速報版観戦記
■団体:全日本
■日時:2001年12月7日
■会場:日本武道館
■書き手:愚傾(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

12/7 全日本 日本武道館大会 速報
第1試合 30分1本勝負
荒谷信孝
vs
土方隆司×

(13分13秒 逆エビ固め)
古巣が実質崩壊したせいか 土方が妙にイキイキしてたように
思えたのは気のせいだろうか?
第2試合 30分1本勝負
スティーブ・ウイリアムス
 マイク・ロトンド
 安生洋二
vs
田中将斗 
保坂秀樹 
本間朋晃×

(15分27秒 バックドロップ〜片エビ固め)
元リングス練習生の本間が元UWFインター取締役の安生の
顔合わせが観戦記ネット的に興味深かった対決
バーシティクラブに合わせてTOPポーズを決めたり
トリプル連携のきっかけとなるコブラツイストを決めたりと
いちいちUWFらしくないファイトに終始した安生の一人勝ちか
ちなみに本間は この後の試合でも全日本のTシャツを着て
セコンド業務を黙々とこなしてました
入団したいのか?
第3試合 2001世界最強タッグ決定リーグ戦決勝トーナメント一回戦第一試合 時間無制限1本勝負
 天龍源一郎
×冬木弘道
vs
武藤敬司
太陽ケア 

(14分30秒 フランケンシュタイナー〜体固め)
武藤と冬木は今シリーズが初顔合わせか?
なんとなくテンポが合うと思った
機会があればシングルも見てみたい
序盤から太陽のハワイアンスマッシャーや武藤の側転エルボー
冬木の地団駄ラリアットに天龍のパワーボムと
それぞれがフィニッシュ級の技を惜しみなく出した熱戦
最後はラリアットを切り返してのフランケンで武藤がピン
第4試合 2001世界最強タッグ決定リーグ戦決勝トーナメント一回戦第二試合 時間無制限1本勝負
川田利明
 長井満也
vs
ロン・ハリス 
ドン・ハリス×

(7分5秒 ストレッチ・プラム)
珍しく川田がやる気のある試合運びを展開
今シリーズの台風の目である大型兄弟を瞬殺した姿を見て
「今年の優勝は川田だな」と確信する愚傾
試合後のハリス兄弟は
「剛! 引退する前にオリプロのギャラを払え!」と
言ったとか言わなかったとか(言わない言わない…いくらXWFが先行き不明だからって)
セミファイナル 30分1本勝負
 
 北原光騎
×平井伸和
vs
ジョニー・スミス
ジョージ・ハインズ 
バンピーロ 

(22分24秒 ブリティッシュフォール〜片エビ固め)
外人チーム 何気に上手い三人を揃えたはいいが
1+1+1が3にならなかったようなぎこちなさがあった
その部分ではWARのほうが上か
それにしてもメインにでる四人の疲れを取るために
わざと時間を長くしたんだろうが
逆に観客のほうが疲れちゃいました
メインイベント 2001世界最強タッグ決定リーグ戦 優勝戦 時間無制限1本勝負
 武藤敬司
太陽ケア
vs
川田利明 
長井満也×

(16分49秒 ハワイアンスマッシャー〜片エビ固め)
長井の踏ん張りがなによりも印象的だった試合
大会前に口にした「全日本魂」
しっかり見せて貰ったぞ!>長井@リングス出身
それにしても 川田は二年続けて決勝戦敗退
いい加減にケア(not太陽)してあげないと
マジでどうにかアレしちゃいかねないっすよ?>元子さん

とにかく、今年の全日本は武藤のモノだったということを
象徴するような決勝戦でした。

かつてはチャンカン決勝戦と並んでドル箱興行だった
最強タッグ決勝としてはとにかく寂しい限りの客入り
古巣を忘れるなよぉ 寂しいぞ>NOAHファン
今大会の画像及び選手のコメントはこちら! report by 愚傾



本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ