K−1軍対猪木軍、テレビ観戦の雑感
■団体:猪木祭
■日時:2001年12月31日
■会場:さいたまスーパーアリーナ
■書き手:うしをたおせ(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

テレビで猪木軍VSK−1軍見たんで雑感を。

なんかTBS気合い入ってましたね。宣伝しまくり。
ほとんどの選手が総合の素人なんだけどやっぱり知名度は大事。
いっつもテレビで見てるK−1の選手や新日トップの選手が喧嘩同然のルールで戦えば、
興味が沸きます。藤田が出れなかったのはホント痛かったですけど。
小川は相当株落としましたね。1億くれなきゃやらないってのはそれだけやりたくないって
ことでしょうか。誰かみたいって言われてそうだけど。ガチはやっぱやる気無いのかな?
幻想のある数少ない選手なんで残念だけど、本人にやる気がないならしょうがないですね。
で、視聴率取れたのかな?
TBSはK−1中量級に是非力を入れて欲しいですね。いい選手が揃ってるんでこっちは
夢のカードが実現できそうです。

第1試合 3分3R(この試合のみ特別ルールで3R制)
△高田延彦(高田道場)
△マイク・ベルナルド(オランダ/スティーブズ・ジム)
ドロー

高田は相変わらずでしたね。出場することが目的だったんでしょう。怪我はホントに治って
ないらしいし。タックル行く気あったのかな。無かったように見えた。相手が近づいたら
寝るだけ。正に勝つ気あるの?って戦いぶり。まー相変わらずで安心しました。
次回が引退試合とのこと。早く引退して下さい。
でも入場シーンはホントかっこいいです。好きです。

ベルナルドもしょぼかったですね。相手があれだけ攻めてこないのに、なんでジャブから
詰められないの?って思ってみてました。まあ絶対負けたくなかったんでしょうね。
プロ意識は意外とないんですね。どちらかというと心弱いんだなーって思いました。
本業のK−1で復活して下さい。


第2試合 3分5R
△佐竹雅昭(怪獣王国)
△サム・グレコ(オーストラリア/チーム・グレコ)
ドロー

佐竹は総合ではかなりの先輩なんだけどいまいちでしたね。テイクダウン防ぐ練習は
かなりしてるでしょうけど、テイクダウンする練習はしてなかったのかな?打撃だと
互角以下だけにきついですね。日本人の中では打撃は1級だし体もでかいから総合格闘家として
かなり期待してるんだけど、今回はいまいちでしたね。

グレコはいいですね。もともとクラウチングスタイルだし、パンチがうまくてパワーがあって
アグレッシブ。総合向きだと思ってました。プライドとかでもかなりやれるのでは?
K−1に未練もないみたいだし、バンバン試合が見たいです。


第3試合 3分5R
△ゲーリー・グッドリッジ(トリニダードトバコ)
△エべンゼール・フォンテス・ブラガ(ブラジル/アカデミア・ブドーカン)
ドロー

どこがK−1対猪木軍・・・・。ただのマニアックな総合の試合だ・・・。
総合ファンでも喜ばないようなカード。しかも友達同士だっていうし。
全然テレビで写らなかったけど、ブラガが押してたらしいですね。
ブラガは相当いい選手だと思います。シウバとやってもそこそこいけるんじゃないかな。


第4試合 3分5R
△石澤常光(新日本プロレス)
△子安慎悟(正道会館)
ドロー

これもテレビでほとんどやりませんでしたね。石澤がしつこくタックルしテイクダウン
するけど、ダメージ与えられなかったらしいですね。やはり極めが弱いと判定になるよな。
石澤は好きです。カシンもかっこいいし、総合出てくるし。
子安選手はどうだったんでしょう。総合の打撃は出来ていたのかな。でも相性が悪かったかも。
テイクダウンだけなら日本トップクラスだもん。

そうそう、やっぱ判定ありの方がいいんじゃない?一本かKO以外はドローって・・・。


*エキシビションマッチは寒かった・・・。
もうちょっと盛り上げる展開作れなかったの?お客引いてたんじゃない・・・?


第5試合 3分5R
○ドン・フライ(フリー)
×シリル・アビディ('チーム・ロメアス'ボクシング・プラネット)
2R 0'34" スリーパーホールド

いい試合でしたね。おもしろかったです。フライは元UFC王者。いくらプロレスしまくって
技術が錆び付いているとはいえ、負けてもらっちゃ困ります。しっかりテイクダウンして
パスして殴って、極めて。総合格闘家の戦いを見せてくれました。うれしかったです。
っていうかフライとブラガぐらいか、まともな総合格闘家。あ、グッドリッジもいい選手。

アビディも良かったです。全然総合の戦い方出来てないけど、気合い入ってて良かったです。
気合いとパワーだけでアームロック外しちゃうし。でもあんまし器用じゃなさそうだな。
レスリングも弱そうだし。総合向いてないかな。


セミファイナル 3分5R
×永田裕志(新日本プロレス)
○ミルコ・クロコップ(クロ・コップスクワットジム)
1R 0'21" TKO(レフリーストップ)

永田は偉いですね。よく出てきましたね。1/4に本業もあるのに。でも完敗でしたね。
最初の胴タックルがパワーとバックステップのスピードですかされた時点で、「あちゃー
勝ち目なさそー」って思いましたけど。その後、一瞬で終わりました。うーん、総合の技術以前に
パワーとスピードが違った気がします。あのまま一発もらわなくても勝てる気がしない。
うーん、今後も総合やるのかなー。厳しそうだなー。

ミルコはホント良かったですね。あの胴タックルもあっさりかわした動きに驚愕。マジ強いかも。
ポテンシャルは半端なさそうですね。パンチもキックもスピードが凄いし。まあ今まで戦った
のはみんなプロレスラーで、いわゆる総合格闘家は一人もいないんでなんともいえないんです
けど。でもここまで見事に勝たれると「総合はちょろい」って思われそうで困ります。
誰か、レスラーか柔術家がテイクダウンして極めてやって欲しいですね。

メインイベント 3分5R
○安田忠夫(新日本プロレス)
×ジェロム・レ・バンナ(ボーアボエル&トサジム)
2R 2'10" ギロチンチョーク

バンナ、パンチ全然出せなかったですね。パワーと柔道技で袈裟固めに抑え込んだのには
驚いたけど、そこからはやはり上手く攻められなかったですね。
まあ総合あんまやる気ないでしょ。よく石井館長これだけのメンバーK−1側で集めたよな。
やっぱり恐くてみんな逆らえないのかな。でもすげー統率力だ。

安田良かったですね。マジ最高の結末を見せてくれました。TBSであれだけ人生劇場を
見せまくった甲斐があります。絵に描いたようなハッピーエンドでしたね。
相手のパンチを恐がらずに突っ込んで脇さしてテイクダウン。そこからポジション重視で
攻める。寝技はかなりレベル低そうだけど、基本に忠実で素晴らしかったですね。
マルコ・ファス先生のおかげかな?
セコンドの成瀬が肩固めや前腕チョークをアドバイスしてたそうだけど、肩固めの形
間違ってなかった?何やってるの?まさか肩固め?違うよなって思って見てた。
まあ勝ったからいいんだけど。戦前はかませ犬に近い扱いだったけど、見事、男としても
プロレスラーとしても株を上げました。これから思う存分IWGP王者を目指して下さい。

それにしてもセコンドは豪華だったよな。ホイスにシャムロック兄弟もいた。
そういえば当代随一の偉大なブラジル人寝業師がエキシビジョンマッチで棺桶運んでいた
ような・・・。偉いな・・・。けなげな働きぶりだ。

最初4試合見てどうなることかと思ったけど、ビデオで早送りしながら見たら楽しかったです。




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ