速報観戦記
■団体:ORG
■日時:2002年2月10日
■会場:東京FMホール
■書き手:品川(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

2/10 GCMコミュニケーションORG 1st - Costume Competition-  17:30 Start
第1試合 ORGルール 5分2R-72.5kg契約
×佐藤伸哉
(P's LAB東京)
vs
熊谷真尚
(禅道会)

(2R 判定 38−40)
禅道会の熊谷が2Rに主導権を握り
上になっても下になっても有利に試合を進めて
判定勝ち
グラウンド打撃力の差がでたか?
第2試合 -100kg契約 5分2R
×日下武
(烏合会)
vs
園田隆
(A3)

(2R 38−40)
青コーナーは「やっち」こと日下の初陣
1Rめは園田の突進力とパンチで苦しむが
2Rになると底力を発揮し
テイクダウンから上になり 片馬からの顔面パンチや
マウントからの腕返し(アームロック)で
タップ寸前まで追い詰める日下
しかし根性で切り替えし 上になった園田は
パンチで応戦
白熱した展開のまま終了
2Rめは日下が取ったように見えたが(品川裁定)
園田がフルマークで勝利
ドローでもよかったのでは?
第3試合 WK VS ストライプル対抗戦 -63kg契約 5分2R
×出口直樹
(ストライプル)
vs
塩沢正人
(和術慧舟會東京本部)

(2R0分58秒 チョークスリーパー)
実力差がかなりあったマッチメイク
ポジショニング 打撃ともに上回った塩沢が
1Rはマウントを取るほどの状況
2R開始直後 チョークで切って落とす
第4試合 -60kg契約 5分2R
晝間貴雅
(ストライプル)
vs
石井俊光×
(TIGER PLACE)

(2R 判定 40−36)
引き込んでも上になっても強い晝間が完全に圧倒
今日の石井はいいとこなし
それにしても顔が似てるなぁ
髪の色以外は区別つかないぞ>晝間と石井
第5試合 -76kg契約 5分2R
中山徹
(ストライプル)
vs
平山貴一×
(和術慧舟會千葉支部)

(2R 判定 40−36)
非常にお客さんの沸いた試合
お互いにスイープや関節技を繰り出し
ポジショニングがめまぐるしくチェンジする
しかし中山の気持ちの強さが判定勝ちを呼び込んだ
2Rのポジショニングは秀逸でした>中山
セミファイナル -73kg契約 5分2R
×岩崎英明
(ストライプル)
vs
滝田将也
(和術慧舟會東京本部)

(R分秒 判定38−40)
客受けは悪かったが 非常に技術レベルの高い試合でした
滝田は今後 マークしなければならない選手だと思う
ORGルールをよく理解し 胴衣を上手く使ったことは
今後の同ルールの試合において参考になるだろう
品川としては好感の持てる試合でした
メインイベント -74kg契約 5分2R
×早川光由
(ストライプル)
vs
芹沢健一
(RJW/CENTRAL)

(1R終了時 タオル投入 → TKO)
インターネット上では有名な日本柔術界の第一人者
打撃はできないがグラウンドは日本一
1R 芹沢が右フックから膝蹴りでダウンを奪う
やはり早川は下を向いてしまい
打撃への対応不足が露呈した
しかしその後 すかさずテイクダウンを取り
グラウンドの打撃を封印し パスガードを狙う
寝技では圧倒的にリードしたが
芹沢も検討し なかなかパスをさせず
そのまま 1R終了
非常に盛り上がり 2Rも期待されたが
セコンドの平直行が目の負傷を確認し
タオル投入 早川抗議するも 認められず
師匠が決断したので しょうがないでしょう
次に頑張れ

コンパクトにまとまった 非常にいい興行でした
最初のORGのみの闘いだったが
胴衣の利点を使いこなす選手が少なく そこが残念
今後 胴衣を上手く利用する選手がでてくることを望みます
席は満員 関係者多数となるも
シマリのある試合の数々で 演出も文句無し
修斗への反撃の狼煙をWKネットワークが上げたといえましょう
対抗戦は3勝2敗でWKの勝ちでした
今大会の画像及び選手コメントは こちら! 
report by 品川



本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ