速報観戦記
■団体:SHOOT BOXING
■日時:2002年2月1日
■会場:後楽園ホール
■書き手:愚傾(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

2/1 SB 後楽園ホール大会速報 18:30 Start
第4試合 エキスパートクラスルール 3分5R
阿部裕幸
(AACC/修斗ライト級4位)
vs
ダニー・バッテン×
(リングス・イギリス/ヨーロッパ・ブラジリアン柔術王者)

(5R 判定 3−0)
通称:阿部軍団がリードする大声援に乗って入場する阿部
リングインしただけで紙テープが飛ぶほどの大人気
セコンドは先ごろプロ修斗デビュー戦を勝利で飾った阿部弟と
同じくWKネットワークからはぐれしまった小路晃
1R 一分過ぎに右ストレートでダウンを奪い
その後も固いガードと鋭いローでポイントを稼ぐ
後半は組み付き、または蹴り足を掴むなどで
テイクダウンを奪いまくる阿部
しかしその後が続かない 当たり前 続いたら困る 立ち技なんだし
終始リードしつづけた阿部の完勝
第5試合 エキスパートクラスルール 3分5R
シリル・ディアバデ
(フランス/SBヘビー級1位)
vs
リー・ハスデル×
(リングス・イギリス/リングスアブソリュート級準決勝進出)

(4R2分18秒 TKO)
ハスデルのセコンドには滑川
試合開始早々 ディアバデの蹴り足を掴んでドラゴンスクリュー
まさか新日入りを狙ってるのか?>ハスデル
しかしディアバデは長身でプレッシャーのかけかたが上手く
ハスデルは気が付いたら後ろに下がってしまう
そんなハスデルに 観客からキツイ一言が飛ぶ
「そんなんじゃPRIDEに拾ってもらえないぞ」
アンタは鬼か(笑)>声の主
その声に奮起したか(違うと思うが) ディアバデのパンチを
モロに喰らったにも関わらず「効いてねぇよ、へへ」という
表情を浮かべるハスデル 場内大歓声
しかし4Rにラッシュを浴び それまでの蓄積されたダメージが
噴出したのか右フックでダウンを喫してしまうハスデル
カウント7で立ち上がり まだできる!とアピールするも
レフェリーがゴングを要請
いい試合でした

第6試合 エキスパートクラスルール 3分5R
宍戸大樹
(シーザージム/SBスーパーライト級王者)
vs
ブレス・ジェイソン×
(アメリカ/LAジム)

(1R終了時 TKO)
アマレス式の吊りパンで入場のジェイソン
このSB史上でも稀に見る奇行に
「アイツはルールをわかってんのか?」という嘲笑の声が
一部から上がる
宍戸のローを上手く捌けないものの
突貫精神溢れる猛攻を見せたブレス
しかし1R終了時に
「ミギアシガ コッセツ シテルカモ」
というアレックス君の素晴らしい場内アナウンスの後
セコンドのショーン・マッコリーがタオル投入

第7試合 エキスパートクラスルール 3分5R
×前田辰也
(寝屋川ジム/SBスーパーフェザー級王者)
vs
トリック・イドリッシ
(チームハリケーン/キックボクシング・ヨーロッパ・ライト級王者)

(2R2分28秒 KO)
目尻を切られ それをかばって腰が引けた瞬間
綺麗にヒザを貰った前田の完敗

セミファイナル エキスパートクラスルール 3分5R
緒形健一
(シーザージム/SBスーパーウェルター級王者)
vs
ジャーメイン・ピエロウ×
(チーム・ハリケーン/キックボクシング・オランダ・Sウェルター級王者)

(4R2分37秒 KO)
親玉アイブルのように飛びヒザを連発……というか
飛びヒザ以外は記憶に残ってないほどワガママな膝小僧ぶりを
発揮したピエロウ
2Rにダウンを奪い このまま逃げ切るかと思われたが
3Rからオガケンが猛反撃
4Rにスタミナの切れたピエロウのアゴをついに捉えた!
前の試合からの暗いムードを吹き飛ばすような快勝劇
場内大爆発 よくやった!>オガケン

メインイベント エキスパートクラスルール 3分5R
土井広之
(シーザージム/WSBA世界ウェルター級王者)
vs
パレロ・ジェイソン×
(アメリカ/LAジム)

(1R2分39秒 TKO)
今回参戦予定の「北の最終兵器軍団」がドタキャンとなったため
急遽選手を派遣したLAジムとマッコーリー
シーザー会長は「火祭りを舐めんじゃねぇ!」と激昂しつつ
「マッコリーたちと熱い闘いをやってやるよ!」と意気揚揚だったとか(嘘)
しかし急遽用意さた選手だけあって
やってきたのはあからさまなダメ外人
もし大谷晋二郎がここにいたら「人選ミス!」と叫ばずにはいられない逸材
パレロが腰の引けた状態でパンチを繰り出すも
それを冷静に避けながら左ミドルでダウンを奪う土井
もうやりたくなさそうなパレロに
狙い済ました左ハイで三度目のダウンを奪った土井の快勝
試合後のマイク
「今日は1Rでダウンを奪いましたけど
 僕はラウンドガールのお姉さんにノックアウトされました」

総括
オガケンの逆転 土井の圧勝 露出度の増えたラウンドガール
文句無しの興行でした 満足度めちゃくちゃ高し
興行タイトル「Age of 『S』」通り
今年はSBが来るかも?!
ヒウィゴーヒウィゴーヒウィゴーーーーー!(黒人リングアナ アレックス君調)

今大会の画像及び選手コメントは こちら! 
report by 愚傾



本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ