速報版観戦記
■団体:全日本
■日時:2001年10月27日
■会場:日本武道館
■書き手:愚傾(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

10/27 全日本 日本武道館大会速報 18:00START
第1試合
ジャイアント・キマラ
vs
キム・ドク×

(8分58秒 ボディプレス〜体固め)

第2試合
 土方隆司
 田中将斗
×平井伸和
vs
ジョージ・ハインズ 
ジョニー・スミス
宮本和志 

(11分53秒 ハインズドライバー〜片エビ固め)

第3試合
 スティーブ・ウイリアムス
マイク・バートン
 マイク・ロトンド
 ジム・スティール
vs
長井満也 
荒谷信孝 
奥村茂雄 
相島勇人×

(13分51秒 ダイビンブエルボー〜片エビ固め)

この試合の後、10分間の休憩
アリーナ席後方で現在失踪中のSUWA@C−MAXを発見
「TARUさんが探してますよ!」と声を掛けようと思ったが
おっかないのでやめときました
第4試合 全日本対WAR決着シングルマッチ(1)
 太陽ケア
vs
天龍源一郎 

(11分55秒 ノーザンライトボム〜片エビ固め)

ゴング直後に天龍が急襲するも、それを落ち着いてサバくケア
ミドルや延髄ニールキックで天龍を蹴りまくる
天龍も水平チョップやグーパンチでお返しするが
ケアもひるまずにグーパンチでお返し
最後は毒霧からのノーザンで負けたけど
この方向のファイトスタイルならケアは伸びるんじゃないいかな
第5試合 全日本対WAR決着シングルマッチ(2)
白使
vs
北原光騎×

(10分42秒 ファルコンアロー〜片エビ固め)

「人生」のときよりも若干「間」をとるようにしてた白使が
順当に北原を撃破
ファルコンアローでフィニッシュというのが泣かせます
第6試合 全日本対WAR決着シングルマッチ(3)
×アブドーラ・ザ・ブッチャー
vs
安生洋二

(7分27秒 体固め)

UWF戦士と昭和全日ガイジンが奇跡的な邂逅!
と喜んだのも束の間
よくよく考えたら東京プロレスで接点があったような気が…>安生・ブッチャー
それにしても安生、ごく自然にロープへ飛んだり
ブッチャーのエルボー誤爆でダウンしたレフェリー(ウォーリー)を
ごく自然に起こしてカウントを入れさせたり
なんだかUWFあがりとは思えないほどプロレス上手いっすね
第7試合 全日本対WAR決着シングルマッチ(4)
×渕正信
vs


(15分55秒 体固め)

手前の近くの記者席に座ってた超古株プロレス記者さん
(座談会を仕切らせたら日本一の「激辛評論家」)
試合中にずっとウトウトしてるのをみて
「いつ起きるんだろう」と、そっちにばかり目がいってました
ようはそういう試合だった、ということで
セミファイナル 全日本対WAR決着シングルマッチ(5)
川田利明
vs
冬木弘道×

(18分5秒 顔面蹴り〜体固め)

冬木は紫のガウン&まっ黄色のタイツという
理不尽大王時代のコスチュームで登場
序盤は川田のチョップや蹴りをマジメに受けないといった
理不尽さを全開に発揮
終盤に地団駄ラリアットとジャンピングハイキックの応酬で
盛り上がるも、最後は顔面蹴りを畳み掛けた川田がピン
冬木はクレバーな頭脳の持ち主なのに
どうしてこんなにプロレスが上手くないんだろう?
メインイベント 三冠へビー級選手権試合
チャンピオン
武藤敬司
vs
チャレンジャー
蝶野正洋×

(22分52秒 フランケンシュタイナー〜体固め)

リングを降りれば大親友な同期の桜なのに
リングの中ではどうも手が合わない武藤と蝶野
そんな二人が「なんでそれを新日本でやらないの?」という
ツッコミをいれたくてしょうがなくなるほどの名勝負を展開
ここ数年の二人の対決のなかでは出色の出来
ただし、蝶野に「シャイニング・ヤクザキック」としてパクられたり
序盤から出したり簡単にブロックされたり乱発したりと、
シャイニング・ウィザードの価値が著しく下がってるのが気に掛かる>武藤

なによりも客の入りにビックリしました
ここ数回の武道館では文句なく、一番の入りでしょう
武藤の三冠戦にハズレ無し
最強タッグはどうなりますかね
今大会の画像及び選手のコメントは こちら!
report by 愚傾



本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ