2002.1.12修斗観戦記。
■団体:修斗
■日時:2002年1月12日
■会場:後楽園ホール
■書き手:ほいほい@爆発(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)
このカードでお客入るのかなぁ?などと思いながら場内に足を踏み入れると、
案の定というか予想通りというか…ボチボチな入り。6割程度といったところでしょうか。
個人的には、山崎剛vs川尻達也を目当てに行っただけにこれが中止になったのは痛かった。
怪我して欠場したのにファンと写真撮ってるんじゃねぇよ!ゴラァ!
と言いたくなるぐらい残念だった。
しょうがないと言えば、それまでですが…。
シュートの世界ではよくある事だと頭の中では理解している。つもりではある。
とは言えやはり少しぐらいは申し訳なさそうにするか、会場には姿を現して欲しくなかった。
プロとして興行に穴をあけた選手として…。



第1試合 倉持昌和vs石田光洋

修斗を見るとたまに思ってしまう事がある。
プロとは何であるか?について。
選手としてただ勝利という言葉を目指し、強さをわかってもらおうとするのか。
それともお客を喜ばせながら自分達のやっている事の素晴らしさを世間に知らしめようとするのか。
どちらも正解だと思う。
でも後者の方が万人に理解されやすいとは思ってしまう。
両方をうまく融合させるに越した事はないと思うんですが…。
そんな事を思いながら、テイクダウンを巡るネチネチとした攻めぎあいを見てました。
ねちっこいのは好きなんですが、こういうのは間口を狭める一因になっているんだろうなぁ。

○石田(2R終了判定 3−0)×倉持



第2試合 廣野剛康vs端智弘

フェザーからバンタムに落とした廣野。それでもまだまだ小さい。
が、まだ層の薄い階級。この階級を引っ張る先駆者になって欲しい。
1R、胴タックルで突っ込む廣野をかわした端がボディにヒザをいれながら攻勢を保つ。
2R、端の蹴りにタイミングを合わせ廣野がテイクダウン。
ハーフからガードへ、ガードからハーフへと地味ながら面白いポジションの攻防。
やはり動かなければ隙は出来ないという事なのか?
端の首に手を回しスリーパーの状態へ移行。そのままキレイにバックマウントを取ると、
パンチの乱れ打ち。と同時に乱れる女性廣野ファン達(笑)
そして逆十字を仕掛けた所で、おしくもゴング。
勿論、判定は後半よく攻めた廣野の勝ち。
慧舟會の特色を現したかのような試合内容だった。

○廣野(2R終了判定 2−0)×端



第3試合 松根良太vs高橋大児

フェザー級期待の新星、松根。アグレッシブに攻める姿はとても10代とは思えない。
いや、もしかしたらフェザー級だけではなく修斗の星になれる可能性を秘めている。
この試合は前回、松根がロープを掴む反則を犯した為、クレームがついての再戦。
1Rから前回の出来事を反省するかのようなアグレッシブに攻める松根。
キレイな投げでテイクダウンを奪うと、慎重にじっくりと攻める。
一方の高橋も守るだけではなく、下から三角狙い。
2Rもバックを取り、スリーパーを狙うなど、常に優位な試合運びでフルマークの判定勝ち。
完勝だけど、やはりどこか物足りない。1本を狙いにいって欲しかった。
1本勝ちの爽快感こそ、選手も観客も喜べる特別なものだと思うから…。

○松根(2R終了判定 3−0)×高橋


休憩前、マッハがUFCに参戦決定した事が報じられる。
相手は、ウェルター級王者のマット・ヒューズ。
タイミングが違っていたら、修斗でも実現可能なカードですが、
金網というシチュエーションが、何故かより以上にかきたてられるものがある。
これは面白い試合になりそう。楽しみだなぁ。


第4試合 竹内出vsロナルド・ジューン

いつも判定で勝っているのにいつも負けたようなイメージがある(自分だけかも)竹内。
今宵もいつも通り、テイクダウンして上をキープするものの、決め手に欠き、
下からパンチをもらう。という展開に。
これで判定で勝ってしまう。
見てる方にとっては、トイレタイムやらなにやら退屈に見えてしまうだろう。
今の状態から突き抜けるためには、客を惹きつけるようなアグレッシブさが必要だと思う。
どんな形であれ、やはり勝つ事が一番なのだろうか?

○竹内(3R終了判定 2−0)×ジューン



第5試合 吉岡広明vs池田久雄

フェザー級ランカー同士の慎重な攻防。
ベルト挑戦権が近付いてくるだけに星を落とせないという気持ちがありありと見える両者。
1R、牽制しあい間合いを探るようなスタンドの攻防。
2Rに入ると、池田がスタンドでプレッシャーをかけながら、いいパンチを入れていく。
3R、スタンドで吉岡の打撃があたり始めるが、試合のペースを握っているのは池田。
うまく交わしながら、3R終了のゴングを聞く。
終始試合を有利にすすめていた池田のフルマーク判定勝ち。
この緊迫したムードと慎重な攻めは、この試合の重要度を測ったものなのだろう。
判定勝ちではなく、1本勝ちが見たいと思うのはファンの渇望にしかすぎないのかな?

○池田(3R終了判定 3−0)×吉岡



第6試合 ライトヘビー級王座決定戦 ランス・ギブソンvs須田匡昇

背水の陣で試合に向かうであろう須田と久しぶりの登場となるランス。
どうしても修斗1本でやってきた須田を応援したくなってしまう。
1R、組み付いてからのヒザをうまく使っていく須田。
嫌がるランスは、足踏みなど、細かい打撃の攻防をみせる。
2R、組み合い細かい打撃の攻防を振り払うかのような美しい首投げで須田がテイクダウンを奪う。
サイドを取った須田は、袈裟固めの状態から腕ひしぎ足固めを狙いキャッチを取る。
が、外国人特有の身体能力でこれを返すランス。
今度はお返しとばかりに差し合いからテイクダウンを奪うランス。
これに須田はヒールホールドで応酬。ざわめきの中2Rのゴングがなる。
3R、今までの攻防でスタミナが消耗しきった感のある両者。
が、文字通り死力を尽くすように必死の形相で闘う。
3R終了のゴングを聞くと両者ガッツポーズをし、安堵の表情をうかべる。

勝ったのは2Rキャッチを奪った須田。
泣き崩れて喜ぶ須田とセコンド陣に場内から暖かい拍手が送られる。
涙の新王者。その一粒一粒の涙には色々な思いが込められているんだろう。
層の薄いライトヘビー級を引っ張っていけるような王者になって欲しい。

○須田(3R終了判定 3−0)×ギブソン


満員には至らなかったものの、これだけ客が入れば上々なのでは?
と思わせられた。
しかしながら、集客力のある選手を育てるのは急務なのではないのか?とも思わせられた。
その可能性を秘めている選手がいるだけに…修斗という競技以上に、
プロ興行としての人材育成にも力を入れて欲しい。




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ