パンクラスの勢いここにあり。
■団体:PANCRASE
■日時:2001年10月30日
■会場:後楽園ホール
■書き手:ほいほい@爆発 (ex:爆発!場外乱闘王

正直いって、ここまでお客が入るとは思ってなかった。
それは、ここ最近のパンクラス、菊田と美濃輪による効果が大きいと思っていたから。
その主軸である両選手が出ない今大会で満員。
今更ながら、パンクラスの勢いが本物だったという事を痛感した。
人気のあるGRABAKAが大挙して参戦というのも大きな影響があった事は確かだと思いますけど(笑)



第1試合 大石幸史vsミック・グリーン

RJWからパンクラス横浜へ移籍した大石。
即デビューせず、きちんと新弟子としての入団はちょいと好感がもてる。
今のパンクラスは大石のような下地がちゃんと出来て即戦力となる選手を新弟子として扱えるほど、
層が厚くなっているという事か。
レスリング力が上な大石。タックルで常に上のポジションをキープ。
しかし、手数はグリーンの方が多い。
その差が出たのか判定は2−1。
何だか…久しぶりに第1試合らしい第1試合を見たような気がする。

○大石(2R終了判定 2−0)×グリーン



第2試合 佐藤光留vs岩崎英明

白いマントを着て入場の光留クン。
キャラは立ってるから必要なのは実力だよなぁ。一番重要なそれが…いまいち。
岩崎はジャブで牽制してから、タックル、そして引き込むようにグラウンドへ。
全くといって言い程、主導権を握れない光留クン。
スタンドでパンチを当てるものの単発で終わり…最後は岩崎のパンチの連打に散る。
まだまだ弱いなぁ…光留クン。
パンクラスの若手の成長度合いが低いのは何でなんだろ?(笑)

○岩崎(2R 4分20秒 K・O)×光留



第3試合 三崎和雄vs冨家飛駈

急遽出場となった冨家。
現在のパンクラスルール初体験。
一方の今年度ネオブラ王者の三崎は、菊田、山崎を従えて入場。
試合前からはやる三崎に、どこかオドオドした感のある冨家。
ゴング前から勝敗は見えてました…。
開始すぐ三崎のパンチラッシュに見事轟沈した冨家。
えらい現実を見せつけられたようで、リング上にはちょっとしたもの悲しさが残る。
ちょっと切ない試合でした。

○三崎(1R 0分08秒 K・O)×冨家



第4試合 石川英司vs窪田幸生

パンクラスの膠着大王窪田に、ねちっこい試合をする石川。
奇跡というか…危険過ぎる遭遇。
だが、それは過去の選手がしてきた試合の幻影に過ぎない。
1日前、いや1時間、1分前はもう過去。
今は新しい自分がそこに立っている。
予想とは全く裏腹な両者アグレッシブな展開。
タックル、差し合い、ポジショニング、どれにしても白熱の攻防。
そんな白熱の攻防はタックルにいった石川の頭にヒザを当てた窪田の手によって終止符が打たれる。
何とか汚名返上の機会を得た窪田が、勝利の喜びを身体中で表現する。
そして、マイクを持つとお決まりになりつつあるDEEPの宣伝。
「パンクラスの選手はこんな試合でいいのか?」と言った坂田と対戦。
今日も以前のような試合をしていたらこう言われていただろう。
でも今日は違った。坂田はDEEPでこんな試合を体験するのか…非常に興味深い。

○窪田(2R 0分56秒 K・O)×石川



第5試合 佐藤光芳vs渡辺大介

強いけど地味ぃ〜な光芳。
パンクラスのドアマン…もとい門番では荷が重いと思っていたのですが。
意外や意外。佐藤のタックルをこらえ、ちょこちょこと打撃を当てて行く。
ポジショニングでも大健闘を見せ、スイープ合戦まで演じる。
強い佐藤にくらいついていく門番に大声援。
この声援判定があったせいか判定はドロー。
ソレガシは、佐藤の判定勝ちだと思ってたけど…まぁお互い決定打がなかったって事でOKか。
この試合、はっきり言って…むちゃくちゃ面白かった。
誰でも楽しめるような試合を心掛けるのは良い。
でも、こういう試合を楽しませるようにするっていうのも必要なんじゃないかな?

△光芳(3R終了判定 1−1)△渡辺



第6試合 佐々木有生vs石井大輔

打撃vs寝技という構図が簡単に見とれる。
勿論、それは主軸でありそれだけと見るのは安易過ぎるかも。
打撃で攻めようとする石井に対して、タックルを仕掛ける佐々木。
スクートポジションになるがブレイク。
スタンドに戻ると、佐々木の左ハイキック一閃。
ぐらついた石井を追いかけ殴り倒すと上からパンチの連打。
すかさず逆十字にいき佐々木見事過ぎる1本勝ち。
この佐々木の勝ちっぷりにボス菊田もおおはしゃぎ。
緊迫したムード漂う良い試合でした。
今日の佐々木、むちゃくちゃカッコ良かったな。

○佐々木(1R 3分01秒 腕ひしぎ逆十字固め)×石井



第7試合 郷野聡寛vsKEI山宮

郷野、試合前から山宮を見下すように挑発。
試合中もノーガードで山宮を見下す。
こうなった時の郷野は強い。ふてぶてしさがにじみでている。
今回、郷野は試合を面白く見せよう見せようと色々考えていた様子。
1,2R終始スタンドで、お互い打撃を交換しながらも凄いプレッシャーをかける。
張り詰めるようなスタンドでの攻防。見入っちゃいました。
3R,反り投げでテイクダウンを奪った郷野。グラウンドでは格が上。
マウントを奪って堂々とアピール。
見事判定ながらも完勝してみせる。これまた憎々しげに毒づく。
「おいおいおいおい、前のパンクラスのチャンピオンこんなもんかよ。」
と郷野が言った瞬間、近藤がピクッと動いたのをソレガシは見逃さなかった(笑)
「この間、パンクラスの門番倒した時、美濃輪とやるのはまだ早いと言った人、目を覚まして下さい!
5vs5は無理だと思うんで、3vs3、ボスとオレと佐々木でブラジリアン・トップ・チームと対抗戦組んでください。」
何とまぁ…非現実的な事を…(笑)
今の郷野は本当に面白い。修斗にいた半年前とはまるで別人のよう。
これから、パンクラスだけじゃなく格闘技界全体を面白くしていきそうな重要人物。
それだけの実力と面白さは持ってるはず…。(過大評価し過ぎかな?)

○郷野(3R終了判定 3−0)×山宮



第8試合 ネイサン・マーコートvs星野勇二

大熱狂だった対抗戦の後を受けてタイトルマッチ。
といきたかったところですけど、熱狂し過ぎたせいもあってか、いまいち盛り上がらない。
疲れちゃったのかな?みんな。
打撃を出してからタックル、そして抑え込みという鉄板に近い攻めを見せる星野。
マーコートは、下から三角、逆十字狙い。
派手さはないが、ねっちりとした味わい深い攻防。
3R、テイクダウンを狙った星野、タックルで持ち上げる。
そして、落としたと同時にマーコートの三角が極まり、タップした星野は落ちてしまう。
これにより、12月のタイトルマッチはマーコートvs国奥。
パンクラスは何としてでも国奥にタイトルを取らせたいようで…。

○マーコート(3R 2分13秒 三角絞め)×星野

目玉のタイトルマッチがこれじゃ、文体は厳しいかなぁ?と思っていたら、近藤vs郷野が決定。
これは面白い。私的には郷野vs美濃輪見たかったんですけど、それに劣らない好カード。
このメンバーで、菊田、美濃輪も出場。
客を呼べる選手をフルで動員させて今年は有終の美を飾ろうとしているよう。
この日のパンクラスの勢いを見ると…文体の満員は間違いなさそう。
もしかしたら、チケットなくなる可能性もあるかも。
爆発的な勢いをものにして、来年も(気が早いですけど)突っ走っていきそうだ。




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ