ORG観戦記
■団体:ORG
■日時:2002年2月10日
■会場:東京FMホール
■書き手:ミオリン
ORG・・・・道衣(袖無しの柔道着に色を付けたような感じ)着用のVT。
ネット説教家メモ8大先生も大注目!
昨年からWKネットワークの試合の中何回か行われていたのだが今回独立という形で行われました。
会場は東京FMホール。
キャパ300人ぐらいで見やすいっていえば見やすいかな。
会場に入ると似非中国風な感じバリバリ。
WKお得意の映像も似非中国風。
試合開始のゴングも似非中国風に銅鑼・・・まっ嫌いじゃないけど(笑)

第一試合 72.5s契約5分2R
×佐藤信哉(P'z LABt東京)VS熊谷真尚(禅道会)○
2R判定(38-40)
味も素っ気も無い試合でした。
感じ的に言えば修斗Bクラスであるような試合。
終始グランドで上になっていた熊谷の勝ち。

第二試合 −100s契約5分2R
×日下武(烏合会)VS園田隆(A−3)○
2R判定(38−40)
HN「やっち」で活躍している日下選手、PODの折橋選手(リングスで横井にボッコボッコにやられた)を
コンプリートファティングで腕十字で破っています。
私情入りまくりでなのですが日下選手頑張れ!

1R 園田選手にテイクダウンを取られ終始下になりポイント的は取られた模様。
2R 日下選手、底力爆発で四つから投げてマウント成功!
そこからアームロックいくも園田選手凌ぐ。
1Rは取られたと思うのですが2Rは私情抜きにしても日下選手が取っていたと思うのでドローだと思うのですが・・・・。

WKVSストライプル対抗戦5対5
第三試合 −63s契約5分2R
×出口直樹(ストライプル)VS塩沢正人(和術慧舟會東京本部)○
2R58秒 チョークスリーパー
塩沢選手、飛びつき式スリーパーで勝利。
お見事!

第四試合 −60s契約5分2R
○晝間貴雅(ストライプル)VS石井俊充(TIGEA PLACE)×
2R判定(40−36)
終始、道衣の使い方に長けている(ように感じた)晝間選手がスイ−プしまくりで判定勝利。

第五試合 −76s契約5分2R
○中山徹(ストライプル)VS平山貴一(和術慧舟會千葉支部)×
2R判定(40−36)
個人的なことになるのですが私、慧舟會千葉支部に入っているので私情入りまくりで平山選手ファイト!
平山選手何回か払い腰で投げるも上を取られパンチをあび判定負け(涙)

第六試合 −73s契約5分2R
×岩崎英明(ストライプル)VS滝田J太郎(和術慧舟會東京本部)○
2R判定(38−40)
変なお面をかぶり入場した滝田選手。試合は岩崎選手下からコントロールしつつも
滝田選手が終始アグレッシブに上から攻め続け判定勝ち。

第七試合 −74s契約5分2R
×早川尖由(ストライプル)VS芹沢健一(RJW/CENTRAL)○
1RTKO タオル投入
日本柔術の世界の中では知らぬ者がいない早川選手。
初の総合の試合でどれだけの対応力をみせられるかがキーポイントになるこの1戦でしたが・・・。
芹沢選手、試合開始早々打撃で圧倒。1回ダウンを奪ったとき興奮した
セコンドがリングになだれ込んできたとき大人の態度で追い返したほど冷静。
早川選手寝技に持ち込むも時間が無く1R終了。
2R開始前セコンドの平さんが目のダメージを考慮してタオル投入。
しかし説明が無く観客の私達は何がどうなったのやら・・・。

全体的には進行も良く面白かったのですがもう少し説明が欲しかったなと。




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ