What!? What!? What!?
■団体:WWF Raw
■日時:2001年12月10日
■会場:カリフォルニア州アナハイム・アロウヘッドポンド
■書き手:ひねリン(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

はい、昨日に続き10アメさんと生観戦です。昼間くらいに落ち合ってから、RF Videoの店(TAJIRIが自分の板で売ってる半分の値段で、全く同じTAJIRIヴィデオや各種インディーや日本のプロレスヴィデオを買える)を覗いたりして暇を潰して、それから出かけた今日のアロウヘッドはやはり超満員でした。今日の席は$30。ずいぶん上でリングは遠いけど、ゲートの正面なのでタイタントロンはばっちり。(註:この観戦記は、主に記憶を頼りに、某英語ページのこの日のRAWレビューを適宜参照しながら書いてます。一応生観戦記なので、いつもヴィデオを観ながら報告している細かいセリフの再現とかはやりません。そもそもまだV観てないし。)

どういう順番だか覚えてないけど、ダークマッチ&Metal/Jacked用の試合がまず四つ(実はこれが俺的には裏メインだった気も)。

TAJIRI vs リコ・コンスタンティーノ。
昨日は出てこなかったTAJIRIが観れたのも嬉しいけど、それ以上に、一軍昇格間近と言われて久しいコンスタンティーノを初めて観れて得した気分。遠くの席からは、(ブラッドショー+アル・スノー)÷2みたいな風貌に見えた。でも、今日はやられ役を無難にこなしてた感じで、どういう選手なのかよく分からず。TAJIRIが一通りいつもの技を披露してバズソーキックで勝利。ポジションは落ちてきちゃったけど、TAJIRIの蹴りはでかい会場の上から観てもよく映える。

フナキ vs アル・スノー。
フナキまで観れてラッキー。ヘッドも持たず、普通のレスラーになっちゃったスノーに無難に負ける。

ホーリーズ(ハードコア&クラッシュ)vs 地元の無名インディー選手二人。
「地元の無名インディー選手二人」は、なんと名前すらコールしてもらえず。でもよく見るとそれはUPWジュニアのトップの二人、フランキー・カザリアンとマイキー・ヘンダーソンだった。なんとひどい扱いなんでしょう。ふたりともどインディー興行とかならスペシャルゲスト扱いされる選手だぞ。マイキーなんてゼロワンにも呼ばれたじょ・・・ぶつぶつ。あまりいいとこ出せずホーリーズにやられる。単なるジョバーとして呼ばれただけで、トライアウトでもなんでもないようにも見えた。WWFスカウトにまた女さしだせ>UPW

アイボリー vs ジャッキー。
ジャッキー昨日はPPVでタイトル戦だったのに、今日はこの扱い。しかも負ける。

以上四試合とどっちが先だったか覚えてないけど、キングが入ってきて昨日と全く同じ「アフガニスタンをぶったおしたぜい」スピーチをやって、昨日はなかったリリアンによる国家斉唱があったりして、RAWの番組開始。

フレアーが登場し、仕方なく(?)ジェリコに統一王座(The Undisputed Championshipというのが正式名称らしい)を渡すことを宣言。そしてジェリコ登場。大得意気に「誰も俺が勝つなんて予想しなかっただろう!」と大当りのことを言ったり、「(ビンスに)公平な試合を実現してくれてありがとう!」と大嘘を言ったりしてヒールぶりをアピールし、フレアーからタイトル(といっても従来のWWF&WCWベルト)を受け取る。フレアーは、本日のジェリコvsストーンコールドのタイトル戦をケージマッチで行うと宣言して去る(そういえば、リング上方に金網がある)。不安気な表情のジェリコを残して、オープニングの幕が終了。え、終わり? なんも起こんなかったぞこのオープニング。

テイカー vs スパイクのハードコア戦。
ヒールなのに人気抜群の新王者テイカー、露骨なスクワッシュマッチをこなす。ゴミ缶へのラストライドで勝った後、さらにチョークスラムでスパイクをトップロープ越しに場外(机もなにもない床)に捨てる。背中から落ちたスパイク凄い。

(昨日のジェリコ勝利の立役者の)ビンスとブッカーTが会場入りし、フレアーと遭遇。なんか言い合う(聞こえなかった)。

ラキシ vs カート。
試合前にアングルは、わざわざ先週ラキシの尻にビンスが顔を押し付けられたシーンをヴィジョンで再生し(特別ボックス席でブッカーと一緒に殿様観戦してるビンス、嫌な顔をする)、ビンスに「この恨みを晴らし、この試合をあなたに捧げます」みたいなことを言う。最近のWWFの流行で、アングルがなにか話すたびに観客は「What!?」と合唱しアングルを苛立たせる。試合はすぐにカートが勝負を捨てて帰りリングアウト負け。トップのカートも、ベビーとして復帰したばかりのラキシも両方負けさせらないのでこうなるのでしょう。試合後ラキシがひさびさにダンスを披露しているところ、カートが戻って来て襲う。

ダドリーズ&ステイシーが控え室。ババは、今日の相手(ロック&トリッシュ組)は無敗のチーム(事実一戦一勝)だと言って恐れて見せて、仲間の笑いを取る。

フレアーの控え室に、ミルコ・クロコップじゃなくてランス・ストームが訪れて仕事を請う(アライアンス敗戦以来仕事を失ったストームは、WWF NY で掃除夫をやったりしているところを以前に映されてた)。フレアー断る。

エッジインタビュー。リーガルに襲われる。もーやめようよこの二人の抗争。不毛だから(←好み丸出し)。

CM後、再びストームがフレアーに仕事を請い、再び断られる。

リーガル vs ケイン。
リーガルが、最近良く使うメリケンサックパンチ(反則)で勝利。誰がどう見てもつまらんアイディアだと思うんだけど。

ダドリーズ(withステイシー)vs ロック&トリッシュのタッグタイトル戦。
昨日めちゃくちゃ大事な試合を落としたはずのロック、なにも変わらずいつもの調子で入場(そんなんでいいのかよ?)。試合はロックがDヴォンの足を開かせたところに、トリッシュが逆に「Whazaaaap」ヘッドバットを股間に炸裂させて大受け。さらにロックはステイシーも大又開きで押さえつけ、その魅惑のおまんこにトリッシュがクンニ・・・じゃなくてダイビングヘッドバット。股間を抑えて悶絶するステイシー。素晴し過ぎる。ちょっと見飽きてるダドリーズのスポットにも、こーゆー使い方があったか。でも試合はトリッシュが3Dを食らって敗退。

ボックス席で観戦のビンスがアピール。ケツキスクラブはロックによって閉会したが、今後はケツを蹴ってやるクラブ発足だ。入会資格は単純にボス(私)に逆らうことだ、と言ってフレアーに警告。なんで今日のRAWはこんなになにも起こらないんだろう?ボックス席からアピールすることになんか意味あんのか?

控え室。リタが昨日のミスジャッジをマットに謝っているも、マットは受け入れず。今日はリタ&ジェフ組とハンディキャップマッチを闘うと宣言。「ハーディーズが終わったように、俺たちの仲も終わりだ!」リタ泣く。

マット vs ジェフ&リタ。
前半は昨日と同じくマットvsジェフで、昨日と同じく観客はシーン。スワントーンをかわされたジェフをリタが気遣かっているところを、ジェフが後ろから丸め込んでピン。せっかく分かれたならもっと変わったことすればいいのに。

ストームが三たびフレアーに頼み込み、ついにフレアーは試合をさせると了承。相手は、まだ出てきてないRVDかビッグショウか。

ビッグショウ vs ストーム。
哀れストーム玉砕。ていうか、さらなる解雇が吹き荒れるWWFで、なんだかんだで仕事を得て生き残ってるんだから偉い。実際いい選手だし。

ボックス席のビンス&ブッカー。よく聞こえかったけど、ブッカーが食べ物をウエイトレスに毒味させてた。

昨日と同じ、トリプルH&U2のクリップ。

オースティンの控え室からのアピール。内容はあまり覚えていない。なぜなら、例の「What!?」6連発くらいから始まり(観客も大喜びでオウム返しに「What!?」を大合唱)、その後もなんだかんだジェリコやビンスにいちゃもんをつけるたびに、観客が「What!?」を大合唱。俺も喜んで一緒にやってたから、あんま話なんか聞いてなかった。オースティンも完全に、観客がテンポ良く「What!?」を挿入できるように、途切れ途切れに話している。

ジェリコ vs オースティンの統一タイトル戦(ケージマッチ)。
ようするに、ケージマッチであるところが昨日と違う、というだけの試合。でもオースティンは見事なもんで、両サイドのケージに交互にジェリコをたたきつけまくるという技で魅せる。また、まるでかつての全日の谷津の「オリャ!」のように、オースティンの攻撃に合わせて観客の「What!?」の合唱が響き渡ったりする。しかし今日はここまで異常なほどなんの展開もないRAW。フィニッシュくらいは凝った出来事が起こるのでは・・・と期待してたけど、結局ジェリコをノシてオースティンがケージを脱出しようとしたところに、昨日と同じくブッカーTが出てきてケージの扉を閉めてオースティンに叩き付け、流血&泣き顔のジェリコが脱出して防衛。嘘?これで終わり? 今日なんにもなかったじゃん・・・。

番組はこれで終わって最近では一番面白くないRAWだったみたいんだけど、会場では、一人残ったオースティンが金網によりのぼって乾杯の儀式をやったり、JRやヘブナーと乾杯したり、投げ込まれたビールを踏み潰したりして延々と一人パフォーマンス。さらに、テレビカメラマン一人一人に(殴る振りをしたりして)ちょっかいを出して笑わせてから帰る。30分くらい独演会をやっていたのでは? それも終わって退場する客たちは、階段でも会場外でも駐車場でも、そこらじゅうで意味もなく大人も子供も「What!?」と叫んでいた。事情を理解していない人がこの状況を見たら、ちょっと恐いでしょう。

というわけで、ステイシーのおまんこ頭突きと前座試合の他には、あまり見所のなかったRAW、アロウヘッド大会でした。展開としては昨日のPPVからなんの進展もなし。ジェリコは、WCW時代のクライベイビーキャラを彷彿とさせる弱虫ヒール王者ってことみたいです。で、そのヒール王者が汚い手を使ってなかなか負けないというストーリーが今後も続く予定なのでしょう。だから観客のストレスはたまるんだけど、それはこの日のオースティンがやったように、放送後のサービスで処理する・・・っていう仕組みになっていると(「ヘルス嬢としてのストンコ」理論)。

それにしても、異様なまでの「What!?」の合唱、観客は明らかに楽しんでやってるし、ライブへ参入する欲望を気楽に充たせるツールにはなっているけど、あまりに空虚過ぎる(笑)。これが長続きするとは思えないし、いや、意外に長持ちするかもしれないけど、こんなんがかつてのオースティン人気のような圧倒的観客動員に結び付くとも思えない。もっと強いモノが欲しいですね。しかし、トーンもなにも変わらない「What!?」でも、カートのアピールに対する「What!?」の合唱はからかいの意味が強く、オースティンのアピールに対する「What!?」はなんとなく肯定的なリアクションとなっている。不思議なもんです。




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ