田のスリーパー、肩固めは蝶野、永田のおかげで
効果のあるフィニッシュ技として昇華したと思う
今回の勝利は、言ってみれば当然の結果。予想の範疇。
むしろ「誰が安田を寝かせるか」のほうが
よっぽど難しい話になってくる。
配下の天山に、どうやって安田をオーバーさせるか。
蝶野の苦悩は当分続きそうです。

武藤も小島もカシンもいなかったということを感じさせない、
熱気ムンムンの興行。
新日本の懐の深さを感じました。
メインの総括でも書いたが、新日本、そして蝶野は
どうやってチャンピオン安田を躍らせるのか
お手並み拝見です
report by 愚傾
今大会の画像及び選手のコメントはこちら!



本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ