速報観戦記
■団体:修斗
■日時:2002年1月25日
■会場:北沢タウンホール
■書き手:品川(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

1/25 修斗 北沢タウンホール大会速報 18:30Start
第1試合 ミドル級 5分2R
×福本洋一
(日本/和術慧舟會)
vs
菊地 昭
(日本/SHOOTO GYM K'z FACTORY)

(1R3分18秒 腕ひしぎ逆十字)
昨年と一昨年のアマ修王者の闘い
実力的には菊地のほうが相当上でした
テイクダウンからすかさずパスして
十字を狙う展開が続き
三分過ぎに一本
この選手 要注目です

第2試合 バンタム級 5分2R
×赤崎勝久
(日本/SHOOTO GYM K'z FACTORY)
vs
阿部マサトシ
(日本/AACC)

(2R 判定 0−3)
先日のコンテンダーズで実原と戦ったAACC(アベアニコンバットクラブ)の
阿部弟がプロ修斗デビュー
兄貴仕込みのレスリングテクを見せる阿部
ワキを刺した後に豪快な反り投げ(スープレックス)で
会場を沸かす
2Rは足の取り合いになるも
冷静に凌いだ阿部が同ラウンドの金的蹴り(相手の反則)でのポイントも含めて
判定勝ち

第3試合 02年度新人王トーナメント ライト級1回戦 5分2R
田村彰敏
(日本/格闘結社田中塾)
vs
風田 陣
(日本/ピロクテテス新潟)

(2R 判定ドロー 1−0)
風田はMAキックの元ランカー
田村は田中塾仕込みの突貫ファイター
お互いにカウンターのパンチ、膝蹴り狙いの
非常に素晴らしい勝負
1R終了間際に田村がマウントを奪い
2Rは風田が金的蹴りの反則で田村をマットにのた打ち回らせる
しかし 田中塾の掟では反則勝ちは許されず
二分もたてば元通り 気合でカバー!
全体的には元MAキック風田の打撃が目立ったが
反則も考慮し 品川裁定は田村

次回 2.28 北沢タウンホール大会にてアベカズvsマモルが決定
第4試合 ウェルター級 5分2R
×飛田拓人
(日本/インプレス)
vs
朴 光哲
(日本/SHOOTO GYM K'z FACTORY)

(2R 判定0−3)
打撃 テイクダウン 勢いともに力のあった朴さんの判定勝ち

第5試合 02年度新人王トーナメント バンタム級1回戦 5分2R
×石井俊光
(日本/タイガー・プレイス)
vs
生駒純司
(日本/直心会格闘技道場)

(1R2分35秒 下からの腕がらみ→TKO)
タイガープレイスの石井
得意のレスリング技術で倒しにかかるも
直心会の生駒 桜庭ばりの腕がらみを狙う
何度か反転して 余計にガッチリ極まり
見込み一本

セミファイナル ウェルター級 5分2R
×松本光央
(日本/WILD PHOENIX)
vs
大河内貴之
(日本/パレストラTOKYO)

(2R 判定 0−3)
松本の二度にわたる金的への膝蹴りで
(一度めはファールカップが割れるほどで長時間試合が止まる)
あまりの反則に大河内もエキサイト 乱打戦となる
払い腰でテイクダウンを奪った大河内の優勢勝ち

メインイベント ウェルター級 5分3R
八隅孝平
(日本/パレストラTOKYO)
vs
ヘンリー・マタモロス×
(アメリカ/ペドロ・ソーヤー柔術)

(3R 判定 3−0)
コスタリカ サンホセ出身のヘンリー
フックンシュートで中山巧と戦ったことのある選手
対するヤスミンは肝炎による長期欠場からの復帰戦
打撃力 テイクダウン力 レスリング 投げ
すべてで上回っていたヤスミンの圧倒的勝利
ウェルター級戦線が彼の復帰によりますます面白くなりそうです

可もなく不可もなし
特に主だった盛り上がったこともなく
身内による身内のための北沢大会
滞りなく終了しました
プロらしさを出した選手も若干いたが
スター選手になれるかどうかは これからの経験によるだろう

一般のお客さんが見に来てどう思うか 興味あり
今大会の画像及び選手コメントは こちら! 
report by 品川



本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ