真撃第2章
■団体:真撃
■日時:2001年8月30日
■会場:日本武道館
■書き手:凸ユーレイ(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

 ステージ・ビジョン設営のため、武道館の北側を潰して客入れ、2階席は最終的に満席、アリーナ・1階は4割程度の入り。4千人台の動員ではないでしょうか。そのうちのどのぐらいが実券購入者か定かでないが… ぼくは友人3人とともに2階の上のほうで観戦。
 入場式、橋本が最後に呼ばれる。ステージ中央に唐突に立てられた障子の後ろに映る丸っこい人影が、刀を振り回して障子を突き破る!!ぼくの周囲では大爆笑、「莫迦」の声多数巻き起こる。この日一つめの衝撃。
 二つめの衝撃は、試合開始後の「レフェリー、ボブ矢沢」のコールだった。もうひとり、笹崎とともに全女からの助っ人がこの日の全試合を裁いた。

第1試合 ×星川尚浩(5分50秒蹴りでKO)○ショーン・マッコリー
 異種格闘技戦ふうの手探りの出だし、星川も不格好なパンチを出していたが、そのうち片足持たせての延髄斬り、相手が座ったところへの低空ドロップキックと、プロレスの動きを織り交ぜ始める。なんとトペまで。
 個人的にはこういう動きが出たほうが楽しいし、それと総合格闘技とがぶつかって面白い方向に進むといいなと思う。しかし、見る人のなかには、総合格闘技だと思って来ている人、大仁田を見に来ている人、橋本のプロレスが好きな人、割合もバラバラ。プロレスと総格とのぶつかり合いがいい方にでたのかどうか、この日全般にも微妙なところだった。
 これらプロレス技が癇に障ったのか、マッコリー勝利後に星川を挑発。あんな程度で怒るなよ。

第2試合 ○佐藤耕平(5分59秒ヒールホールド)×イゴール・メインダード
 メインダードはデカくていいなあ。反り投げもキレイ。蹴りも突きも破壊力があり、いつ佐藤がKOされるのかとハラハラしていたら、なんと大逆転のひざ十字からヒールが決まった!なぜか嬉しかった。
 佐藤くんはやっぱりふつうのプロレスよりコッチのほうで上がっていくのかな。

第3試合(パンクラス) ○KEI山宮(5分2R判定)×佐藤光留
 よりによって試合のつまらない山宮を出すなよパンクラス。DEEPとかいろいろあったし急に決まったし調整できなかったのはわかるけどさ。
 一緒に見てた友人の一人が「つまらねえ〜〜」と大絶叫すると周囲から拍手が。なんとなく、周りも僕らと同様、招待券のお客様が多かったような気がして、熱い橋本ファンはおらず、たいてい爆笑モードで興行を楽しんでらっしゃいました。

第4試合 ×田中将斗(4分55秒蹴りでKO)○ジェラルド・ゴルドー
 面白かった!ゴルドーのロー食らって、また妙に痛がるアピールを繰り返す田中!なにはなくともサミングするゴルドー!フロントネックロックのままコーナーをずりずり上がり、ついにスイング式DDT決めた田中!あんまり好きじゃなかったけど、田中の僕の中での評価がだいぶUP。

第5試合 ○安生洋二(10分03秒パンチでKO)×高岩竜一 
 安生のプロレスを期待していたんだけど、それにしてはつまらなかった。高岩に総合の動きができるわけじゃなし。
 この日全般として、唐突なフィニッシュが多かったです。緊迫した攻防が積み上げられた末に決まるというのでなく、やや間延びした間合いからフイに一発が決まってそのまま10カウントという… 面白かった田中vsゴルドーもパターンとしては同じだし。粘ってスリリングな攻防があったのは佐藤の試合ぐらい。「格闘技ってこんなもんでしょ?一発いいの食ってノビとけ」てな感じの安易なフィニッシュの付き方のような気がしましたが。

第6試合 ○トム・ハワード(4分57秒三角絞め)×リー・ヤングガン
 ハワードはやっぱりおかしいね。攻撃を受けて、わざわざ自らジャンプしてトップロープを越え場外エスケープするあたりが。面白い。

セミ ×大仁田厚(7分20秒毒霧で反則)○大谷晋二郎
 リングアナのコール待たずいきなり襲って場外に連れ出す大仁田。
 マイク、大仁田「真撃!お前らこんなもんか!」大谷「どいつもこいつもバカにしやがって」 ステージに取り残された、橋本が突き破った障子のセットの残骸を、この日ただ一人有効活用したのは大仁田、そこへバッタリ倒れこんだ。
 内容的に、いまひとつ期待したほどではなかったかな。大谷、与えられた役目をこなし終えたことに対してはご苦労様だったが、それをこなしつつも存在感で大仁田を食うような場面が見られず。試合後控え室通路で接近遭遇した時も「クソー」としか言えなかったらしいし。
 パーフォーマーとして、大谷の目指す先にはある意味大仁田がいると思うので、リング内ではむろん、マイクでも用意してきたセリフだけでなく臨機応変に喋るなど、この先も精進して頑張って欲しい。

メインイベント ○橋本真也、藤原喜明(11分43秒腕ひしぎ逆十字)マーク・ケアー、×ザ・プレデター(ビッグバン・ベイダーUFO改め)
 ケアー萎んだね!ビックリするぐらい。もうJr戦士として高岩とやらせてもいいぐらい。
 開始早々、ケアーのタックルを食ってテイクダウンされついでに3段目ロープで後頭部を強打、以降動きが朦朧としてしまった(?)橋本。情けないようなダウンの仕方、動きの止まり方が多かった。
 プレデターもデカさと佇まいのわりに大したことが…
 痩せたとは言えタックルのキレだけは良かったケアーだが、フイの橋本のヒザをもろに食ってしまう場面も。
 やはり、ぎこちないようで間延びしたような空間のもと、唐突なアクシデントのような攻撃がダメージを膨らます展開が。前半戦には、それにとどまらずに上手く噛み合った試合があったのだが、後半進むにつれショボ気味になり、特にこのメインは変だった。2階の上のほうから見ていたので細かい攻防、緊張感が伝わらなかったという面もあるかもしれない(スカパーで見た人には面白かったのかも)。

 全試合終了して、TV解説に来ていたパンクラス鈴木に「(助けてくれて)ありがとう!」と、握手した橋本(パンクラス勢では休憩時に菊田と近藤が挨拶を。それと最後に藤原組長と鈴木まで握手してました)。

 が、しかし、ZERO−ONE、真撃、どうなっちゃうんでしょうか…




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ