速報観戦記
■団体:PANCRASE
■日時:2002年1月27日
■会場:後楽園ホール
■書き手:品川(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

1/27 PANCRASE 後楽園ホール大会速報
チームタフ提供ドリームマッチ/3分エキシビジョン
 鈴木みのる
(パンクラス横浜)
vs
宮沢熹一 
(灘神影流)

注目された「キー坊」はチャチなキー坊マスクを被った
小柄な選手(おそらく星の王子様???)

打撃をかわされ、勢い余って場外に落ちそうになるみのる
逆エビを前転で切り返されてフロントチョークに切って落とされるみのる
キー坊マスクを剥ごうとするみのる
これらのハイスパートを普段のシュートマッチで見せるときと
まったく同じ表情でこなすみのる

リングス崩壊後、Uの精神はパンクラスが引き継いだ!

みのるマイク
「中身のほうな、パンクラス本戦にもあがってこい!
 ウェイトが違うけどな!」
ということはやっぱり星の王子様かな?>中身

(この試合のみ品川遅刻で メモ8さんのレポートでした)
第1試合 チームタフ提供試合/3分エキシビジョン
第2代ライトヘビー級キング・オブ・パンクラシスト
 菊田早苗
(パンクラスGRABAKA)
vs
極真空手全日本王者
岩崎達也 
(フリー)

岩崎の体に驚嘆
あまりの太りぶりに笑うしかありません
試合後に「岩崎空手は喧嘩上等!」といってましたが
あれだけ脂肪があればどんな打撃も通用しないはず

第2試合 ライトヘビー級戦/5分2ラウンド
渋谷修身
(パンクラス横浜)
vs
久松勇二×
(タイガープレイス)

(2R0分46秒 ヒールホールド)
日焼けサロンに行ったと思われる浅黒い肌の久松
渋谷とほぼ一緒の色
テイクダウンから横四方までのポジショニングは
久松完璧でほぼ満点
逆に渋谷は簡単にテイクダウンを取られて
前回のようにまたあっけなく負けてしまうかと心配されたが
しかし2R 電光石火のヒールホールドで逆転勝ち
おそらく コレを狙っていたのでしょう
剛の渋谷から柔の渋谷へと変化を見せた試合でした

第3試合 ライトヘビー級戦/5分2ラウンド
石井大輔
(パンクラス東京)
vs
秋山賢治×
(禅道会)

(2R3分01秒 インサイドからのグラウンドパンチ〜TKO(レフェリーストップ))
今日の秋山は体にしまりもなく なんとなく調子が悪そう
練習が不足してるのでは?
対する石井も体のカットが見られず
なんとなく重い感じであった
試合はパンチ・キックで押しまくった石井が
2Rにインサイドからのパンチで豪快な勝利
それにしても秋山の体調が気になります

セミファイナル ライトヘビー級戦/5分3ラウンド
佐々木有生
(パンクラスGRABAKA)
vs
KEI山宮×
(パンクラス東京)

(1R4分29秒 腕ひしぎ逆十字)
山宮はかなり練習したようで
いつもの緊張の顔つきもぬけ
憑き物が取れたようなサッパリとした表情
試合はパンチにキレを見せた山宮が何度もダウン気味の
攻勢をするがスキをついた佐々木がスイープし
ポジションチェンジして一瞬のスキをついた腕十字
パンクラス勢は柔術対応の練習をかなりやっているようだが
開発途上のため 逆に技を喰らいやすくなっている

メインイベント ライトヘビー級戦/5分3ラウンド
近藤有己
(パンクラス東京)
vs
佐藤光芳×
(パンクラスGRABAKA)

(2R0分32秒 マウントパンチ〜TKO)
グラバカは近藤の飛びヒザを警戒して
ヒザを凌いでタックルに入る
テイクダウンして インサイドからパンチを当てるも
決め手に欠け ブレイク〜スタンドとなってしまう
1R終了間際にとても練習してるとは思えないが(笑)
近藤の下からの三角締めが極まりかける
しかし最終的なフィニッシュにはいかない
これも余裕なのか?
2Rに入ると 必殺の左膝蹴りが佐藤に炸裂
ほぼこれで決まったかに思われたが
追い討ちのマウントパンチでTKO葬
リングサイドからは某ハッパ……じゃなくてマッハ蹴り師が
(謹慎さすがにもう解けてるはず)素晴らしいアドバイスを
(人目もはばからずデカイ声で)送ってました

KOや一本勝ちのみとなった非常にサッパリとした興行
パンクラス勢も横浜・東京が一本になり
グラバカと本気で対峙する気持ちになったようだ
ただ 柔術のテクニックに関しては発展途上なので
当分は逆に相手に極められてしまうことが多くなるのでは?と予測
会場もかつてないほどの満員で 熱気ムンムン
菊田もPRIDE出陣のマイクもあり
数見@極真も姿を見せるなど 今年はパンクラスきそうです
今大会の画像及び選手コメントは こちら! 
report by 品川



本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ