2002.2.9 全日本 後楽園ホール
■団体:全日本
■日時:2001年2月9日
■会場:後楽園ホール
■書き手:maya(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)
開始30分前に到着したのだが、当日券は完売。凄いぞ全日本。主催者発表2000人(超満員札止め)ということです。

1.○ 愚乱・浪花 10分24秒 逆片エビ固め Hi69 ●

スミスとハリス兄弟の欠場以外、何事も無かったように10分遅れで試合開始。KAIENTAI-DOJOの選手は初めて見るのだが、どうせTAKAの弟子でプエルトリコにいたのだから、栄養失調みたいなのが出てくるんだろうなと思っていたら、なかなか体は出来ていて、見映えは良し。これで気の利いたことが一つか二つ出来れば人気が出るのではないか。

この日の試合を見る限りは何が出来るのか良く分からなかったが、もう少しスピードをつけた方がいいな。試合はどうってこと無かった。

2.トリプル・スレッド・マッチ30分1本勝負 平井伸和 vs土方隆司vsヤス・ウラノ
○ 土方隆司 8分14秒 片エビ固め(フィッシャーマン・バスター) ヤス・ウラノ ●

前に見た平井、渕、カニさんの3wayはヒドイを通り越した出来だったので、どうせだめだろうという先入観もあり、今日はわりと面白く見ることができた。ヤスもTAKAの弟子だが、取り敢えず基本は出来ているようだ。二人ともあとは場数であろうが、体つきや受け身を見る限りTAKAの弟子達は結構期待してもいいのではないか。

なにげに土方もいるのだが、まあまあいい感じ。

3.荒谷信孝 ○奥村茂雄 18分09秒 片エビ固め(垂直落下式ブレーンバスター) 田中将斗 保坂秀樹●

これがアジアタッグなら全日本は盛り上がるぞという淡い期待も最近はする気も起きなくなった。荒谷になんかを求めるなんてカブちゃん(=愚傾)に仕事をやれというのと同じ事だなと思いながら試合を眺めていた。顔も似ているし。

それにしても、18分もやることはないよ。もう少し見ている方のことも考えろよな。それでもどうにか見れたのは、田中の際立った働き。噂には聞いていたが、これ程のものであったか。これは何があっても田中は囲い込んでおかなきゃいけないだろう、全日本。

ダルイ展開も要所要所で田中が締めてくれて、どうにかなったが、同じ内容量を今度は10分で見せるように努力すれば、かなりのものになる予感はするが。永島なら5分の内容だけどね。だけど、こういう期待を荒谷にしちゃいけないんだよね。

ここで休憩。

カブちゃんのことを思い出していたら、本当にロビーにいやんの。全日本のホールなんて滅多に来ないくせして。今日はイマイチぱっとしないと思っていたらタカハシさんもいたのね。速報するんだって大変だね。速報するような内容でも無いけどさ。

休憩明けに次回武道館の全対戦カードとスカパーで生中継があるお知らせ。それから新日本離脱組の登場となる訳だが、カシン、小島、武藤の順に各自のテーマ曲に乗って登場。カシン、小島は大歓迎ムードだが、武藤にはブーイング。やっぱ今の全日本ファンというのは食えない奴が多いな。

ムトちゃんの挨拶は「王道プロレスの本当の意味を探しにやって来ました。まずは川田。日本武道館で心して待ってろよ」だって。ブーイングに戸惑い気味。そりゃそうだよな、全日本ファンにしてみりゃ、こいつらに庇を貸したら母屋を乗っ取られたようなものだもんな。大体昨年の武藤の再ブレークなんてどう考えても川田と天龍のお陰だもん。当然全日本ファンは手放しでは喜ばないよ。ムトちゃん前途多難だな。ちなみにメインに出て来たケアにもブーイングであった。

大体一昔前なら、新日本ファンは少しスレていて、全日本ファンは純心というイメージがあったが、全日本の純な人たちはNOAHに行っちゃったんだろうな。その中でもスレた奴は選手共々今の全日本に残ったという訳か。大体今の全日本の選手なんてスレた奴ばっかだもんな。橋本や大谷みたいな奴は一人もいない。世の中良く出来ているね。

小島は「天龍選手に挑戦するため、あいさつに来ました。脳みそ筋肉あたまの挑戦を受けてもらいます」と爽やかに。場をわきまえた挨拶に大歓声。それにしても脳みそ筋肉あたまって天龍が言ったフレーズらしいが何処で拾って来たのか。昔私が黙認で多用していたフレーズだが。

そしてカシン。ジャージを脱ぎ試合コスチュームになって、「オレはいつでも試合ができるんだよ。誰か相手はいねぇのか?」と言うと次の試合に出る宮本がリングに上がりカシンを急襲するが、本当にあっという間に秒殺してしまう。う〜〜ん、カシン美味し過ぎだぞ。全部持っていきやんの。

全日本の後楽園ホールというのは、ECWのフィラデルフィアのアリーナ同様一種独特な世界なので、一概には言えないが、少なくとも今日の受け具合は、
カシン>>小島>>>>>>武藤
という感じだな。

予想通りだがエクストラで場内が興奮している中、今度は次の試合にメークされている医師と壁道がどさくさ紛れに宮本を急襲。救出に入った長井をデンジャランス・バックドロップでまたも秒殺。ということで、

4.●長井満也 宮本和志 1分12秒 体固め(デンジャラス・バックドロップ) スティーブ・ウイリアムス○  マイク・ロトンド

いいねぇ、全日本もやれば出来るじゃないかという感じ。医師も何10分もやらせるからしょぼいんだけど、こういうふうに1分だけならインパクト絶大である。まあ、長井と宮本をもう少し見たかったというのはあるが、医師が1分で済む代償には変えられない。

5.○マイク・バートン ジム・スティール 15分26秒 エビ固め(ラストライド) ダブル・アイアン・シーク#1 ダブル・アイアン・シーク#2●

カシンが作ったいい流れをこいつらが根底から壊してやんの。よくもあれで15分もやるよ。本当に。アイアン・シークって何処かで見たことあるなと思ったら去年来ていたガイヤーとか言う奴じゃないか。だけど、ガイヤを名乗る資格は無いな。

イメチェンしたスティールが少し面白かったけど、15分は拷問だ。5分でやってくれ。

6.○川田利明 6分24秒 ストレッチ・プラム 本間朋晃●

女で身を滅ぼして職場を追われたら、普通次の職場は条件が悪くなるものだが、本間は今日セミでシングルか。なんか今の全日本は不条理なことが多くって面白いな。試合は昨年の長井・川田戦には遠く及ばないが、結構見れる。ほとんど殴り合い蹴りあいだけだけど。まあ、今日はこのへんで終わらせてやろうという感じで6分で終わらせたところも飽きないでいいな。

武藤が来ようが、何があろうが川田は関係無いよという感じで、いつもの川田を貫き通すところが川田らしくていい。少しは相手をキャリーさせてやれよという気もするが、これが川田流だから仕方ないか。

7.太陽ケア ●ジョージ・ハインズ 11分46秒 片エビ固め(ラリアット) 天龍源一郎 嵐○

なんとなく盛り上がらないという空気を察知するのか、こういう時にはハインズは働く。同じチームなのにケアが出てくるとブーイングで、ハインズが出てくると歓声だから忙しいな今の全日本ファンは。

まあ、試合はと言うと今迄が何なのという感じで、贔屓目抜きに天龍が出てくるだけで盛り上がってしまう。実際は大したことはやっていないのだが、やはりこの中では存在感が違い過ぎる。手抜きなのか体が動かないのか分からないけど、だけどなんかヤル気は無さそう。それにしてもこの場に及んで天龍のお守をまかされた嵐は良く働くね。嵐は結構のキャリアになるが、今迄で今が一番働いているのではないか。


全体的にはイマイチだったけど、まさか武藤が来るんでみんなヤル気が無くなって入るということはないか。なんかそんな雰囲気もあったが。なんか武藤の参戦というのは別の意味で複雑な様相を呈してきそうだな。

ある意味、ギドギドしたソープオペラを見れるのは全日本かもしれない。なんか、惹いちゃうけどね。




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ