涙涙涙。
■団体:猪木祭
■日時:2001年12月31日
■会場:さいたまスーパーアリーナ
■書き手:ほいほい@爆発(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

開催日、近くになってもカードは決まらない。
1度は決まったものの、またシャッフルという始末。
K-1側の豪華さに比べ、猪木軍は…。チープというか陳腐におさまってしまった感がある。
まぁ、それでも館長の小川に対するシュートな怒りやら何やらで十分楽しませてもらいましたけど。

紙面上での話題は事欠かなかった猪木祭り。
会場に行って見るとほぼ満員という自体にビックリ。
ここまでの求心力があるとは思いもしなかった。それともやっぱり、皆31日は暇なんだろうか。
どうやら、一見さん層も大多数いる模様。
ブラガってK-1軍にしては寝技うまいなぁ。PRIDE出ても通用しそう。
なんていう声が、あちこちから聞こえる。
ブラガが、K-1軍として認知してしまう層が、まだまだたくさんいるんです。
そういうのを聞いてしまうと、総合はまだまだ認知されるには程遠いんだぁ、と。

交わる事はないと思われた両有名人の接近は、誰もが注目する。
格闘技界に光がさす(ホントの所はどうなんだろう?)のは良い事なんでしょう。

会場に白い大きな幕があり、そこに映像が流れ、幕おりるとゴンドラに選手が乗っているという豪華演出。
派手だけど、祭りなんだからこのぐらいの演出はあたりまえか。
常時このぐらいのイベントを出来るようになれば、格闘技イベントも、
エンターテイメント界の台風の目になるんだろう。



第1試合 高田延彦vsマイク・ベルナルド

あれだけブーイングを飛ばされたPRIDEから2ヶ月もたっていないのに、
高田の入場を大歓声で迎え入れる観客。
相変わらず高田に入場は華がある。が、物が飛ぶくらいのヒールにはなれなかった模様。
根っからのベビーにそんな事は有得ないか。ちょっとだけ期待してたんですが(高田信者なのに…。)

猪木軍vsK-1軍の期待を背負いゴング。
1R、お互いビビリまくり、腰ひけまくりの両者。
緊張感はあるものの1回もふれあう事なく、1R終了。ううむ、FIX FIGHTじゃないのか?というのが1R終了時の感想。
2R、やはりふれあう事無く、中間距離を保つ両者。
ベルナルドがやっとコーナーにつめると、高田は逃げ腰タックル。
そしてまたスクートポジションを選択。うむむ、ホントにFIX FIGHTじゃないのか?というのが2R終了時の感想。
3R、じれたのか?ベルナルドがパンチ、そしてローを放つ。
そしてまた高田がタックル。これをがぶられるとまたスクートポジション。
ベルナルドはローを放つが、入っていくことはせず。
無事に試合終了のゴング。
ブーイングが飛び交う中、両者が笑顔で健闘を称え合う姿を見て、あぁ、と(笑)

これが高田の勇姿を見るのは最後になるのかな?と思ったら涙が出た。
(次が最後と言ってるらしいが…。ENDRESS、もう一丁!お願い)

これだけは言いたい。高田延彦はやっぱり、最強だ。

△高田(3R終了 ドロー)△ベルナルド



第2試合 佐竹雅昭vsサム・グレコ

第1試合目に裏切られたような錯覚を覚えた冷めた観客。
グレコのアグレッシブさに驚き、そんな事はもう忘れてしまったようだ(笑)
現代人の悲しい性なのか。
フロントネックロックまで見せ、総合への対応力を見せるグレコ。
対する佐竹は相変わらず。としか言えない。
グレコはこれからの練習次第で勝てる選手になりそう。
それが見えただけでも、この試合は吉だったかもしれない。

△佐竹(5R終了 ドロー)△グレコ



第3試合 ゲーリー・グッドリッジvsエベンゼール・フォンテス・ブラガ

何ともまぁIVCチックなこのカード。
どこが猪木軍vsK-1軍なんだ?と思っている方も多いと思うでしょうけど。
その違和感を感じない層が多いのだから、ネットでまで格闘技の情報を得ている層は少ないし、
まだまだマニア層がそういう情報の底辺を支えているのだなぁと思う。

20`近く体重差のある両者だが、軽いブラガがグッドリッジからテイクダウンを取り、
インサイドからコツコツ打撃を当てていくという地味な展開。
この大会のコンセプトとはかけ離れた、VTらしい試合になってしまった。
急遽試合に出場し、なおかつ判定があれば勝っていたブラガ。
またPRIDEに出て欲しいな。ってか呼べ、呼んでやれ、いや呼ぶべきだ、DSE。
△グッドリッジ(5R終了 ドロー)△ブラガ



第4試合 石澤常光vs子安慎悟

やはりここは体育会系の世界。
上の人間に出ろ、もしくは出てくれ。と言われれば、嫌でも出ざるを得ないんだろう。
と、この両者を見て思った。
じっくりとタックルへ入る機会をうかがう石澤とじっくり動きを見ながら蹴りを放つ子安。
すごぉ〜く地味だけど、二人の醸し出す緊張感はたまらない。
5Rを通して、再三テイクダウンを奪い、パスした石澤だが、そこからの攻め手に欠ける。
セコンドが成瀬だと、いまいち…なのかな?

しょうがないという言葉はあまり使いたくはないけど、しょうがないとしか言いようがない。

△石澤(5R終了 ドロー)×子安



第5試合 アントニオ猪木&ザ・グレート・サスケvsジャイアント・シルバ&紅白仮面

休憩後、いつものPRIDE同様猪木のテーマがかかる。
ここでまたいつも通り、挨拶でもするんだろうなぁ。なんて思っていたら…。
どうやら違う様子。何せ今日は猪木の冠のついた大会、あの目立ちたがりの人が挨拶だけで
すますはずはなかった。

スペーヒーやセキュリティーの人達に棺桶をかつがせ入場してきた猪木。
元気ですかァーッ!をやると、棺の中から出てきた紅白のマスクマンに襲われる。
わけもわからない中、アンドレテーマがかかりジャイアント・シルバが入場。
それを阻止するかのようにサスケが登場。
ひっちゃかめっちゃかで、冷静に見れば、なんじゃこら?って感じなんですが、
場内は興奮のるつぼ。座って見ている人なんて、いやしない。
アントニオ猪木そのものが、宗教なんだろうな。

混乱の中、猪木が日高(だと思われ)に卍を決め。また大熱狂。
こんな茶番劇をやるのなら、大仁田が出ても良かったのに。(無理だと思いますけど…。)
国会に卍固めならぬ、紅白に卍固めか…。

○猪木(4分02秒 卍固め)×紅白仮面



第6試合 ドン・フライvsシリル・アビディ

だれた空気は猪木により一新された。(されると感じさせられてしまう所が凄い)
心機一転で、後半戦へ突入。

星条旗を振りかざし、アメリカを背負って入場してきたフライ。
身の毛もよだつような気合の入った表情。アビディも負けず劣らず良い目をしている。
1R、ゴング直後、勇猛果敢に突っ込んでいったフライ。
NYの消防隊員もフライ以上に勇敢だったんだろうなぁ。
打ち合いながら、脇を差し、フライがアビディをテイクダウン。
フライは、打撃を当てながらパス⇒サイド、そしてニーインザベリーからマウント。
そして、アームロック。が、これはいい角度できまったようにも見えたが、アビディがうまく身体を返す。
見事、体をひっくり返したアビディがインサイドガードからパンチを我武者羅に放って行ったところでゴング。
今までの鬱積をはらすかのような試合だ。

2R、アビディの打撃を恐れないフライがタックルをきめる。
素早く、サイドに回りアームロック狙い。それを切り替え肩固め。
アビディ、抜けようと動き回るもうまぁ〜く反転してしまい、自らの首を絞めてしまいタップアウト。
今日、初めて熱狂を生んだ試合は、両者のアグレッシブさがもたらした軌跡。
嫌そうに、フライを称えていた館長も、ちょっとホッとしたのでは?

○フライ(2R 0分34秒 裸絞め)×アビディ



第7試合 永田裕志vsミルコ・クロコップ

永田は何で出てきたんだろう?
別にやらなくてもいい試合だっただろうに。
参戦決定当初は、1.4が永田新エースお披露目会になる予定だった。
にも関わらず、藤田が怪我でお披露目マッチは流れ、泣きの1手のような感じで秋山戦が決まった。
どう見ても、まだ本格的に交流するつもりのなさそうなNOAH。
恩情参戦が見え見えなのに、秋山がジョブするわけはないだろう。
そう考えると、ミルコ戦は勝っても負けても良いから、シュートで。って事になったのだろうか?
それともこれは最初からシュートで、勝った場合は永田ベルト奪取、負けた場合藤田防衛だったのだろうか?
真相はわからないし、特に知りたいとは思わないけど、色々考えられるのは楽しい。

という訳で、ゴング開始直後、組み付きにいこうとした永田だが、ミルコに突き放されると、
ハイキック一閃。見事に倒れた永田にパンチで追い討ちをかけたミルコのTKO勝ち。
こうなったら、永田は勝つまでやるしかないな。
それまでベルトはお預けか…全くもってついてないな。
う〜む、ある意味ではつきまくってるのかもしれないですが。

○ミルコ(1R 0分21秒 レフェリーストップ)×永田



第8試合 安田忠夫vsジェロム・レ・バンナ

場内のビジョンでは、借金アングルと家族崩壊危機アングルが流れ、
どこからどう見ても、安田を応援せざるを得ない状況を作り上げる。
この試合で、外堀を埋める事がどれだけ大事か、っていうのがよく解ったんじゃいなかぁ〜。

バンナは乱入して来た観客を連れて(笑)入場。
ジェロム・レ・バンナという選手は、どれだけ負けようとそのブランドの効力は落ちない。
どんなプロレスラーよりもプロレスラーらしく見えてしまう。
燃えよ荒鷲〜炎のファイター(オーケストラ.ver)で入場してきた安田。
大舞台でのとりは初めてだろう(相撲で結び取った事あったっけか?)が、気負いは感じない。
安田がメインで大丈夫?盛り上がらないんじゃない?という不安はすぐに消える。
ここまでの演出をしたら、盛り上がらない方がおかしい。TBSもうまく調整したものだ。

2001年のラストファイト(あれ大阪は?)は、安田の突進で幕をあける。
バンナのパンチをもらいつつもテイクダウンに成功。
上からパンチを放つ安田だが、バンナに突き放されてしまう。
が、またしつこくテイクダウン。
バンナはうまく体を反転し、袈裟固めの状態へ。
あまりにも意外な光景。だが、意外に思っていたのは観客だけではないようで。
バンナもそこから何をして良いのかわからない。という困った表情を浮かべている。
とそんなバンナ、柔道仕込みのテクなのか?マウントを取る、いや取ってしまった。
抱き付く安田をコーナーにつめ、パンチのうちやすい態勢へ移行させる。
何だ、なんだかんだ言ってもちゃんと練習&対策をたててるんじゃないか。おちゃめさん。

しがみつきなんとかゴングに救われた安田。
自分にはこれしかないと言わんばかりに2Rも前へ前へと突っ込んでいく。
そして、外掛けからテイクダン。
下からは何も出来ないバンナ。だが、上からあまり攻められない安田。
肩固めにいっているように見える。が、これは…?
ナルナルちゃんと指示したらんかい!(笑)
安田が、前腕チョークを狙っていく。う〜、これできまるのか…?
ふと、見るとバンナが弱々しくタップ。

ちっぴり間が悪いタップだったが、そんな事は関係ないとばかり喜ぶ観客。
カタルシスから解放された瞬間というような光景。
安田が¥はまるで実写版のロッキーのように見え、その姿を見ているだけで涙が出てくる。
感動の結末。
初めてハッピーエンドって良いもんなんだな。と思った瞬間でした。

○安田(2R 2分10秒 前腕チョーク)×バンナ

今日はすべて安田の為にあったような興行。
前半のドローの連続は、最後に爆発させる為だったのか。とさえ思えてしまう。
代役主人公な感があったが、それをすべて消し去る感動のファイトは心に染み渡った。
最高だったなぁ〜。

気分が良かったので、108ビンタまでちゃんと見ていった。
途中、出てきた猪木の半纏を着た人達。
「百瀬組の方達ですねぇ。」なんてコメントされても笑えなかったが…。
カウントダウン後のもち争奪、もう一つのボンバイエは見たかった(笑)




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ