リングはやっぱりグラバカのもの
■団体:PANCRASE
■日時:2001年10月30日
■会場:後楽園ホール
■書き手:ライターT

「このリングは誰のものだ!?」って、やる前からどうせグラバカのものになるんだろ、という気分で向かった後楽園ホール。会場の入りは猪木も文句のつけようがない超満員。美濃輪なり菊田なりの最近のハジけっぷりを考えれば、当然の結果か。そういえば、菊田が底力を見せた、対ブスタマンチ戦はちょうど1年前。あれから、1年でグラバカもデカくなった。そんな感慨にふけりながら、最近恒例になっている試合前のサイン会を横目に。謙吾の前だけガラガラなのも、もう恒例か。まるでさらし者のようで、気の毒になる。当然、一番人気は美濃輪と菊田。



大石 幸史(パンクラス横浜)vsミック・グリーン(パンクラス・オーストラリア)
 さて、ほぼ定刻に始まった第一試合。大石、アマレスタイツで登場。ちょっとだけ沸く観衆。大石がタックルに入ってテイクダウン。上になるも決めきれず、ブレイク。再びテイクダウン。決めきれずブレイク……。その繰り返しで2R終了。判定2-0で大石は妥当なところか。が、大石に期待していた人も多いはず。大器の片鱗は垣間見せたものの、ブレイクの予感を感じさせるには至らず。


佐藤 光留(パンクラス横浜)vs岩崎 英明(ストライプル)
 大石再デビュー戦、KOPタイトル戦、グラバカ対東京・横浜道場に囲まれて辛い立場の第2試合。この試合に意義を見いだすのは難しい……。カード的にも膠着の匂いが香ってくるし……。ヒカルが、入場の時に白いマントを付けてきたところまでが、見どころだったのか。岩崎も上になってもしたになってもヒカルを崩せず。いつの間にか、鼻血を出してるヒカル。いつも通り入場以外で観衆を沸かせないヒカル。KOされてるヒカル。鼻血だしながらの派手なフィニッシュながら観客の反応薄し。


冨宅 飛駈(パンクラス東京)vs三崎 和雄(パンクラスGRABAKA)
 観客のほとんどがお目当てだったはずの対抗戦がいよいよ。とはいえ、正直、前半3試合はつまらない試合になる予感もあった。が、伊藤の欠場で代役・冨家登場! これでちょっと楽しみが増えた。こないだのヌル〜い旗揚げルールでのみのる戦を除けば1年半ぶりの公式戦。その間にガラッと様変わりしたパンクラスマットに、冨家がどう対応するのか?(というか、どれだけ対応できないものなのか?) そんな視点で見ようかなと……思った頃には冨家、完全にのびていました。三崎の右パンチ一発。矢野対石井の6秒決着こそ更新できなかったものの、それにせまる8秒決着! ある意味、冨家のプロ意識に脱帽。それにしても、旗揚げメンバーの稲垣、冨家、高橋、鈴木。そろそろ……。



窪田 幸生(パンクラス横浜)vs石川 英司(パンクラスGRABAKA)
 試合前にはグラバカのメンバーにすら、あいつは負ける……と酷評されていた石川。誰も期待してない窪田。勝敗以外はどうでもいい、と思っていたが、実際たいして見るべき点のない試合に。寝ても立っても劣勢な窪田。こりゃ判定で石川か、と思った瞬間、窪田のヒザが。まさかの逆転劇で、いちおうは盛り上がる観客。くぼたーっ!と叫ぶ女性客。それにやり返すグラバカ支持派。客席も熱いなぁと思いながら、トイレに立つと先の女性客が自分のサイフを階段に投げつけ怒りをぶつけてた。本当に熱いなぁ、最近のパンクラス。


渡辺 大介(パンクラス横浜)vs佐藤 光芳(パンクラスGRABAKA)
 渡辺はハートは良いんだけど、試合内容も悪くないんだけど結果が追いつかない。今日はブレイクのチャンスだろと思ったのだが、1Rは圧倒的に佐藤。テイクダウンから上になって攻める。2R、佐藤のスタミナ切れか、やや膠着した展開に。3R。……3Rのはずがラウンドガールが持ってるのは2Rの表示。この辺のヌルさ加減は、かつての名残か。とにかく3R。2人ともかなり疲れてる様子。打撃の攻防で汗が飛び散る。ラスト1分くらいから、スタミナ切れで上になっても抑えきれないのか、最後の死力を振り絞ってるのか、スウィープしあって、クルクルと真撃のUWFルールよりUWFらしい攻防。渡辺が返すと大歓声。佐藤が上になっても小歓声。場内は7:3くらいで東京・横浜連合派か。判定は佐藤・渡辺・ドローが1人ずつ。トータルでは佐藤だと思ったのだが。


石井 大輔(パンクラス東京)vs佐々木 有生(パンクラスGRABAKA)(パンクラスGRABAKA/10位)
 休憩挟んでいよいよ副将戦。パンチの石井とグラップリングバカの佐々木。色分けハッキリなだけに、興味深し。やっぱり打撃で勝負をかける石井。足を取ってテイクダウンする佐々木。逃げる石井。猪木アリ状態もすぐにブレイクされ、再びスタンドに。さて、佐々木がどうテイクダウンするか、というところにハイキック一閃。ほぼこれで勝負が決まっていたと思うが、ダウンは取らない。すぐにマウントパンチからサイドに回って腕ひしぎ。佐々木の強さ際立つ。大人しそうな佐々木がマイク取って美濃輪との再戦をアピール。この日の試合を見る限り、今度やったら美濃輪やばそう。つーか、これで、グラバカの2勝1敗1分。もう、負けはなくなったのね。


KEI 山宮(パンクラス東京)vs郷野 聡寛(Team GRABAKA)
 いよいよ実質メイン。山宮が入ってくるなり(対抗戦はすべてグラバカ→東京・横浜の入場順でした)、近寄ってガンをつける。山宮もにらみ返そうとするが、いまいちきまらない。レフェリーチェックの間もガンとばす郷野。今日初めての、いかにも対抗戦という雰囲気。山宮は、タックルを封印してパンチ一本にかける。郷野はナメまくりの態度でやり返す。舌をだしたり、ノーガードになったり、効いてないという態度をとったり。挙げ句、カエル跳びアッパーみたいなパンチを繰り出したり。セコンドの鈴木もイライラするのか、こころもち声がでかい。何発か郷野のいいパンチがはいって1R終了。インターバルの間も座らずにリングをウロウロ、余裕を見せつける郷野。ラウンドガールが仕事しずらそう。2Rも同じようなスタンド中心の展開。コーナーに詰めて郷野が肩パンチ。いい感じで当たってるけど、あれって効くの? 徐々に山宮のパンチもはいりはじめ、郷野ちょっと焦ってる? 3R、グラウンドの攻防も郷野が圧倒。バックを取ってチョークにはいるも決めきれず。あれだけ余裕見せて判定は格好悪いぞ。ラスト10秒、郷野がテイクダウン、すぐにパスガード・してマウント。パンチを顔面に振り上げたところでゴング。判定は言わずもがなの郷野。

 オィオィオィ!をつかみに郷野の小川バリのマイクアピールで、菊田・郷野・佐々木とブラジリアントップチームの対抗戦を尾崎社長に直訴。所在なげに、冷ややかな目で見つめるパンクラス連合(みのる中心に)。パンクラス本体の反攻はあるのか!? 今日の試合を見る限り、実力差は小さくない。大石もいまいちだったし……。ヤバイぞ、パンクラス本体! と、ここで締めれば良い興行だったと総括できるのだろうが、この後にもう1試合。ここで帰る客もチラホラと。そりゃ、そうだ。去年の12月武道館もそうだったが、タイトルマッチだから必ずメイン、というのも正しいんだろうけど、今日ばかりはやる選手がかわいそうだ。


ネイサン・マーコート(コロラド・スターズ)
vs星野 勇二(RJW/CENTRAL)
 対抗戦が白熱しすぎたせいか、正直寝てしまった。起きたら、星野がテイクダウンを奪って、速攻でネイサンの三角が決まっていた。これで、12月は国奧対ネイサンか……。前回の挑戦からちょうど1年。あれから、負けてこそいないものの、大した相手と戦ってない国奧がなんで!?という気分は抑えきれないのだが……。



 今日は最近のパンクラスの勢いを加速する良い興行だったのでは? ただ、修斗で勢い落ちていた郷野がいきなり風雲児になってしまうあたりに、パンクラスのレベルって……という一抹の不安を感じなくもない。郷野もフリーなんだから、プライドあがってムリロ・ニンジャにキッチリ落とし前を付けるくらいの意気込みが欲しいのだが(ムリかな?)。




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ