速報版観戦記
■団体:CONTENDERS X-RAGE Vol.1
■日時:2001年12月13日
■会場:ZeppTokyo
■書き手:メモ8(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

12/14 CONTENDERS X-RAGE Vol.1 ZEPP TOKYO 速報 19:00START
二階のイス席にもけっこう空席がありました。
まあ、このカードじゃしょうがないって感じかな。
スケボーキングを見たがる総合オタは、
やっぱりいないってことです(笑)。
CONTENDERSルールもORGルールも判定は無しのドロー。
THE CONTENDERS 5分2R
門脇 英基
(慧舟會東京本部)
vs
所 英男×
(パワー・オブ・ドリーム)

(2R3分29秒 チョーク)
メモ8大注目の一戦!
ヤマケンのセコンドで、例によって天性の動きを見せる所だが、
ポジショニングで対抗する門脇、久々に本領発揮!
2R開始早々、バックからのチョーク。
いったんは耐えきり、外した所だが、
二回目でついに落ちてしまう。
ヤマケンは、もうちょっとポジショニングの勉強をしてください(泣)。
THE CONTENDERS 5分2R
光岡 映二
(RJW/Central)
vs
小島 弘之
(FREE)

(2R ドロー)
引き込みたい小島、インに入りたくない光岡。
コンテンダーズルールらしい膠着戦。

Dtの演奏。
ギターがけっこう鳴ってるラップ。
演奏で次の試合の入場につなげたみたいだが、
外でビール飲んでたら試合が始まってました(笑)。
ORG 〜COSTUMECOMPETITION 5分2R
石井 俊光
(TIGER PLACE)
vs
五木田 勝
(木口ワークアウトスタジオ)

(2R ドロー)
スタンド打撃でも押し、レスリングでも勝り、
下になってもギをいかして慌てない五木田。
さすがという感じのファイト。
判定は無いけど圧倒した感じ。
ORG 〜COSTUMECOMPETITION 5分2R
漆谷 康宏
(RJW/Central)
vs
出口 直樹
(ストライプル行徳)

(2R ドロー)
漆谷のいつもの試合。
スタンドで膠着して、グラウンドで膠着して。
ORGルールは可能性のあるルールだと思うので、
もっと大切にして欲しいと思う。
ORG 〜COSTUMECOMPETITION 5分2R
芹沢 健一
(RJW/Central)
vs
西内 志太郎
(U-FILECAMP)

(2R ドロー)
芹沢、TEAM2000のマスクを被ってコーナーポストに。
試合がつまんないからこのくらいでちょうどいいかな?
と思ったら、積極的にスタンドで打ち合いに出た芹沢、
けっこう面白かったです。
押し込んでから引き込むファイトも、
このルールだと有効だし、いいファイトだと思いました。
ギがあるから、下から攻め手がいっぱいあるんだな。

スケボーキング登場。
うーん、ラップ、イマイチわからない上に、
さらにテクノが乗っかって、オジサンにはさっぱりです。
しかし、異様に質の高いスタンディングの女の子たちは、
このバンドが呼んだのかな?
なら、ファンになります。>スケボーキング
THE CONTENDERS DOUBLES 10分3本勝負
高瀬 大樹
(慧舟會東京本部)
鈴木 みのる
(パンクラス横浜)
vs
菊田 早苗
(パンクラスGRABAKA)
山崎 剛
(GRABAKA)

(ドロー)
試合前に、何故かホイスとマイク・ボーグが登場。
みのる&菊田と握手。そういやブッカーK、会場ウロウロしてました。

今日のみのるは全然ダメ。
元Uインター菊田の高田へのオマージュ戦法で、
寝て待ってくれてるのに相手にせず、完璧に逃げてました。
一方の菊田、リングインだけで、本日最高に会場を沸かし、
プロになったなあ、という感じ。
終始、噛みあわずのファイトで、盛り上がりに欠けました。

GCM掲示板でも大活躍の高瀬、
「格闘技人生を賭けて、アフガンの足の無い子を応援する」
と宣言、寒い会場の温度を氷点下にまで下げてました。

クラブ・コンテンダーズとノーマル・コンテンダーズの
悪いところを集めたような、
異様にショボい興行になってしまいました。
ORGルールをもっと生かすため、マッチメークを考えて欲しいです。
スポーツナビによる 試合結果レポートは こちら! 
report by メモ8



本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ