速報観戦記
■団体:RINGS
■日時:2001年10月20日
■会場:代々木第二体育館
■書き手:品川(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

10/20 RINGS 「ワールドタイトルシリーズ」 代々木第二体育館大会
第1試合 【ユニバーサルバウト ミドル級】
×松田 恵理也
(U-FILE CAMP)
vs
磯野 元
(和術慧舟會東京本部)
(2R判定3−0)

JTC82KG級優勝の極めの強い磯野今日はプロ初めてで実力発揮出来ず
終始上を取った磯野の判定
第2試合 【ユニバーサルバウト ヘビー級】
横井 宏考
(リングス・ジャパン)
vs
折橋 謙×
(パワーオブドリーム)
(1R3分14秒 右フックTKO )

POD折橋は先日のコンテンダーズで矢野と対戦も
実力差大で負け。今日はもっと実力差大で大負け
最初にガン飛ばしすぎで優しい横井の 心(戦いの)に火をつけて墓穴
命取り。パンチを顔面サンドバック状態でもらい おしまい
第3試合 【アブソリュート級トーナメント1回戦】
リー・ハスデル
(リングス・イギリス)
vs
ゲオルギー・トンコフ×
(リングス・ブルガリア)
(1R4分22秒 飛び膝蹴りでKO)

これぞリングス! といった感じの大味な試合
私は好みじゃないが、今後はこの手の試合増えるでしょう
強引な攻めに強引なカウンター膝蹴り
UFCの客なら狂喜する事請け合い。アメリカ持って行くべき
第4試合 【アブソリュート級トーナメント1回戦】
クリストファー・ヘイズマン
(リングス・オーストラリア)
vs
グロム・コバ×
(リングス・グルジア)
(3R判定圧倒的な 3−0)

これもまた大味な試合 でもなんか憎めないんだよね(笑)
特にコバ。3R目は両者疲労困ぱいで見ちゃいらんない
タックル(コバ)と離れてガンガンけり入れるヘイズマン
コバのスタミナの無さぶりは凄かった。 両者ご苦労様
コバの打撃を受けたくないばかりに、両手をすぐにマットにつける
作戦は止めさせないと・・・・・・
第5試合 【ライト級オフィシャルマッチ】
×緒形 健一
(シーザージム)
vs
カーティス・ブリガム
(カナダ)
(1R43秒 チョーク)

シュートボクシングとの提携試合
素晴らしい緒形のやられっぷリ
とてもルミナに教わってるとは思えない(セコンドにいた)負けっぷり
チョークの防ぎ方完全に知らず。同僚の土井も苦笑いしてた
総合舐めてるな 勉強して来い!
第6試合 【アブソリュート級トーナメント1回戦】
エメリヤーエンコ・ヒョードル
(リングス・ロシア)
vs
柳澤 龍志×
(チーム・ドラゴン)
(3R判定3−0)

リングス来てから柳澤ベストバウトじゃないでしょうか?
そのくらい観客的に盛り上がった試合
ヒョードルの極めが甘いといったらそれまでだが・・・・・
何しろ柳澤対応してたし、打撃もうまく防いでいたしよかったんでは?
まあヒョードルが攻めてて 危ないところはほとんど無かった完勝
である事は間違いありません。 柳澤への野次も無かったし
K−1で習ってきたようだな・・・・・
セミファイナル 【アブソリュート級トーナメント1回戦】
×滑川 康仁
(リングス・ジャパン)
vs
エギリウス・ヴァラビーチェス
(リングス・リトアニア)
(1R2分18秒ポイントアウト 3ノックダウン とタオル投入同時)

こいつは強い奴だ!!エギリウス!!
掘り出し物です!!打撃強かったです!!
特に打撃圧力は強力!滑川都合3度のダウンでヘロヘロ
滑川も対応できませんでした ダメージかなり大きそうで心配
また日本勢全滅(泣)
メインイベント 【ミドル級オフィシャルマッチ】
金原 弘光
(リングス・ジャパン)
vs
ケリー・ジェイコブ×
(リングス・オーストラリア)
(2R2分51秒ポイントアウト 3エスケープ 最後は十字 )

さすがはUインターで分ってる エスケープさせるポジションであえて極める
この新ルール最大限使い 勝ちました 最高だな お客もエスケープに大いに沸く
この方向で行くしかないでしょ  
実力差もあったしよかったです

エスケープ新採用のリングス。全ガチ路線は踏襲してます。
今大会の画像及び選手のコメントは こちら!
入りは4割かな?? 3割じゃあない(笑)report by 品川



本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ