速報観戦記
■団体:DEEP2001
■日時:2001年12月23日
■会場:ディファ有明
■書き手:品川(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

12/23 DEEP2001 ディファ有明速報
第1試合
佐藤 伸哉
(P'sLAB東京)
vs
美木 航×
(RJW/CENTRAL)

(2R3分7秒)腕十字
どうやら実力差ありすぎたようだ
ポジショニングで上回った
佐藤の圧勝
第2試合
×村浜 天晴
(フリー)
vs
大石 幸史
(パンクラス=横浜)

(3R判定2−0 )
全体的に決め手がなくぬるかった試合
大石のタックルが次々と決まり 村浜ガードからの攻撃のみ
攻勢点で大石の勝ち
第3試合
長南 亮
(U−FILE CAMP)
vs
冨宅 飛駈×
(パンクラス=東京)

(3R 判定 3−0 )
気合の差とでも言うか
冨宅もこのレベルの選手だと手が合うようだ
刺し合いでも富宅が上を取れる状況
しかし筋力で上回る長南が徐々に 形勢逆転
上からパンチを落とす場面が増える
レベル平凡なるも 攻防が見られた試合 
第4試合
×大久保 一樹
(U−FILE CAMP)
vs
美濃輪 育久
(パンクラス=横浜)

(1R3分38秒 裏十字 )
大久保は真撃のアレが災い
まあ実力的には 雲泥の差
第5試合
上山 龍紀
(U−FILE CAMP)
vs
ラバーン・クラーク×
(ミレティッチ・マーシャルアーツ・センター)

(1R終了時クラークサイドタオル投入 )
上山会心の勝利
1R終盤 右フックで倒れたダメージで 試合ストップ
見事な勝利かと思われたが・・・・
なんとバッティングで ストップとの事?何で?
2R始まってすぐ クラークサイド タオルで初勝利
第6試合
坂田 亘
(EVOLUTION)
vs
窪田 幸生×
(パンクラス=横浜)

(1R4分05秒 バックマウントパンチTKO )
坂田強かったです今日は 一本立ちすると強くなるのを証明
完全に上を支配し最後はマウントから
ストップ 救急車で運ばれた 窪田
第7試合
エル・カネック
(AAA)
vs
太刀光×
(SPWF)

(1R4分55秒 グラウンドパンチからのレフェリーストップ )
奇跡は2度起きた!!!
ビバメヒコ!!
しかし本当にカネックか? 覆面してるから誰だって同じだろ(笑)
と思うくらいの最後は強かった
前半はタッチペースで終了間際まで攻めるも大逆転
もう一度言います ビバメヒコアゲイン!!!
セミファイナル
×矢野 卓見
(烏合会)
vs
“ランバー”ソムデート吉沢
(M16ジム)

(3R3−0判定 )
ランバー今日はなんとマシンガン持って入場
前半は矢野ペースで進め 2Rはバックを取りチョーク責め
ランバーしのぎ切る!!偉い
3Rは逆に攻め疲れた矢野が スタミナ切れ
しかしオモロイ試合でした
メインイベント
村浜 武洋
(大阪プロレス)
vs
ビクトル・ラバナレス×
(メキシコ)

(1R44秒 膝十字 )
WBCチャンプ あの辰吉と死闘を演じたあのラバナレス登場
打ち合いを期待したが・・・・・・
なんといきなりタックルに入った 村浜
UWF式の 膝十字の入り方で 秒殺
客入りも ほぼ満員と言うところ 佐伯さんさすがですルチャ対日本人対抗戦を
3月に決定との事 素晴らしいアイディア
こういうやわらかさが 総合を救うかもしれないです
レベルさておいて 面白い興行であった事は間違いありません

今大会の画像及び選手のコメントはこちら!
report by 品川  



本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ