速報観戦記
■団体:アルシオン
■日時:2001年11月25日
■会場:東京ベイNKホール
■書き手:ALOHA♪HAWAII(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

11/25 アルシオン 東京ベイNKホール速報
観客は最終的にアリーナ8割強、2階席3割弱。こんなモノでしょう。
第1試合 <アルシオン 対 JWP ヤングファイト>
高瀬玲奈
vs
米山香織×
(JWP)
(5分00秒 ジャーマン→ジャックナイフ崩れ→腕十字)
高瀬はJWPからの夜逃げ者、米山はアルシオン入門試験の失格者のねじれ因縁対決。
現状では、環境の違い(巡業&道場が高瀬は有、米山は無)からの経験の差が表れ、
スムーズでは高瀬が上。腕十字も上出来。
試合後米山は先輩春山にもあたる。なかなかよろしい。
第2試合 <アルシオン 対 JWP ヤングファイト>
×山縣優
vs
倉垣翼
(JWP)
(6分17秒 ムーンサルトプレス→片エビ固め)
倉垣は好きなんだけれど、私的にはラリアットに頼りは正直気に入らない。
試合はそれほど白熱もしないで、最後はムーサルトプレスでピン。
第3試合 <世界最小タッグ戦・It's a Small World>
baby A
 チャパリータASARI
vs
PIKO 
PIKA×
(6分17秒 スーパーデジャブ→スモールパッケージホールド)
baby-AはたぶんLL出身の和田部じゃないかと思われるが、この変身は大成功。
フィニッシュはあの大技デジャブをさらにスケールアップ4回転ぐらいしてのスーパーデジャブ。
たぶん巡業では、観客を沸かせることは間違いなし。
でかい人達のLLをやめて良かったね。
第4試合  <ニューヨーク救済募金アメリカン・エイド>
バイオニック・J
vs
デビーマレンコ
(5分00秒 時間切れ)
ゴング前「6年ぶりの試合です」と云うアナウンス有り、
つまり「大目に見てね」と云うことか、
流石に6年ぶりと云うことで関節技に行く動きも今ひとつだけれど、
わざわざアメリカからデピーを招いたロッシュの狙いはこの試合ではないから、
まぁこんなものでしょう
第5試合 <BLACK & WHITE バトルビーナス>
×藤田 愛
vs
日向あずみ
(JWP)
(9分16秒 延髄ニードロップ→片エビ固め)
先日ボクシングの試合に出た愛ちゃんは、当然ボクシングギミックでOFグローブを着用。
ただ以前から気掛かりだった技の不正確さは消えて、串刺しの側転エルボーは綺麗に決まった。
よほど練習したのでしょう。
逆に日向はフックでダウンした後の“カウント9立ち”が1秒タイミングが悪くて、
10カウント入ったように立ってしまった。なれないことは急には出来ないか。
それでも日向は愛ちゃんのファイアーバードをスカして延髄ニーでピン。
第6試合 <P☆MIX バトルファミリー>
noki-A
 Men's noki-A
vs
ファビー・アパッチェ 
グランアパッチェ×
(9分00秒 トルネードA2発→片エビ固め)
試合前は「MEN'Snoki-Aとは誰?」と云う話題の方が先行気味だったけれど、
試合開始後はアパッチェ・ファミリーの独壇場。
親子の連携ではねつきパワーボム等を決める辺りは
さすが本場のルチャドーラー。
逆に現在売り出し中noki−Aが霞んでしまった(涙)
第7試合 <THE ARSION LOVE>
大向美智子
vs
長谷川咲恵×
(シャイニング・ウィザード→片エビ固め)
大量の白いテープが投げ込まれて、長谷川咲恵は大人気。
たぶん長谷川見たさに2割は客が増えたでしょう。
ロッシュの狙い大的中。試合はローリングソバット、
ダブルアームスープレックス、裏投げと往年の技を大公開
そのうえ、大向が場外にいる間に、デピーが乱入、
そのままスタイナー兄弟ばりにワンワンポーズを決め。
当時のファンには涙ものだったらしい(私は最近のファンなので)
たぶんデピーの来日の目的は試合よりこっちの方かな?
第8試合 <ReDRUG 対 猛武闘賊 in NK>
×GAMI
 玉田凛映
vs
三田英津子
下田美馬 
(18分52秒 デスバレー×2→片エビ固め)
なぜか全女の事務所に眠っていたベルトと、
急遽GAMIが持参した300万円争奪のタッグ試合。
細かい点は置いといて、GAMIの凶器として
強化メガホンがレフェリー笹垣に誤爆、再起不能の間に、
玉田はジャーマンで三田を幻のスリーカウント、
その後ブレージングチョップでフラフラながらレフェリーが復活3カウント。
さすが職人レフェリー。
試合後GAMIが300万円は往生際悪くメイン勝者に
出かけることに(GAMIは“ライオネル”に)
セミファイナル <LEGEND OF GOLD 2001>
×吉田万里子
(アルシオンエグゼクティブ)
vs
豊田真奈美
(全日本女子プロレス)
(17分20秒 変形ボム→片エビ固め)
生ける伝説の豊田がアルシマットに初登場。やはり華がある。
アルシマットなのに歓声も多く、ピンチには豊田コールが起きる。
試合は吉田の必殺技のエアレイドクラッシュ×2、クモ絡み×2を決めるが、
豊田はそのクモ絡みを担いで凌ぐ。
そんな逃げ方したのは豊田が初めて。さすが生ける伝説である。
試合後、吉田「組みませんか?」豊田「全女に来い!」
両団体は提携開始したみたい。
メインイベント <クイーン・オブ・アルシオン・タイトルマッチ>
〈チャンピオン〉
×浜田文子
vs
〈チャレンジャー〉
ライオネス飛鳥
(18分51秒 LSDIII→片エビ固め)
浜田が6度目の防衛に失敗。飛鳥が第四代王者になる。
文子は去年の年末にタイトルを取って以来、タイトル戦では勝ち続けているが、
私的には評価の高い試合はなかった。
今回はアジャ以来の大物、飛鳥である。
試合は飛鳥が文子の得意技アイコノクラズムを出せば文子も同じ技で返すといった
意地の張り合いも見られなかなか面白い。
最後は飛鳥の必殺技、LSDで飛鳥がピン。
試合後「これから現役の2年間私は文子に負けることはない」と宣言。
report by ALOHA♪HAWAII



本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ