11/25修斗ディファ大会観戦記
■団体:修斗
■日時:2001年11月25日
■会場:ディファ有明
■書き手:うしをたおせ(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

行って来ました。16:00から開始って言うのは日曜日としてはいいですよね。
ディファはやや東京の片隅で交通の便が悪いけど、やっぱ一番の問題は見にくさ。
アリーナは寝技見にくいし、スタンドも2段ずつ段差がついてるから2列目の人が見にくい・・・。
奥の方は暗いし。妙な閉塞感があるし。まあ大きさはいいんですけど。
やはり後楽園ホールの偉大さを痛感します。最近下北とか、後楽園でもいい席とか近くで見てたんだけど、
今日は最後列。やや遠くて臨場感がなかったけど、まあちゃんとどの局面も見れたからOKでした。
それよりも、カメラマンとかポストとかで肝心なとこが見えないときがストレス溜まりますね。

全選手入場の後、今泉選手が挨拶。「頑張るのでよろしくお願いします」みたいなことを
ボソボソっとだんだん小さくなる声で(^-^;)。キャラが出てて良かったです。

さて、期待通りというか、予想通りというかメインまでやや落ち着いた大会。
早速観戦記を。


【第1試合】ウェルター級 5分2R
△松下直揮(日本/ALIVE)1-0(20:19富樫、20:20、19:19)△冨樫健一郎(日本/パレストラHIROSHIMA)

松下はBADBOYスパッツ。富樫は白スパッツに口田東の文字。口田東って地名でしたっけ?

1R
松下タックル。富樫は切ってパンチ。松下パンチで突進しながら組み合い。ずっとコーナーで差し合い。
膠着・・・。

2R
富樫パンチが冴える。松下組む。差し合いからお互いヒザ。離れると富樫のパンチが襲う。
松下が下を向いたところを今度は富樫のヒザが突き上げる。クリーンヒットまではいかないが
随分当たっているように見えた。富樫のパンチに合わせ、松下見事タックルでテイクダウン。
富樫はがっちりクロス。松下立ってアリ・猪木状態からローキック。

うーん、ちょっと立ち膠着が多かったですね。
でも紫帯柔術家にして、あの打撃は富樫選手いいですね。僕的には20:19で富樫って感じ。


【第2試合】ウェルター級 5分2R
○倉持昌和(日本/無所属)2-0(20:19、20:18、20:20)×飛田拓人(日本/インプレス)

1R
飛田パンチ。倉持タックル。飛田バック狙うも回りきれず下に。倉持インサイド。お互い細かいパンチ。
飛田下から金的で中断。飛田の右フック当たる!ひるんだ倉持に飛田タックルも高いタックルで、
スピードもない・・・。倉持が差して投げて上に(ハーフ)。飛田はガードに戻す。
飛田立つも倉持タックルでテイクダウン。飛田すかさず三角で固めるも、倉持は頭抜いてパス狙い。

2R
飛田は離れての打撃がいい。スピードも威力もさほどではないがリーチがあって当て勘がいい。
しかし倉持の低空片足タックルであっさりテイクダウンとられる。飛田はアームロックや三角を仕掛ける。
倉持は隙を見て上からパンチ。飛田も下からかなり蹴り上げ。意外に当てる。倉持突っ込んでかついで
パス。サイド取る。飛田はブリッジしてハーフ、ガードと戻す。また倉持が担いだところを飛田が
下から足を絡めヒール狙う。

判定は確実にテイクダウンし、上から攻めた倉持選手が判定勝ち。でもスタンド打撃は案外飛田が
いいの当ててたし、僕的には互角って感じ。お互い持ち味違いすぎだし。まあ2-0でいいか。


【第3試合】バンタム級 5分2R
○久保山 誉(日本/SHOOTO GYM K'z FACTORY)3:0(20:18×2、20:19)×端 智弘(日本/PUREBRED大宮)

1R
端がハイ見せる。端は低い体勢から潜り込み系のタックル。久保山は切る。端は下から潜ろうとしたり、
腕を極めようとするも久保山動じず腕を取らせたままサイドに。端はガードに戻す。久保山は上から
打ち付けるような強いパンチを落とす。久保山きれいな側転パスも見せるが、これは端が足を利かせて
すぐガードに。久保山がパスを狙う攻防。端は下から蹴り上げ、久保山は上からパンチ落とす。

2R
端のハイ当たる。久保山ひるんだところを端が組んで投げ打つも、久保山すぐ返して上に。端はガード。
久保山さっきのハイで鼻血出した?久保山はパンチ落としながら力強いパス。端は腕ひしぎ腕固めに
こだわりパス許す。そして久保山は胴にヒザ連打。端は起きてタックルしまたガードに。

久保山選手がスピードにあふれて力強く上から攻め、パス、パンチを見せ完勝。
会場でも評判が良かった。やはりフェザーから落としてきたから強いのか。

端選手も下からかなり多彩に柔術的な仕掛けを見せたが、全て潰された感がある。上体の厚さも違うし、
正直パワーの差で技術が潰されて様にも見えた。


【第4試合】ウェルター級 5分2R
○藤原正人(日本/パレストラTOKYO)3:0(20:18×3)×竹内コウジ(日本/シューティングジム横浜)

1R
ロー蹴り合い。藤原ハイも見せる。藤原パンチから押し込んでテイクダウン。ハーフに。肩パンチや左フック
を細かく放つ。竹内やっとガードに戻し得意の横浜ガードに。こうなるとそうそう藤原も攻められない。
竹内立つと、またも藤原がタックル、そしてヒザ、そして押し倒しテイクダウン。竹内はガード。

2R
今度は竹内がタックル、足かけテイクダウン。ハーフに。藤原ヒールを下から仕掛け、逃げようと
立ち上がった竹内の両足首を捕らえ、足刈り。で藤原が上に。竹内が横浜ガードをとるも手を引っこ抜き、
強いパンチを打ち下ろす。終了直前強引なパンチを放ち、倒れて下になるもすぐ三角に竹内を捕らえゴング。

打撃がどんどん良くなっている藤原さん。どんどん自分から攻める戦いが出来ている。グラウンドも
安定している。そろそろクラスAの意地で上位陣との戦いもありか。

最近さっぱり元気のない竹内選手。だいたい同じ階級とは思えないほど一回り藤原選手の方が大きかった。
前回の鶴屋戦でもそれは感じた。以前はそれほど感じなかったが、最近妙に体格差で圧倒される試合が
目に付く。竹内選手が通常体重どれくらいでどんな減量をしているか全く知らないが、可能なら
ライト級に落とした方がいいのでは?まあライト級もクラスBはともかくクラスAは怪物揃いなんだけど。

休憩前に、NKに出場する、中山、ライアン、トイカツ、五味、ルミナがリングに上がり意気込みを語る。
ライアンの妙に上手い日本語も最高だったが、やはり印象に残ったのはトイカツの
「ノゲイラが次の日にギロチンセミナーをやるらしいですがボコボコにするんで予約した人は
キャンセルしたほうがいいですよ」と「もしギロチン入ったら、タップしないで落ちます(断言)!」

【第5試合】ライト級 5分3R
×井上和浩(日本/インプレス)1RTKO(まぶたカット・流血)○阿部裕幸(日本/RJWセントラル)

阿部相変わらず鋭いジャブ見せる。井上は近づくと鋭いフックで追い込む。阿部は鋭いワンツー見せる。
井上またも鋭いフックでラッシュを見せる。阿部はガードして凌ぐ。お互い腰が強いのを分かっているのか
強引にテイクダウンは狙い行かない。阿部はいきなり右ストレートを当てる。ロープ際で差し合い。
その後の阿部の肩パンチが当たったのか急に井上のまぶたから流血。それほどひどい流血でなかったが、
ストップ。阿部のTKO勝ちに。

この試合は個人的に裏メインだっただけにこの結末は残念。まさにこれからどっちがパンチで押し切るか、
テイクダウンを取るか、楽しみだったのに・・・。
まあ二人とも黄金のライト級ランカーなんで、誰でもいいから早く試合見たいです。


【第6試合】フェザー級 5分3R
×廣野剛康(日本/和術慧舟會)3:0(30:25×2、30:27)○今泉健太郎(日本/SKアブソリュート)

1R
今泉ハイで吹っ飛ばす!(ダウンでもいいぐらい?)廣野が起きてタックルしてきたところを小手投げで
投げて半身で踏ん張る廣野を空いた右手で殴る殴る。そのまま潰してサイドに。廣野はガードに戻す。
廣野は腕十字、コムロック狙い。今泉は動かず。しかし終盤一気に飛んで足を越し、マウント気味に。
そしてパンチを打ち下ろす今泉。そして腕十字に捕らえ、腕を伸ばしたところでゴング。

2R
廣野胴タックルで足掛けて倒すも今泉が反転し上に。廣野は両腕抱える。今泉は肩パンチ。今泉また
飛んでサイドに。そしてニー・オン・ザ・ベリー気味の体勢からパンチを連打で打ち下ろしたところで
またまたゴング。

3R
廣野タックルも今泉小手投げでテイクダウン。ハーフ、そしてマウントに。パンチ連打。バックを取っても
パンチ連打。廣野反転しつつ起きあがりスタンドでバック取る。しかし今泉が外掛けでテイクダウン。
またも一気にマウント取りパンチ連打。バックからもパンチ連打。廣野反転したところを下から
三角を極めかけてゴング。

まさに今泉選手の完勝。しかしあまりにも体格差が・・・。ふた回り違った。
今泉選手、しつこい廣野選手にこれだけの試合が出来た。やはり凄い逸材。早くフェザー上位陣、
ライトから降りてきた強豪との試合が見たい。

廣野選手、うーんさすがにフェザーはきついのでは?発表体重も57kgだし。(フェザーは60kg契約)

【第7試合】ライトヘビー級 5分3R
△竹内 出(日本/SHOOTO GYM K'z FACTORY)1:0(30:27竹内、28:28×2) 
△マルタイン・デ・ヨング(オランダ/NTL修斗マルタイン道場)

1R
竹内のタックルを捌いてマルタインがパンチ当てる。首相撲からはヒザ。これもやや当たる。
竹内低空タックルでテイクダウン。マルタイン下から激しくパンチ。フックやチョップを打ちまくる。
これが随分当たり、竹内の顔が腫れ上がる。竹内はかついでパス狙うも担ぎきれず、じん返しに行くことも
出来ず。竹内アキレス狙い、マルタイン上に、竹内下からヒール狙い。マルタインは逃げる。竹内タックル。
マルタインは飛びついてギロチン。竹内は難なく頭抜いてインサイドからパンチ。

2R
竹内コーナーに詰めて足かけテイクダウン。マルタインは足利かす。竹内何度もかつぎを狙うが、不発。
竹内上からパンチ。マルタインは下からパンチや蹴り。このラウンドはやや単調に。コーナーの差し合い
ではマルタインの腕が例によってロープにかかりそうになるが(^-^;)、厳しく鈴木レフリーのチェックが
入る(笑)。

3R
竹内タックルでテイクダウン。そのままマウント奪取。パンチ連打するも、マルタインガッチリ両腕で
顔面をガードし決定的なパンチを打たせない。竹内もいまいち強い、いいパンチを入れられない。
みえみえの十字狙いは不発。とうとうマウントで強いダメージを与えられず、展開のないまま
最後サイドに回ってハーフになり終了。

ドローの判定に会場からは驚きの声があがる。僕も絶対テイクダウンを続けた竹内選手の勝利だと思った。
だけど、どうやら審判はマルタインの下からの打撃を評価したらしい。確かに僕は最後尾の席のため
竹内選手の顔の腫れ具合は分からなかった。近くで見た人に聞くと、ドローは妥当との意見が多い。
やはりある程度は近くで見ないと駄目だなって思った。
まあ審判同士で3ポイントも評価が分かれるのはちょっと問題だけど。

うーん二人とも弱い選手じゃないんだけど・・・。とにかくこのカードはもういいでしょ。


【第8試合】フェザー級チャンピオンシップ 5分3R
×〈フェザー級チャンピオン〉マモル(日本/シューティングジム横浜)
1R腕ひしぎ三角固め(?)
○〈フェザー級2位〉大石真丈(日本/SHOOTO GYM K'z FACTORY)

大石は普通の白いパーカーを着て登場。マモルは新調した黒いフード付きガウンでベルトを肩から下げ入場。

マモル鋭いジャブを放つ。組んで大石ロープに押し込む。差し合いからマモルは得意のヒザをボディ、
顔面へと突き上げる。離れた二人だが、すかさず大石がタックル!腰の強いマモルに完璧に決まって
テイクダウン!マモルはガード。マモルは下から大石の右腕を脇に抱えるが、大石はその腕を返して
上から腕ひしぎ腕がための体勢に。かなり腕に圧力を掛ける。マモルが腕を極められ体勢が崩れたところを
一気にパスし、あっという間にまたいで自分が下になり三角締めの体勢に!すぐ腕ひしぎ三角固めの体勢
になり、マモルは腕をクラッチして耐える。マモルは倒され、ほぼ同時に腕が伸びる!
マモルは力無くタップ。会場爆発!例によってK’z勢リングになだれ込み大騒ぎ。
大石選手の胴上げが始まる。

大石選手にベルトが、そして勝利者賞としてデビロックからリング(マモルが勝つのを想定して作成との噂
あり(^-^;))が送られる。
インタビューが始まると、感動がこみ上げてきた大石さんは感涙の涙を見せ始める。
インタビュー内容は
「上手くいきすぎました」「フェザーに落として本当に良かった」
「お世話になった人一人一人の顔が浮かんできました」
「ベルトを取ったことで皆さんに恩返しができてよかった」
「三角は実は得意。バレットにやられたときから研究してた」
「減量がキツイので先のことは分からない」といった感じ。
いやーこっちまでもらい泣きしそうな感動のインタビュー。最高だった。
とうとうK’zに念願の王者が。ずっと期待され続けていたK’z初の王者はルミナでも巽でも植松でも
秋本でも勝田でもなく、いぶし銀と言われ続けた、ヂャッカル柔術師範の大石さんだった。

それにしても大石さん強かった。圧倒的な寝技の力。まあタックルをあっさり決めた時点で大石さんの
ペースだったんだろう。フェザーに降りてきてから3試合とも圧勝。爆発的な強さ。
減量が厳しいため引退も近い?なんて噂もあるけど、まだまだその凄まじい極めっぷりを見せつけて
欲しい。

マモルは初の敗戦。しかも完敗。こんな負け方をするとは意外だった。短期決戦だとパワーの差が出たか。
とにかくあっさりテイクダウンを取られた時点でいつものマモルの試合じゃなかった。
まあ若いんで一回り大きくなって、強くなって復活を期待。

今後のフェザー級戦線に関しては11/26下北大会も書いてからコメントかな。

11/26下北も個人的には凄く良かった。そして年末のNKももうすぐです。
こころから楽しみな大会が近づいてきました。いろいろ準備、他の観戦記等忙しいんですが(^-^;)。




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ