火祭りのあと
■団体:ZERO-ONE
■日時:2001年9月15日
■会場:ディファ有明
■書き手:青エス (ex:プロレス寅さん 垂直落下式!

前回の「真撃II」において一連の絶縁騒動が、ある意味「逆猪木効果」として観客動員に繋がった面があるのは事実である。
そういう事から考えると、今回の「火祭り」こそがZERO−ONEの底力を試される「正念場」だったと言えるのではないか。
もちろんNOAHの協力があった訳だが、それでも本来共催の立場にあったバトラーツの、チケット販売開始後の「離脱」を考えると、ディファ有明に到着して、目の当たりにした風景には、紛れも無くZERO−ONEの今の姿があったと思えたし、何より活気に溢れた満員の会場に俺は思わず胸を撫で下ろしたのだ。

▽火祭りリーグ戦Aリーグ30分1本
● 関本 大介(4分53秒 片エビ固め)ホース・シュー ○

シューは典型的な体がデカいだけの荒削りファイターであり、終始関本をパワーで圧倒。
関本も善戦していたとは思われるが、今後もメジャーの選手と絡んでいくことを考えると、もっと自己主張しても良いのではないか。

▽火祭りリーグ戦Bリーグ30分1本
○ 佐藤 耕平( 7分21秒 腕ひしぎ逆十字固め) ジョージ高野 ●

見るたびに佐藤は良くなっていると思った。エクスプロイダーや裏投げに挑戦するなど、日頃の練習の成果をちゃんとリングで出せている。
ジョージは腹が出過ぎ。明らかに練習をしていない体型であり、あれではコブラと言うよりも、どう見てもツチノコである。
 
▽火祭りリーグ戦Bリーグ30分1本
● 田中 将斗( 8分0秒 片エビ固め) サモア・ジョー ○

とても良い試合だった。互いの長所を引き出した合う展開であり、田中は場外でパイプ椅子を使ったDDT、ジョーは荒削りなパワーファイトで応戦。
興奮の中にも誰もが田中の勝ちを確信していたのだが、何と最後はジョーがピン!えっ、なんで?
 
▽火祭りリーグ戦Aリーグ30分1本
○ 大谷 晋二郎( 3分8秒 逆エビ固め) ショーン・マッコリー ●

大谷の圧勝!まあ当り前だが。
しかしショーンの人を小馬鹿にしたようなあの表情は、何時見ても素敵です。
 
▽30分1本
○ 安生 洋二 (7分19秒 腕ひしぎ逆十字固め) 崔リョウジ ●

何時見ても何回見ても飽きることがないのが、安生の顔と安生のプロレスだ。
終始「顔」でプロレスをしていた安生。しかし素早いタックルや関節技で、要所要所にUWFテイストを散りばめることも忘れない。さすがです!

▽30分1本
● 星川 尚浩 &高岩 竜一 (19分17秒 腕ひしぎ十字固め )金丸 義信&志賀 賢太郎 ○

この日一番盛り上がった一戦だった。
観客のハートを捕えて離さない、「これでもかこれでもか」の技とカウント2.9の応酬。典型的な「全日本」スタイルの展開。
それでも涼しい顔をしている金丸や志賀に比べて、星川のスタミナ切れは試合途中から顕著になり、課題を残した。
NOAHのシリーズ参戦の成果か、高岩と金丸らの攻防は見事にスイングしており、次のタイトルマッチが楽しみである。
 
▽30分1本
○ 橋本 真也&藤原 喜明 ( 15分0秒 片エビ固め) 池田 大輔 &杉浦 貴 ●

杉浦の経験不足が顕著に出た一戦。まあ橋本と組長相手では仕方ないか。
この日は「火祭り」であり、大谷以下若手が主役と言うこともあってか、橋本は珍しく一歩引いた感じで、試合そのものも落ち着いた展開であった。試合後のマイクがなかったのが残念。
 
▽火祭りリーグ戦決勝30分1本
○ 大谷 晋二郎 (13分5秒 コブラクラッチホールド) 佐藤 耕平 ●

今は昔「UWFの未来形」のZERO−ONE版か?(笑)
敢えて大谷の相手が田中でなく、佐藤だったことが、常日頃「下の若い奴を育てていく覚悟があるのか」と問い掛けていた三沢に対する橋本の答えのような気がしたのは俺だけか。
試合は正しく厳しい先輩が可愛い後輩に胸を貸したと言った感じの内容。スタミナ切れでボロボロになりながらも、最後までガッツで食らい付いていった耕平。合格だ!

試合後リーグ戦出場者全員がリングに上がり、表彰式が行われた。
大谷の感動的なマイクアピールがあり、記念撮影終了後、選手がリングを降り、誰もが会場を後にしようとしたその時、リングに凄い勢いで駆け上がるひとつの影アリ!ノーフィアー大森だ!
大会前からGHQタッグに向け、スポーツ新聞紙面でキャッチボールをしていた二人が遂にリングで対峙した。「ディファに来い!」。大谷の呼び掛けに大森は応えたのだ。
今新日本では、ZERO−ONEのリングで出会った秋山と永田の新しい物語が始まろうとしている。
そんな今、またZERO−ONEのリングが切っ掛けとなり、秋山の同期の大森と新日本出身の大谷との間に、もうひとつのドラマが幕を開けたのだ。

プロレスは物語り。すべての道はプロレスに通じているのだ。
猪木や新日本と絶縁した、橋本、そしてZERO−ONE。しかし秋山は新日本に上がる。そして大谷がNOAHに上がる。NOAHを通じて橋本は今でも新日本と繋がっているのだ。
猪木との決別。猪木イズムの独立。橋本真也、ZERO−ONEの闘いは、まだ始まったばかりだ。




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ