速報観戦記
■団体:修斗
■日時:2002年1月12日
■会場:後楽園ホール
■書き手:品川(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

1/12 修斗 後楽園ホール大会速報 18:00Start
第1試合 ウェルター級5分2R
×倉持昌和
(日本/無所属)
vs
石田光洋
(日本/総合格闘技TOPS)

(3R判定3−0)
テーマ「思い切りが無いお二人さん」
プロとは何か?を今年は修斗の二回戦ボーイに問い詰めたい(小一時間)
差しあいから膠着しまくり
倒されるのがイヤで どこがプロか

第2試合 バンタム級5分2R
廣野剛康
(日本/和術慧舟會)
vs
端智弘×
(日本/PUREBRED大宮)

(3R2−0 )
全女の第二試合かと思いました(理由は不明)
今日は知能指数の差というか
年の功の勝利
終盤にマウントをとってボコボコ殴り→腕十字を
狙った廣野 今日はいい動きでした

第3試合 フェザー級5分2R
松根良太
(日本/パレストラMATSUDO)
vs
高橋大児×
(日本/SHOOTOGYMK'zFACTORY)

(3R判定3−0)
今年の最大の期待の星 松根
スタンドでかなりプレッシャーをかけ モンモン高橋を圧倒する
2Rにはマウントを取り バックから
チョークを極めにかかるも何故か極められず
非常に惜しかった

休憩前、桜井マッハが登場
次回UFCに出陣 マット・ヒューズとの対戦が決定

第4試合 ライトヘビー級5分3R
竹内出
(日本/SHOOTOGYMK'zFACTORY)
vs
ロナルド・ジューン×
(アメリカ/808ファイト・ファクトリー)

(3R2−0)
今日はイズルくん 新春早々
初日の出のように いい試合でした

セミファイナル フェザー級5分3R
×吉岡広明
(日本/パレストラTOKYO)
vs
池田久雄
(日本/PUREBRED大宮)

(判定 0−3)
スタンドの打撃に一日の長がある池田が
プレッシャーをかけまくり主導権を握って優勢勝ち

メイン ライトヘビー級チャンピオン決定戦5分3R
ライトヘビー級1位
×ランス・ギブソン
(カナダ/ギブソン・パンクレイション)
vs
ライトヘビー級2位
須田匡昇
(日本/クラブJ)

(判定 0−3)
西から風が吹いた!
須田 苦節六年 ついに王座戴冠!
2Rに払い腰からピローストレートアームロックで
キャッチを奪い これが決め手となった
勝利が決まった瞬間 泣き崩れた須田サイド
今年の皮切りは「泣き落とし」か?>修斗

正月一発目の興行だったが
全試合判定で消化不良
松根が唯一の希望の星だったが 一本勝ちできずにガッカリ
残念ながら次に繋がる興行ではなかった
この顔ぶれでもお客が入った(六割)ことは
凄いと言うしかないが・・・
ルミナ亡き後(笑えない)、スター選手不在が今後の修斗の課題であろう

今大会の画像及び選手コメントは こちら! 
report by 品川



本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ