なが〜〜い夜 高田道場祭り不発!!
■団体:PRIDE17
■日時:2001年11月3日
■会場:東京ドーム
■書き手:taka (ex:dogday afternoon

11月3日(土)
「PRIDE17」
東京ドーム
開始17:00
 小川vs高田が実現したらチケットを買う予定だった今回の東京ドーム。
結局ミルコ戦に落ち着いてまあテレビ観戦でもいいか・・と思っていた矢先、
観戦記ネットのチケプレが。まさか当選すると思わずに応募してみたところ、
メールを送った翌朝当選の知らせが!スポナビさん、品川さん他観戦記ネットの関係者のみなさんありがとう!
 さて、昨年5月のトーナメント決勝戦以来久々の東京ドーム大会となった今回の「PRIDE17」。
前回が桜庭大ブレイクの舞台となっただけにここ1年程で急激に増えたであろう桜庭ファン、そして1年ぶりのリングに立つ高田延彦の応援に駆けつけたファンがドームを埋め尽くしのか試合開始時間には上までギッシリ。
 オープニングセレモニーで選手がそれぞれの国の国旗を纏ってリング上に。そして選手の紹介、やはり桜庭への声援は凄まじい。ちなみに相手のシウバと開場前に後楽園ホール下のエレベーター前で遭遇したんだが余裕の笑顔でファンの間をすり抜けてドームへ向かって行った。それだけ返り討ちに自信がありということか。こちらも大声援。
そして最後に高田をコール、ここで早くも場内沸点に達する大ヒート。リング上から大爆発(?)が起こりオープニング終了。あんなのドーム内でやっていいんでしょうか?だったらピンクフロイドも呼んでくれよ。でもプライドだからいいんでしょう。ハイ。

第1試合  ○ヘンゾ・グレイシー(3R判定 3−0)小原道由×
プライド初出陣の小原。ここはあっさり秒殺されるか大健闘か、どちらにしてもオープニングマッチにふさわしく観客をヒートさせて掴みはOK、というのがマッチメーク側の目論見でしょうか。がんばれ実家近くの数少ない有名人、小原!(笑)
しかし開始から最後までヘンゾのプレッシャーの前に前に出れず、何もできず。グラウンドになって小原がどんな技術を披露するのか見たかっただけに残念。負けてなんとも言えない表情の小原に退場途中スタンドから大ブーイング!対照的にヘンゾは久々勝利でグレイシー・スマイル(?)。小原にはもうチャンス来ないだろうなぁ。。。

第2試合  ○クイントン‘ランペイジ’ジャクソン(1R1分52秒KO)石川雄規×
前の試合が早くもトイレタイムになったのを感じ取ったか情念社長。ゴングと同時にいきなりラッシュ。ジャクソンも当然打ち合う、これだよこれ!しかしロープ際でジャクソンまたしても得意の力技で持ち上げて叩きつける。その後ドリルアホールパイルドライバーに?!これは失敗、でもあれはパワーボムじゃないよ絶対。グラウンドになるとヒザ、もはやなす術無しの社長立ちあがるもヒザ蹴りから右、左のワンツーで玉砕。しかし単純に面白い試合でした。ジャクソンさん、次はアイブルを制裁してください。

第3試合 ○ダン・ヘンダーソン(3R判定2−1)ムリーノ・ニンジャ×
どれをとってもメイン級と謳ってる割に随分マニアックなカード、これが以外と面白かった。常に上になるニンジャ、しかし3Rダンが怒涛のパンチ!金的でイエローもらったとはいえニンジャの勝ちでもよかったような。
 
ここでホイス登場、かつてのむっつり顔が嘘の様にニコニコ営業スマイル。
「私は引退していません、繰り返します私は引退していません」
2回言いました。わかってます。

第4試合 ○セーム・シュルト(1R2分18秒KO)佐竹雅昭×
佐竹のことを「マチャアキ」って呼んでる人いないのかな?それはそうと(笑)前回のプライド16でシュルトvsボブチャンチンが組まれてただけに今回に期待してた人も多いようですが今回シュルトにとってボブ戦へのシュミレーションになるか?それにしてもシュルトでかいなぁ〜佐竹でさえ小さく見える。試合はシュルトが前蹴りを飛ばし佐竹全く懐に入れず、その前蹴りが金的に入り中断。佐竹ほど金的で股間押さえるのが似合う人はいないとふと思う。再開後コーナーに詰められて左前蹴り、パンチでKOでシュルト勝利。

第5試合 ○マリオ・スペーヒー(1R2分52秒肩固め)イゴール・ボブチャンチン×
なぜかリングアナに談志師匠が登場、後ろの客「客の6割はあんな奴知らないよ」そんなわけあるか?!でも最初誰だかわからんカッタ。コロシアム2000で金原相手にしつこいグランドを見せたマリオ、いきなり高速タップもとい、タックル!しかしボブチャンチンも踏ん張る!片足に切り替えて倒すマリオ、上になられたボブチャンチン、バンソウ膏が剥がれてかなり出血。マリオ足を絡めて肩固めに入るとボブチャンチンあっさりタップ。ボブ初のタップアウト。マリオ強い!さすがトップチームのドンでした。

20分の休憩を挟んで猪木登場、かと思いきやいきなりジャパメタ歌謡曲風バンド登場
観客の反応はまるで無し。演奏が終わると猪木登場!さすがに猪木コールもだんだん飽きてきたような。。。。この猪木タイムが長い、長かった!
詩の朗読(夏休みの日記風味)から始まり、パラオ大統領、清原にビンタ、K−1石井館長・サムグレコ登場、ドーム仕様で盛りだくさんにしたは良いがさすがにダレた。サムグレコのコメント「猪木軍対K−1」を通訳が「猪木対台湾」と訳して場内失笑。

第6試合 ○トム・エリクソン(1R1分11秒ギロチンチョーク)マット・スケルトン×
K−1vsプライドとはいえ素人目には今一つ意味不明のこの試合、エリクソンがいきなりタックルからパワーでフロントスープレックスぎみにぶっ倒す。上になるとスケルトンタップ。遠目にはなにしてるのかさっぱり確認できず。どうやらコブラクローみたいに首絞めて勝利。あんなことしていいのか?!エリクソンにはプライドの選手とやって欲しいな。

第7試合 △高田延彦(3R延長2Rドロー)ミルコ・クロコップ△
入場時、怒涛の大高田コール。何度裏切られてもやっぱりみんな高田に期待しちゃうところが凄い。まああれだけのこと言って今回のプライドを煽ってきただけに声援しないわけにはいかないか。緊張感漂う1R、期待を背に見事な片足タックル!こりゃいけるかも?!
再び大高田コール。腿へのヒザ打ち(1回だけ)にも恒例の掛け声を合わせる盛りあがりよう。しかしここから高田攻め手が無い!それに3分は短いなぁ。2R、タックルに繰り返しチャレンジの高田だがミルコはことごとくそれを切る。きられてあお向けにダウンを繰り返す高田。場内1Rの声援から徐々にブーイングに変わる。ミルコも戸惑うばかり。3Rも同じ展開で延長へ、このあたりからこれはドローか、の嫌な予感が現実に。観客も自分から寝る高田にブーイングの嵐。結局展開変わらずにドロー。試合終了と同時に小原以上の大ブーイング。ミルコも高田の握手拒否。う〜む相手の領域に入る気が無いのならなんで自分から志願してミルコとやろうなんて思ったんだ?!はっきり言ってやっぱり期待しないほうが良かった。今後どんな試合に出場しようともうあの大高田コールは2度と無いでしょう…といいつつまた期待しちゃったりして。。。

第8試合 ○アントニオホドリゴノゲイラ(3R判定3−0)ヒース・ヒーリング×
初代PRIDEヘビー級王者決定戦、ノゲイラの寝技をヒ−リングがどれだけ凌げるか、という目で見ていた観客が多かっただけに思いっきり期待に応えて攻めまくりのノゲイラ凌ぎまくりのヒーリング、という展開に。ヒーリングとしたら打撃に活路を見出すか。ところがスタンドでもノゲイラ圧倒、まったく隙無し。しかし決められかけては必死に逃げるヒーリングに場内大喝采。ビジョンに映った石橋貴明も拍手。だが結局攻めてるのはノゲイラだけにヒーリングに勝ち目無し。判定は3−0で当然ノゲイラで初代王者に。
その前が消化不良の試合だっただけに判定とはいえ素晴らしい試合をした両者に惜しみない拍手!自分としてはヒーリングに勝って欲しかったが結果的にスキルアップとなっただけに次以降に期待。

第9試合 ○ヴァンダレイ・シウバ(1R終了ドクターストップ)桜庭和志×
このあたりでいい加減疲れてきた。前の試合で集中力使い果たしてるし、やっぱり9試合は多すぎ!こんな時間(すでに10時)に試合に登場する2人は大変だろうなぁ。
桜庭久々にコスプレ入場、カブキかと思ったらムタの鎖帷子風マスク。それを取ると狐みたいな面が。さらにそれも取って毒霧噴射〜!!疲れた場内もドッと沸く。明治生命スペシャルマッチということでとんねるず石橋が花束を贈呈。さすがにボケないな。
1R、桜庭のタックルでやはりあっさり桜庭リベンジか?のムードもシウバグラウンドで必死に防御。さすが乗ってるシュートボクセ勢。1R終盤で桜庭首に腕を回す。そのまま立ちあがるシウバ、しかし桜庭そのままネックロック そこでシウバがジャクソンばりに持ち上げてマットへ叩きつける。グラウンドの状態でそのまま1R終了。
やはりシウバ強い、前回の勝利はフロッグじゃなかった。さあ2R、というところで客席から「え?脱臼?!」の声。唐突にゴングが鳴りシウバがガッツポーズ!んんん〜?!
紙ふぶきが空しくリング上から炸裂もまだ大半の客は何が起きたかわからない。
アナウンスでようやく事態は飲み込めたものの静まり返る呆然とした場内、そんなムード全く無視するかのようにインタビューをどうぞの声。敗者桜庭がマイクを握って「すいません期待に…(涙で途切れる)」対照的にシウバ陣営おおはしゃぎ。
アクシデントとはいえ桜庭のリベンジが義務付けられたハッピーエンドで終わるべき大会だっただけに後味の悪さは否めない。桜庭は、プライドはこれからいったいど〜〜なってしまうのか?!(ガチンコ風に)

総評
約1年半ぶりの東京ドーム大会、今年最大のイベントだったが故全9試合、バンドやゲストもありと盛りだくさんの内容でしたがさすがに5時間半というのは長すぎて後半はぐったり。ちなみに友人はPPVビデオ録画が桜庭の試合までで切れていて泣いてました。入退場は盛りあがる場面とはいえ時間がかかり過ぎなのがたまにキズですね。
あとやっぱり今回は猪木劇場が長すぎた!!




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ