速報版観戦記
■団体:新日本
■日時:2001年10月8日
■会場:東京ドーム
■書き手:愚傾(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

10/8 新日本 INDICATE OF NEXT 東京ドーム大会速報 
第1試合 ジュニアワールドデラックス 新日本vsT2000 30分1本
 エル・サムライ
田中稔
 獣神サンダー・ライガー
vs
邪道 
外道 
AKIRA×
(11分18秒 ミノルスペシャル)

試合前に外道が
「東京ドームにビッグサプライズを用意したぜ!」
と言うやいなや欠場中の金本浩二がテーマ曲に乗って花道に登場
よく見ると黒いスーツに黒いサングラス
いかにも関西893然とした風貌にかつての金本ギャル達も意気消沈
オープニングマッチということで押さえ気味な展開のまま
やや唐突にミノルスペシャルがAKIRAに決まってピン
試合後、田中と獣神が裏切り者・金本に対して激昂
しかしそこでもなおマイペースを崩さないサムライは流石だと思いました
第2試合 格闘超巨人上陸−ノーハンディキャップ!?新日本の壁 30分1本
ジャイアント・シルバ
 ジャイアント・シン
vs
鈴木健三 
井上亘×
棚橋弘至×
吉江豊 
(9分6秒 ジャイアントプレス)

ニック・ボックウィンクルは「相手がジルバできたらジルバで」という
名言を残しているが、相手がシルバだろうがシンだろうが己のスタイルを
貫き通し、キャリアの浅い後輩に混じってもまったく遜色の無い動きを
見せつづけた吉江豊もまた別の意味で凄いと思った。
それにしてもタナケンコンビはいいですねぇ。
ああいうガタイの持ち主だと「やられ役」がピタリとハマる。
最後はシルバがセカンドロープからのボディプレスで井上と棚橋をいっぺんにピン。
第3試合 新境地開拓!!〜番犬vs番人 無制限1本
×小原道由
vs
ゲーリー・グッドリッジ
(3分36秒 TKO)

小原の試合後のコメント

「今日の結果はどうでもいい。おれは自分の目指しているものに走っているから。」

――目指しているものというのはPRIDEですか

「それはおれもわからない
 おまえら自分で考えろ」

ようするに迷走してるのね。>小原
第4試合 IWGPジュニアヘビー級選手権試合 60分1本
(王者)
×成瀬昌由
vs
(挑戦者)
ケンドー・カシン
(0分26秒 腕ひしぎ逆十字固め)

いくらリングスに同時期に入団し同時期に退団したからって
そこまで山本と競わなくたって……>秒殺(されるほう)の成瀬
第5試合 プロレス50周年メモリアルマッチ 60分1本 〜 藤波辰爾デビュー30周年記念マッチ
藤波辰爾
 B・バックランド
vs
ドリー・ファンク・ジュニア×
テリー・ファンク 
(10分40秒 逆さ押さえ込み)

テレビ東京とかで時たまやる懐メロ特集のようなダラけた試合になるものと
思っていたら、これがどうしてピタリとハマった試合に
一重に1人だけ満足なコンディションを作り上げてきたバックランドのお陰か
第6試合 スペシャルタッグマッチ 60本1本
長州力
 西村修
vs
小島聡 
天山広吉×
(10分40秒 ラリアット〜片エビ固め)

長州は今後、浮きもしない代わりに沈みもしないでしょう
ある意味「上がり」に一歩近づいたかも
ヤンキー社会で育ったせいか年長者を邪険に扱えない蝶野が
筋書きを書く限り、長州は当分「ラク」をできるはず
それがいいのか悪いのかは別として
第7試合 野人リベンジ!!〜プロレスラーとして… 無制限1本
中西学
vs
安田忠夫×
(6分2秒 前方首固め)

これほど試合前から「どっちが勝つか」を明確に表したタイトルも
無いもんだと思ったが、結果は意外や意外……ということはまったく無く、
順当に中西がリベンジ達成
セミファイナル Believe “自己” MYself 無制限1本
×佐々木健介
vs
藤田和之
(6分36秒 TKO)

これほど試合前から「どっちが勝つか」を明確に表したタイトルも
無いもんだと思ったが、結果は意外や意外……ということが実際にあるとは思わなかった。
まさか藤田が勝つとはなぁ。これだからプロレス予想というのは難しい。
それにしても、OFG着用でリングに上がって、一発めの攻撃が「ラリアット」
どんな策を労そうが、どこまで行っても健介は健介なんですね

試合前にナオヤが乱入。「三つ巴はどうなったんだよコラ!」
返す刀で藤田と健介に加え、安田、中西、永田に
「1月4日、ここでオマエらとやってやる!」と宣言
六人トーナメントで決勝を三つ巴でやるのかな?
メインイベント タッグマッチ(60分1本)
 秋山準
永田裕志
vs
武藤敬司 
馳浩×
(28分4秒 バックドロップホールド)

普段とは違うテーマ曲で入場する秋山
ファーストコンタクトのグラウンドで武藤に先手を打たれる秋山
そんな姿にちょっと興醒めする愚傾@ノアヲタ
終盤の
武藤が馳の背中に飛び乗ってシャイニングウィザード→
その武藤に向かって掟破りのシャイニングウィザード→
その秋山に向かってエクスプロイダー気味に裏投げを放つ馳
というシークエンスが「おおっ」と思った以外、
(あくまで個人的に)心に響かず
初めてのタッグで武藤・馳というスーパーコンビと当たって大丈夫なのか?
という不安がイヤな方向に的中したようだった

客入りはほぼ満員といっていいんじゃないかな?
満足度はそれほど高いわけじゃないけど
今年のドーム大会におけるアベレージを考えたら
「大成功」と言っていいのかも
今大会の画像及び選手のコメントは こちら! report by 愚傾



本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ