闘龍門の小休止。
■団体:闘龍門
■日時:2001年10月28日
■会場:ディファ有明
■書き手:ほいほい@爆発 (ex:爆発!場外乱闘王

雨が降り交通の便が悪いディファ。
それでも客の入る闘龍門。これほど、毎回満員になる団体ってそうはないんじゃないですか?
とは言え、今日の興行は今までとは一味違う。
今シリーズは欠場者が多い。CIMA、SUWAに始まり、神田、チョコ、TARU。
前述の二人以外は、連戦での負傷欠場。
特にM2Kはフル回転、1日2試合なんてざら。望享は3試合したりもしてたんですから。
それに+αで乱入のお仕事まである。これはハードだ…。
T2Pが来た事で多少選手層に厚みが出てきたにも関わらず…。
そういう安心感みたいなのが生み出した産物なのかもしれないですけど(笑)
飛車、角の抜けた感のある今日の興行。残ったメンバーでどれだけ盛り上げられるのか?
それが、一番の興味の対象だった。

まず最初に登場したのが、TARUとフジのチープ感漂うC-MAX。
怪我で欠場中のTARUは、バットを杖代わりにしながら、苦しそうな表情で…。
「オイッスゥー。え〜、先日のPRIDE怪我をしてしまい、医者にみせたところ…。」
TARUがぼけるとフジが突っ込む。こんなC-MAXにルードの匂いは微塵もない。
ここで強力な助っ人として、TARUシートを呼び出す。ホントにちっちゃいな。
ルードでもなければリンピオでもない。さびれたお笑いトリオのような感じだ。
ここでM2K登場。昨日、風邪で欠場したモッチー。首にコルセットをはめた神田。
チョコはいないし、クネスも一時怪我で欠場して復帰。みんなガタガタのようだ。
ガタガタついでと言っては何だが、マイクもいまいち冴えない。
こんなに低調で単調なMCは初めてだな。
そうこうしてると正規軍登場。今日は「逆両リンを仕掛けまぁ〜す。」とノリノリの坊主マグナム。
ここでモッチーが「そろそろ、フジ、了、堀口の抗争もいい加減見飽きた。だから、第1試合前に3WAYをやれよ。」
これにノリノリなフジ。了と堀口に試合をやろうと促す。
どうしてもやろうとしない二人にどうにか試合をやらせようと校長を呼び出し、第0試合として3WAY決定。
校長「モッチー。お前の言う通りにしたんだから、乱入はするなよ。」と念を押す。
が、うつむき答えようとしないモッチー(笑)
こういうモッチーの表情には惹きつけられるものがるよなぁ。
とまぁ、こんな感じでMC終了。う〜ん、大丈夫かな?テンションの低さが気に掛かる。


第0試合 ビッグ・フジvs斉藤了vs堀口元気

そんなMCでのテンションの低さは試合になると吹っ飛んでしまう。
やっぱり、この3人の絡みは面白い。
この前のディファでの堀口vs了、レフェリーフジっていうのも面白かったけど、あれとは違う面白さ。
テンポよくリズムよく、相手のスポットを奪いながら魅せていく。
今日は、堀口の動きが抜群に良い。
他の両者が盛りたてていると言ってしまえばそこまでだけど…斬れてるな。
途中でM2K乱入というお約束の流れ…リングアウトかな?と思ったけど、ちょっと一味違う。
カウントギリギリの所で、クネス、モッチーが堀口をリング内に入れる。
タナボタで堀口が勝ってしまった。
この光景を勝ち誇って見る神田「フジ、堀口に負けてやんの。情けねぇ〜。」
怪我してるにも関わらずよく働く神田。プロレスラーの鏡です(笑)

○堀口(6分18秒 リングアウト勝ち)×フジ×了



第1試合 堀口元気&リッキー・マルビンvsアパッチェ&新井健一郎

2試合連続の堀口。ぜぇ〜ぜぇ〜言いながらも頑張る頑張る。
マルビンと共に斬れの良い攻撃を披露。
でも、二人共受けに回るといまいちなんですよねぇ。
第1試合という重責を担い、きちんと観客を盛り上げて行く。
しかもハイレベルな攻防。キャリア2,3年の選手がする試合じゃありませんねぇ。
これが1年経つと見飽きた光景になり新しいものを求めるようになる。
そういう欲深い観客と対峙した時が、本当の勝負の時なんじゃないでしょうか…?
そんなこんな(笑)で堀口が久々のビーチブレイクを新健に炸裂させピン。
試合後、突っかかってきたアパッチェにもビーチブレイク。
それを見て文句を言って来たマルビンにもビーチブレイク。
堀口のヒールturnかな?
アパッチェ動けなくなり、校長まで駆けつけ、ストレッチャード・ジョブ。
これでSUWAも首やっちゃったから…ちょっとだけ心配。あの技は危ない。

○堀口(13分06秒 片エビ固め※ビーチブレイク)×新健



第2試合 ビッグ・フジvs三島来夢

三島来夢、T2Pの中で最も個性がなく華も感じられない選手。
最も、個性が強く出過ぎている感のある闘龍門の中では、個性がないのが個性になったりもする。
とは言ってみたものの…ふにゃふにゃしててよくわからない三島。
フジに一方的に攻められる。
よくある若手のしごきマッチの様相。
三島もコスチューム通り永田を意識した攻撃を繰り出す。
と、ゆっくりブルーボックス片手に乱入して来た神田。
フジに一撃加えた所に、三島がスクールボーイ。これでピンフォール勝ち。
良い試合した訳でもないのに、タナボタ勝利を喜びコーナーに駆けあがってアピールする三島。
どこか…ずれてるんだろうな。
神田「今度は三島にも負けて、2連敗。情けねぇ〜なぁ〜。」
それにしても、神田…首、大丈夫か?

○三島(10分52秒 スクールボーイ)×フジ



第3試合 SAITOvs近藤修司

さよならSAITOシリーズファイナル。
という事で今までにはなかったほどの物凄い量の紙テープが舞う。
間違いなく地味で目立たなかったけど…あの独自性のあるム〜ブはけっこう好きだったのにな。
受けも良かったし。
SAITOスペシャルを披露し、ヨーロッパスタイルの丸め込みで涙を誘う。
そして最後には近藤のスピアーからジャックハマーというゴールドバーグのパクリでピンフォール負け。
現実、下からの突き上げ(笑)で一層の涙を誘う。
SAITO「これは引退ではありません。僕は死ぬまでずっと闘龍門の一員です。」
ここでのっしのっしとモッチー登場。
「SAITO、ご苦労だったな。(微量な拍手)まぁ、でもプロレス界のさよならシリーズほどあてにならないものはないからな。
また帰ってこいよ。それよりも、岡村お前が辞めろよ。」
と言い放つと走って逃げるモッチー。それを追いかける岡村社長の図が可笑しかった。
SAITO…忘れた頃にマスクかぶって帰ってくるのかな?

○近藤(7分21秒 片エビ固め※ジャックハマー)×SAITO



第4試合 UWA世界6人タッグ選手権
マグナムTOKYO&ドラゴン・キッド&斉藤了vs望月成晃&望月享&ダークネス・ドラゴン

今現在のメンバーで出せる一番のカードなんじゃないでしょうか。
入場からして見所満載。
キッドのリングインを挑発するようにクネスがトップ・セカンドロープを開ける。
いやいや、そうじゃないでしょうと望享がセカンド・サードロープを開ける。
そうじゃないだろ、キッドはこう入るんだよ。と、モッチーがサードロープを開ける。
もう見慣れた感のあるマグナムの登場だが、待っているM2Kの面々が寝転がったり退屈そうにしたり、
そんなコントラストが面白い。M2Kが良い引き立て役となっている。
ゴング直後、マグナムがハイキック・バイアグラをモッチーに決めると宣言通り両リン狙いへ。
まだ両リンの何たるか?をわからない正規軍。タイミング早過ぎ、そしてもたつき過ぎ。
モッチーをエプロンに隠した神田がカウントギリギリでリングに戻す。
それを見たマグナムが慌てて戻る。とそこからはいつも通りのハイスパートな展開。
このスピード感こそ、闘龍門の真髄なのかもしれない。
初めて闘龍門の試合を見た時、はっきり言って…愕然とした。こ、こんなのあり?
めくるめく技の攻防と展開、それに驚きとりこになった。
それが段々と完成されてきている。旗揚げから見続けてきているけど飽きた事は1度もない。
それは見る者を飽きさせない為の努力、工夫が毎回見られるからなのではないかと。
終盤、大技ラッシュにキッドが捕まり、ダークネスボム(?)からダークネスバスターに繋ぎピン。
相変わらず、テンションが落ちる事のない素晴らしい試合。ホントに凄いわ。

○クネス(20分58秒 片エビ固め※ダークネスバスター)×キッド

ここでM2Kにリンチ(久しく聞かなかったなこの言葉)されている斉藤了を助けるべくフジが乱入。
「オレの斉藤了に手を出すな。」と、愛が通じた模様。
「オレともう1回タッグを組んで、M2Kをやっつけようじゃないか。」と抱き合う両者。
「ようし、それじゃぁ、大将のオレ自ら相手をしてやろう。」とモッチー。
「パートナーは神田といきたいところだけど、神田は1.5cm首がずれてるんだよ。だから復帰は無理だ。」
「でもなぁ、パートナーは考えてある。神田でもなければ享でもクネスでもない、ましてやチョコでもない。」
「そして、他団体の選手でもない。」と興味を誘うモッチーのマイク。
これにより、11月8日後楽園で自転車兄弟vsモッチー&Xが決定。
う〜む、SUWAか、堀口かな?

と、入場曲もナシでひっそりと足を引きずりながらCIMA登場。
やっぱり、この人がいないと華々しさに欠ける。
CIMA「オレは後楽園で復帰するよ。対戦相手は望月成晃お前が決めていい。」
モッチー「今日なんでチョコがここにいないかわかるか?今、山で修行してるんだよ。」
とチョコを指名。
校長が出てきて、間を持たせながらもすべてを容認。

いくらなんでもCIMAの復帰早過ぎると思うんですけど…。
見切り発車なのかな?
これにより、今年もハッピーエンドの予感がしてきた…。


さすがに今回は四苦八苦した模様。
それにしても、CIMAが抜けたのがこんなに影響するとはねぇ。
勿論、面白くなかったわけじゃないし、十分楽しめたんですけど、
いまいちピンと来ない感じがしたんですよねぇ。
ちょいと巡業に行き過ぎなんではないかい?(笑)
とりあえず、今は無理をしないで、選手に休みを与えて…万全の闘龍門を見せて欲しい。




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ