速報観戦記
■団体:PRIDE18
■日時:2001年12月23日
■会場:マリンメッセ福岡
■書き手:品川(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

12/23 PRIDE.18 マリンメッセ福岡 速報 15:00START
第1試合
松井大二郎
vs
クイントン・“ランペイジ”・ジャクソン×

(1R14秒 ランペイジの膝が急所に入り )
ランペイジの右ひざ蹴りが金的に入り、試合が中断そして復帰できずおしまい
第2試合
×アラン・ゴエス
vs
アレックス・スティーブリング

(3R47秒 グラウンドパンチ TKO)
再三のの決定的なチャンスを逃したゴエスが
スタミナ切れを起こし 3Rで逆襲のグラウンドの膝を受け
痛恨の逆転負け
第3試合
ムリーロ・ニンジャ
vs
アレックス・アンドラーデ×

(3R判定 3−0)
シュートボクセのポジショニング実力を発揮した試合
柔術の良さと打撃の素晴らしさを併せ持った 脅威の技術
今後の台風の目でしょう
第4試合 [特別ルール]
山本憲尚
vs
ヤン“ザ・ジャイアント”ノルキヤ×

(1R1分43秒 腕十字 )
リングス辞めて ついにUインター門下の高田道場入門の山本
キッチリと基本技でパスして 見事な勝利
「高田道場に入り、心機一転。これから一歩、一歩、確実に結果を出していきます。
高田さん、桜庭さん、ありがとうございます。
そして前田さん、ありがとうございました」
と取ってつけたようにリスペクトも忘れなかった
ゲンキンナモノだなぁ・・・山本に幸あれ
第5試合
イゴール・ボブチャンチン
vs
ヴァレンタイン・オーフレイム×

(1R4分37秒ヒールホールド )
打撃大好きボブに 関節極められたら 立場なし
見事な返し技の ヒール
さすがです
第6試合
×小路晃
vs
ジェレミー・ホーン

(3R3−0判定 )
2Rの攻防が勝敗を分ける
ホーンのテクニックが小路を凌駕
最終ラウンドも同様の攻めで 圧勝
セミファイナル
ヴァンダレイ・シウバ
vs
アレクサンダー大塚×

(3R 2分22秒 アレク膝を被弾し 鼻血ブーで玉砕 )
上になってはもちろん 下になっても安心のシウバ
じわじわと アレクを攻め立て
戦慄の 膝小僧で 鼻血葬
桜庭再戦まで ガッチリ儲ける事でしょう
メインイベント
×高山善廣
vs
セーム・シュルト

(1R3分09秒 左ストレート KO )
今日はストーンズで入場の高山 これが悪魔を呼んじゃったようです
下から三角絞めまで出される始末
しかしさすがは 高山 真っ向から打撃戦に応じ
見事な玉砕振りを見せ プロレスラーの意地は見せた 高田見習え(笑)
まあプロレスラーは 顔が命ですね いずれにせよ・・・
今大会の画像及び選手のコメントはこちら!
report by 品川

タカハシによる世界一早い観戦記こちら!



本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ