速報版観戦記
■団体:PANCRASE
■日時:2001年9月30日
■会場:後楽園ホール
■書き手:メモ8(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

9/30 PANCRASE 横浜文化体育館大会速報 
グッズ売場も熱く、最終的には9割近い入り。
美濃輪vs菊田だけで入れてしまった感じ。
観客の多さに甘えてか、大阪では全開だったラウンドガールの
露出が圧倒的に後退。大箱の客を舐めるな、ゴルァ!!!
第1試合 ヘビー級トーナメントAブロック1回戦 5分2R
高橋義生
(パンクラス東京)
vs
高田浩也×
(RJW/CENTRAL)
(2R22秒Fチョーク)

レスリングの実力者高田、総合の舞台で始めて実力発揮で大善戦。
カシンをセコンドにつけた高橋の打撃を食らうも押しまくり。
しかし、2R早々、高橋が再三狙っていたFチョークでタップ。
第2試合 ヘビー級トーナメントAブロック1回戦 5分2R
×ティム・レイシック
(グラジエーターズ・トレーニング・アカデミー)
vs
マルセロ・タイガー
(チーム・タイガー・アカデミー)
(1R1分34秒TKO)

スタンドのレスリングも打撃も圧倒してたレイシックだが、
ラッキーキックという感じの膝2発でKO。モロい。
第3試合 ヘビー級トーナメントBブロック1回戦 5分2R
渋谷修身
(パンクラス横浜)
vs
アンソニー・ネツラー×
(フリー)
(2R判定2−0)

髪の毛青くして気合充分の柔術家ネツラーに、
あえてグラウンドで挑む渋谷も、妙に柔術っぽい動き。
腰の軽いネツラーをポジションで圧倒(というほどでもないが)。
第4試合 ヘビー級トーナメントBブロック1回戦 5分2R
×ジェイソン・デルーシア
(パンクラス・ハイブリッド・ブドーカン)
vs
藤井克久
(V−CROSS)
(1R終了時TKO)

デル、益々普通のVTファイターっぽくなってきたが、
あと5年早かったらなあという感じ。
1R互角も終盤に膝を痛めたらしいデルが、終了後にストップ。
第5試合 ミドル級 5分2R
國奥麒樹真
(パンクラス横浜)
vs
上山龍紀×
(U−FILE CAMP)
(2R判定2−0)

いつまで経ってもミドル期待の星のままの國奥、
窪田とボチボチの勝負してた上山と、互角というのは何だかなという感じ。
ホームタウンディシジョン気味で、ドローが妥当だな。
國奥、渋谷と同様、妙に柔術チックなムーブを見せるも、何やりたいかわからんぞ。
リングスには来ないが、パンクラスには来たセコンド田村のアドバイスも、
上山、相変らず全然回らんなあ。つまらん。
第6試合 パンクラス旗揚げルール 10分1本
鈴木みのる
(パンクラス横浜)
vs
富宅飛駈×
(パンクラス東京)
(5分10秒膝十字)

意味不明に走りこんできた冨宅、始まる前からマイクで「ありがとう」。
勝負する前に挨拶する奴がいるか! 意味不明にいい身体してるし。
旗揚げルールで、キャッチ風の展開だが、ヌルく見えないのは、さすが。
旗揚げメンバーの意地という感じか。
みのる、ヒールでエスケープを奪い、押しまくり完勝。
「まだまだ引退なんてしねえよぉ、バカァ」とマイクでみのる節炸裂。
これぞパンクラス!
第7試合 ヘビー級トーナメントAブロック準決勝 5分2R
高橋義生
(パンクラス東京)
vs
マルセロ・タイガー×
(チーム・タイガー・アカデミー)
(1R3分20秒反則失格)

スタンドで激しく打ち合い、これは好試合になるかと期待させるも、
タイガーのサミングで、ヨシキ動けず、そのままストップ。
場内、殺伐とした雰囲気となる。
セミファイナル ヘビー級トーナメントBブロック準決勝 5分2R
×渋谷修身
(パンクラス横浜)
vs
藤井克久
(V−CROSS)
(延長3R判定0−3)

似非柔術家と化した渋谷、1Rはそこそこ互角以上に押したが、
2Rはポジションで圧倒され、やや疑問の判定でドロー延長となるも、
結局何も出来ず。藤井は、相変らず、ぬぼーっとしてるも堅実だ。
メインイベント ライトヘビー級新王者決定戦 5分3R
菊田早苗
(パンクラスGRABAKA)
vs
美濃輪育久×
(パンクラス横浜)
(2R4分30秒ドクターストップ)

グラウンドで攻める攻める攻める菊田。 凌ぐ凌ぐ凌ぐ凌ぐ美濃輪。
場内大熱狂の期待に違わぬ大熱戦。
最後はGパンチで、美濃輪大出血ストップ(菊田の左のケリによるもの)も、
負けても観客を納得させてしまう美濃輪の本領発揮。
勝った菊田にも、観客優しく暖かい大団円。
現時点で考えられる最良のカードが最良に機能し、いい興行でした。
当分は、パンクラス、この2人を中心に回ることを確信。
成功はせずとも、國奥と渋谷の柔術ムーブには「変わろうとする意志」が仄見え、
頑なに、変わらないことを選択した、みのるとの対比も鮮やか。悪くないです。
しかし、美濃輪が燃え尽きているのを見て、ニヤニヤしている窪田は、相当気持ち悪い。
今大会の画像及び選手のコメントは こちら! report by メモ8



本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ