寒い冬、近藤爆勝の巻
■団体:PANCRASE
■日時:2001年12月1日
■会場:横浜文化体育館
■書き手:リー監督(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

 は〜るばる、来たぜ、よっこはま〜。

 「遠い」と文句を言いたいところだが、私はパンクラス・ファンである。文句をグッと飲み込み、武士は食わねど高楊枝。あっしにはかかわりのねえことでござんす。どうせ長い観戦記なんか誰も読まないだろうから、今回はコンパクトに書く。


 観客はまあまあ入っている。開始時は7割、最後は9割くらい(但し、席は少ない)。GRABAKA特需だ。対抗戦効果だ。とはいえ、いつまで続くものやら、心配である。だから今の面白さを享受することは、ファンの務めであろう。今を見逃してはならない。

 今日の興行の中で最も見逃してはならないのが、第6試合の郷野対近藤。近藤はGRABAKAがいなければ、事実上パンクラスのエース。郷野は、菊田を「ボス」とするGRABAKAのナンバー2。打撃も得意だし、ポジショニングの技術修得度では圧倒的な優位に立つであろう郷野に、近藤がどう対抗していくのか、興味津々の一戦。

 GRABAKA2連勝の後を受けた大将戦。入場後、前回の山宮戦のように相手の鼻先まで近づいて一瞥する郷野に対し、そしらぬ顔の近藤。

 打撃の打ち合いは、かみあう二人。観ていて楽しい。ただし、近藤がやや優勢。倒れてからのポジションはなぜか郷野のハーフガード。近藤が上だ。不思議な男だ。猪木・アリ状態からの後ろ蹴りなど、近藤は戦いなれている感じ。投げられてもなぜかすぐ立てる近藤。やはり不思議な男だ。
2R終了前には近藤のパンチで郷野が出血。3Rになっても、近藤の打撃はスタンドでも寝てからでも有利を保ち、最後は菊田がタオルを投げ入れる。近藤よりも大きい顔に腫れ上がり、しばらく動けない郷野。近藤の圧勝で、たまっていた鬱憤を晴らし、パンクラス本隊のファンが盛り上がっている。

 私は2人のファンなので、どちらが勝っても良いと思っていたが、興行の流れから言えば、GRABAKAの3連勝は会場が凍り付くので、これは素晴らしい結果であった。

 また、特筆すべきは第二試合のクリス・ライトル。三崎の技術を身体能力で上回った。全く恐ろしい外国人選手である。入場曲はメタリカだし。

 メインは高橋がスタンドで殴り倒して、きっちりと決着を付ける。やれば出来るじゃないか。

 美濃輪と菊田は持ち味を充分に発揮しての予想通りの勝利。菊田と戦った渡辺大介の健闘が光る。

 佐々木対渋谷は、世紀の凡戦になるところを、終了間際の佐々木の三角絞めから腕十字に救われた感じ。つまらない判定決着よりも、完全決着の方が面白い。興行と真剣勝負の関係はかくに難しいのだ。

 國奥は全然ダメだった。それでもあのネイサン・マーコートと互角に戦えるのだから、強いとは思うけど。どう考えても引分けの試合。國奥はマーコートとの再戦をしなければならないだろう。


 北岡、渋谷、國奥のパンクラス勢3人は非常に寒い試合をやってしまった。全くどうなっているのだ。この夏、パンクラスに冬が訪れるだろうと予言している私だが、その前に来てしまうのか・・・いやいやいやいやいや、膠着好きの私は充分以上に満足した興行だったんだけど。


△北岡(判定引分1-0)△長岡 
○ライトル(判定)×三崎
○美濃輪(出血によるドクターストップ1回2:28)
・パンクラス対GRABAKA3対3
○菊田(肩固め1回2:14)×渡辺
○佐々木(腕ひしぎ十字固め3回3:42)×渋谷
○近藤(TKO3回0:52)×郷野
・ミドル級キング・オブ・パンクラス選手権試合
○国奧=挑戦者(判定)×マーコート
・初代ヘビー級王者決定トーナメント決勝
○高橋(KO1回1:12)×藤井




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ