全日本プロレス観戦記。
■団体:全日本
■日時:2001年10月27日
■会場:日本武道館
■書き手:ほいほい@爆発 (ex:爆発!場外乱闘王

今日は、先日行われた真撃とは打って変わって、人の渦が出来あがっている。
新日本の選手の全日本の舞台での三冠戦。全日本とWARの対抗戦。
色々と話題に事欠かなかった今大会。
真撃と比較するのは失礼な話しかな?
7,8割の入り。
カードは入場時、または入場前に発表。
となかなか面白くさせてくれる。
武藤vs蝶野で切符がそこそこ売れたから、出来る業なんだろうなぁと…。
私的にはこういうのは大好きなんですよね。単純に誰が出てくるんだろう?って楽しめるので(笑)


第1試合 ジャイアント・キマラvsキム・ドク

う゛〜!?
大切な第1試合なのに…こんなカードで良いのか?
予想通り…キビキビとした展開になるはずもなく…。
1分近く、キマラがキム・ドクにショルダークローで攻めるという観客を殺しそうな勢いのスポットを披露。
ソレガシ、逝きかけました。
タラーンとした展開を打破出来るわけもなく、キマラのボディープレスでピン。
第1試合を軽んずべからず…ですね。

○キマラ(8分58秒 体固め※ボディープレス)×ドク



第2試合 田中将斗&土方隆司&平井伸和vsジョージ・ハインズ&ジョニー・スミス&宮本和志

今日は土方が大張きり。
キックで良い音を鳴らし、場内をちょっとだけ盛り上げる。
バトラーツが沈没して肩の荷がおりたのかな?
それぞれ遠慮気味の顔見せ程度の試合展開。
ほんのちょっとだけ頑張ってしまった平井。ハインズドライバーで撃沈。
みんな、この後の試合の事の方が大事だったのね…(笑)

○ハインズ(11分53秒 片エビ固め※ハインズドライバー)×平井



第3試合 長井&荒谷&奥村&相島vsウイリアムス&バートン&ロトンド&スティール

ここまで来ると…ホントにただの寄せ集め感が否めないですねぇ。
シングルが並び過ぎたせいで、こういう窮屈なマッチメイクになるのはわからないでもないけど。
何だか、あからさま過ぎ。
8人タッグにはあんまり慣れてないのか?それぞれ動きがギクシャク。
中でも圧巻だったのが、ウイリアムスと荒谷の絡み。
怖過ぎてもう目を覆いたくなる…。
この両者の遭遇は、どんな反則よりも危険だな(笑)
外人組の連係攻撃で相島(黒過ぎて気持ち悪いな)のフォール負け。
正真証明の消化試合…でこの試合の後、早くも休憩。
前半戦3試合は休憩みたいなものだったのになぁ。

○バートン(13分51秒 片エビ固め※ダイビングエルボードロップ)×相島



第4試合 天龍源一郎vs太陽ケア

対抗戦第1試合天龍vsケアというのが発表されると場内は騒然。
天龍がこんなにも早く出てくるとは思いませんでした。
ゴング直後、急襲した天龍をうまく交わすと蹴りとパンチを織り交ぜた攻撃。
天龍もチョップで返そうとするが、右手の調子が良くないようで。
逆水平はケアの方が良い音を出す。
今日、初めてケアちょっとは出来るんだ。って思いました(笑)
両選手、そして和田京平レフェリーを混ぜたグーパンチの攻防は、ちょっとしたスポットになっている。
改めて、うまくマスコミを使う事の大切がわかった。
エプロンサイドで平井に毒霧を含ませてもらい、ケアに噴射。
そして、ノーザンライトボムを決め、天龍のピンフォール勝ち。
堂々とやってしまったものだから、平井、観客から罵声を浴びせられる。
ヒールになるにはいいきっかけになるのかも。
それにしても、天龍手の調子があんまり良くなさそうだな。

○天龍(11分35秒 片エビ固め※ノーザンライトボム)×ケア



第5試合 北原光騎vs白使

何とも言えないようなイデタチで登場して来た白使。
トップロープに登りコスチュームを脱ぐ姿に、大物らしさを感じてしまった。
さすがWWF経験者。見せ方が一味違う。勿論、上半身にはお経のペイント。
より以上間を取り、怪しい雰囲気を醸し出す白使。
あまりにもスローな間な為、北原は勿論の事、観客までじれだす。
白使のあの袴…動きにくそうだなぁ…。
北原とレフェリーがイスを巡る攻防(笑)をしている隙をつきドロップキック。
そして、盟友であり代役をかってでた、負傷中のハヤブサの得意技ファルコンアローでピン。
全体的に波がなかった…。

○白使(10分42秒 片エビ固め※ファルコンアロー)×北原



第6試合 安生洋二vsアブドーラ・ザ・ブッチャー

WARの5人目の選手は安生。そして、全日本の5人目は意外や意外、ブッチャー。
まぁ、何とも異色の対決。
そういえば、東京プロレスで高田vsブッチャーなんていうのもあったなぁ。
高田よりは安生の方がうまく試合を組みたてられるでしょう。
ブッチャーの地獄突きに悶絶する安生。この安生の表情に皆釘付け。
安生ってどんなスタイルやらせても様になるよなぁ。ある意味ホントに天才かも。
安生に毒針エルボーをかましたブッチャー、そこに乱入してきたのはブッチャーと抗争中の田中。
白いメリケンで攻撃しようとするもそれは地獄突きでかわされる。
そのメリケンを拾った安生がブッチャーの頭を一撃。
見事、大の字に倒れたブッチャーにフォール勝ち。
この裁定に怒り狂うブッチャーを尻目にそそくさと逃げる安生。
その怒りの矛先はウォーリー山口レフェリーに向けられ…ロープに振って地獄突き。
そして倒れた所にエルボー。
異色の対決は、安生の活躍により好試合を生んだ。

○安生(7分27秒 体固め※凶器つきのパンチ)×ブッチャー



第7試合 嵐vs渕正信

対抗戦と銘打たれているにも関わらず、全くと言っていいほどヒートしない。
渕のゆったりしたグラウンドに観客はぐったり。
渕のバックドロップを耐えた嵐がフロッグスプラッシュでピンフォール勝ち。
もっと、それらしくメリハリつけてやって欲しかったですけど…。
そこまでの注文をつけるのは、厳しいかな?
ほど良いトイレタイムになったようです。

○嵐(15分55秒 体固め※フロッグスプラッシュ)×渕



第8試合 冬木弘道vs川田利明

フットルースねぇ…。ふむふむ。
紫のキラキラガウンに黄色のタイツ、ちょっぴり懐かしい冬木のコスチューム。
意外(!?)にもじっくりねちっこいプロレスを見せる両者。
それはタイトルマッチで見せるんだから、もっとテンポ良く…と思ってしまったが、
それをする事により、溝が埋まるんだったら、それはそれで良しかな?と。
思ってもみなかった冬木、川田の真っ向からのぶつかりあい。
ストレッチプラム、冬木スペシャル…二人の意地の激突。
そして冬木のラリアット、川田のジャンピングハイキックと熱の篭った応酬。
そこには、理不尽大王としてブーイングを浴びまくっていた頃の冬木の姿は微塵もなかった。
冬木の頑張りは川田の顔面蹴りで幕を閉じた。
決してうまかったなんて言えないですけど、気持ちがこもっていたような。
やっぱり、気持ちっていうのは試合を盛り上げる為の重要なFactorなんじゃないでしょうか。

○川田(18分05秒 片エビ固め※キック)×冬木


第9試合 武藤敬司vs蝶野正洋

今年に入って3度目のシングル戦。
どれもそんなにインパクトを残せてない…。ここは両者にとっての正念場。
しかも、一応両者共AWAY。
新日本で試合するよりも、ちょっとは緊張感感じたのかな?
5本のベルトを身体中に巻きつけて入場した武藤。
物凄い人気ですねぇ。もうホントに全日本の一員みたい。
ゴング直後、武藤を急襲した蝶野が見せたのは…シャイニング・ヤクザ。
魔法使いとヤクザの対戦なんて…異色中の異色ですね(笑)
アップテンポの試合になるか?と思われたが、ここからはタイトルマッチを意識してか、
ねっちりとしたグラウンドの攻防。
武藤のヒザの悪さは世間に浸透しているせいか、ムーンサルト自爆でSTFを食らうと、
悲鳴にも似たような武藤コール。ここまで乗ってくれるとやりやすくなるだろうなぁ。
そして、シャイニング・ウィザードとシャイニング・ヤクザの応酬に大熱狂する観客。
両者の近年まれにみる名勝負は、武藤のフランケンで終焉。
ムーンサルトでのフィニッシュだったら、倍は盛り上がれてだろうに…それだけがちょいと残念。
前から言ってたんですけど、武藤はシャイニング・ウィザードを乱発させ過ぎ。
今は入り方を変えて工夫してるようですけど…せっかく一撃必殺として根付いただけに勿体無い。

○武藤(22分52秒 体固め※フランケンシュタイナー)×蝶野

ほぼ満員の観客にちょいと驚かされた。
ポツポツとは空席があるものの、先日の真撃に比べたら…(笑)
これは、良いプロレスを見たい!というファンの気持ちの現れなんじゃないでしょうか?
もうちょっとだけ底上げして欲しいという気持ちはありますが…。




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ