2002.1.13 アルシオン 後楽園ホール
■団体:アルシオン
■日時:2002年1月13日
■会場:後楽園ホール
■書き手:maya(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)
私の今年の初観戦はアルシオンから。
北側をほとんど潰して北側中央に花道を設置していた。ビジュアル系のアルシオンがこういう演出で選手をなるべく引きたてて見せようとする努力は分かるのだが、PAの悪さが全てを台なしにしている。音が完全に割れているので、あのPAに乗せてリングアナがなんか喋ると、ピンサロのMCのように安っぽく聞こえてしまうのが哀しい。

会場はほぼ満員で主催者発表で1400人。

1.○玉田凛映(8分34秒、ミサイル・キック→エビ固め) ×山縣優

山縣はデビュー丸1年は経っているのだが、この日に限り今だにド新人の域から脱していない。玉田が技を受けないからもかもしれないが、たまに出る技の当たりの弱さを見ると受けようがないのかもしれない。

まあ、技どうのこうのより基礎体力からだな。ただし、ルックスはいいので期待はしよう。

2.○レディ・ペンタゴン&PIKA&高瀬玲奈(16分6秒、スアステカ) ×チャパリータASARI&藤田愛&baby A

選手全員が上がるとなんか仮装大会みたいな華やかさ。試合早々baby Aが噂のスパーデジャブを披露。ドラゴン・キッドのよりも1〜2回転多いかもしれない。まあ、確かに凄いけどキッド嫌いの私にはどうでもいいかな。

ただ、見所は実はここぐらいで、あとはどうってことない感じ。みんなで交代でダイブするのはいいけど、一人づつの間が飽きすぎて興が醒めるし、どの選手もラナやコルバタばっかで、ああいうのも頻繁に出てくるとねえ。同じタイプ同志だからといってもどいつもこいつも同じ過ぎる。プロレスというより仮装大会のお遊戯かな。サーカスのピエロはもっとスキルは高い。

それにしてもよくぞこれだけ小さいのを集めたというか、藤田が一番大きく見えるが可笑しい。今時前座で6人タッグなんて女子プロレスでは豪華な使い方だが、出てきた選手はなんで前座なのに6人をやらされるのか考えた方がいいな。

ここで試合中何もしなかった高瀬が一人残って、今日はバイオニック・Jの欠場で余っていたnoki-Aに対戦要求を。すんなり通って、noki-Aが着替えるために5分休憩だって。変な間があく。それだったら最初から着替えておけよ。だけど、試合中に何もやらないやつに何でマイクアピールなんてさせるのか。


3.○noki-A(10分12秒、noki-anバックブリーカー) ×高瀬玲奈

エキストラの割にはやっと試合らしい試合を見ることが出来た。第一試合の玉田と違ってnoki-Aはちゃんと技を受ける。noki-Aはしばらく見ないうちに余裕も出来て大人のプロレスが出来るようになったかな。

考えてみるとアルシは新人を育てていると言われていたけど、文子と秋野が際立っていただけで、あとはどうってことはないみたいだな。高瀬はnoki-A相手だったら一応見れると言っておこう。

4.次期クイーン・オブ・アルシオン次期挑戦者決定リーグ戦
 ○GAMI(2)(14分7秒、変形ヘッドシザース) ×吉田万里子(3)

旗揚当時ならアルシの看板カードというかタイトルやトーナメントの決勝に必ず絡んで来るカードだけど、今はどうなのかね。

今日のGAMIは相手が吉田だから完全真面目モード。基本的にはグランドの攻防だが、さすがにこれは見せてくれる。途中場外でアクセントを入れながら、フィニシュに持っていくところは流石ベテランの貫禄という感じで教科書通りの試合だ。GAMIはこの日は試合後に美味しいことも言わずにそのまま撤収。

両者ともに、技術を如何なく見せてくれて申し分ない試合なのだが、この申し分ない教科書通りな所がアルシらしくてなんか退屈なんだよな。

5.大向美智子デビュー10周年記念試合
 大向美智子(15分00秒、時間切れドロー) ライオネス飛鳥

大向はデビュー10周年なんだね。そうは思えなかった。いろいろな意味で。
大向入場後に10周年記念セレモニー。花束や記念品を選手に贈るのはいいけど、それだったら渡す奴をリング下に集めておけよ。一人づついちいち通路から出てくるから見ているこっちはイライラしてくる。

ロッシーはアルシにビジュアル系のおしゃれなイメージを作りたがっているけど、あのPAや進行の悪さを見ると全女とたいして変りないな。あそこまで酷くはないけど。

ということで、やっと飛鳥の入場。村山大値が飛鳥のボディーチェックをしているところを大向が村山を踏み台にして飛鳥にシャイニングウィザードを打ったところで試合開始。これが飛鳥の顔面にもろに入ったようで、今日の飛鳥はお怒り模様。この一発のせいでか、この日はいつにも増してほとんど技を受けず攻めたい放題であった。

それにしても最近シャイニング・ウィザードの大安売りだね。まあ、あれなら誰でも出来るからというのもあるが。

試合の三分の一は場外戦。大向を南側の奥に連れていく時に、noki-Aにマイテーブルを背負わせてた所が可笑しい。当然南側奥の階段から机に寝かせてフットスタンプだが。リングに戻って来てあっという間に時間切れ。まあ、こういう消化不良もアルシだから仕方ないという諦め気分があるが、これでは面白くなるはずがないな。

アルシのシングルが15分1本勝負というのは、パンクラスの関節技にルチャの飛び技の融合を目標に、とにかく試合をスピーディーに早い勝負を決めたいらしいが、GAEAのハイスパート600みたいに徹底している訳ではないし、生え抜きだけではいつまでたってもそのスタイルは完成出来無いし、客入りは大物フリーに頼らざるを得ないのだから、そろそろ方針も考え直した方がいいのではないか。後楽園のセミでこんな中途半端なことをして、どこで何をやろうという気か。

6.UWA世界女子タッグ・タイトルマッチ
○下田美馬&三田英津子(14分49秒、タイガースープレックス・ホールド) ×浜田文子&ファビー・アパッチェ

試合前の認定書によると、UWAの会長がグラン浜田になっているけど、これってどういうことだ。

まあ、それはどうでもいいけど、文子のニューコスチュームはホルスタインという感じで、デブ專の人はそそるのではないか。だけど、もうデブ一歩手前という感じもするが。どうしても姉のソチや隣のファビーを連想してしまう。

UWAということでメヒコルールでタッチしないでも交代出来るのでラスカチョを見るにはこれの方がいいような感じ。試合はというと、文子が捕まる場面が目立つ。文子は元気が無いというより、やる気がないのか。普通試合中にこれだけ捕まるとジョブは無いんだけど、ジョブまでさせられて終わり。まあ、普通の出来というところかな。

試合後にロッシーがリングに上がって、昨年の12月の契約切れを持って文子が退団することを発表する。だけど、言葉を選びながら言っているのだが、”卒業する”とか”離れる”とか言う言葉を使い、はっきり退団と言わないところ円満さをアピールしたい所なのだろうが、ここがかえってややこしい話だったんだろうなということを感じさせる。

最後はロッシーと文子が抱き合うが、不思議だったのは文子が退団するということに観客もそれほど驚いた感じも無いところで、みんななんとなく感づいていたのかな。

まあ、いろいろな意味でアルシらしい興行だった。




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ