FMW観戦記
■団体:FMW
■日時:2001年8月26日
■会場:埼玉大宮中央青果市駐車場
■書き手:歪曲O
最初に書きますが、初めて書くので長く、見づらいと思いますが、我慢してください
8月26日の、埼玉大宮中央青果市駐車場のFMW。
会場のFMWについて当日券売り場に目をやると、やはり吉田専務が女性と(藤崎理香?)
当日券を売っていました、会場はビニールシートに囲まれて外部に見えないように遮断されていました。会場はリングとさほど距離幅がなく立ち見で結構よく見えました、この日は冬木が欠場、元川が首負傷の為欠場だそうです。

第1試合 シングルマッチ 20分一本勝負
ハッピー池田 VS F・市原

デビューしたてのハッピー池田、途中途中痛みつけられていたがそれでも結構耐えながらもさすがに差を見せ付けられ最後は逆片エビ(スタンディングアキレツ健にも似ていた)で池田タップ

○F・市原(5分55秒 逆片エビ固め)ハッピー池田×

第2試合 トリプルファイト 30分一本勝負
佐々木義人VSヤス・ウラノVS山崎直彦

まずは3人とも手の組合その瞬間、佐々木とヤス・ウラノ二人で山崎を痛みつけ場外でダウン、中では佐々木とヤス・ウラノのシングル状態
佐々木がヤス・ウラノをロープに振ったときに場外で様子を見ていた山崎がヤスの足をすくいリング内へ山崎ダイビングヘッドバット予告をしてダイビングヘッドバット、しかしやはり、かわされ再び二人にめった打ちにあう
佐々木が山崎を羽交い絞めにしてヤス・ウラノが合体攻撃を見せたが失敗山崎「あぶねえだろ!」山崎怒付くがやはりやられ佐々木とヤス、ダブルのブレーンバスターなどみせなどして佐々木が山崎をフォールした瞬間カットそのうちにヤスがフォールしたがやはり佐々木カットそして完全にトリプルファイト状態、山崎がダイビングヘッドバットをするため佐々木にヤス・ウラノをダウンさせるように命じたが遠い
山崎もっとこっちと言い佐々木コーナーの手前にヤスにボディスラム
しかし今度は近すぎて、山崎もう一度言いダイビングヘッドバットしたが、かわされる、そして、こんどは山崎がダウン状態のヤス・ウラノを抑えていたが佐々木がエプロンからコーナーに上ったところを山崎がカット、やはりダイビングヘッドバットをやりたいらしい、そしてダイビングヘッドバット、山崎フォールに行くが、ヤスカット再び混戦、山崎が場外に落ちている間にそこをリング内佐々木、ヤス・ウラノにジャーマンスープレックス、カウント3

○佐々木義人(9分30秒原爆固め)ヤス・ウラノ×

第3試合 女子プロレスシングルマッチ 30分一本勝負
タニーマウスVS井上京子

タニーマウスのセコンドになんと田村様(田村欣子)が!
この試合は力の差をみせつけられながらも、存在感のある試合でタニーマウスはうまく技を切り替えしていたが途中途中井上のロメロスペシャルでひやりとさせながらも耐え切るなど見せたが、しかし、井上にジャーマンを狙うところをやはり井上は重い「よっちゃん(田村欣子)重いよ」と言ったりする結構面白みのある試合でした

○井上京子(10分39秒ナイアガラドライバー→エビ固め)タニーマウス×

第4試合 シングルマッチ 30分一本勝負
新宿鮫VS”バイオモンスター”DNA

試合が始まると近づくDNAに対し鮫は逃げ場外へ、それを追うDNA
両者リングイン、鮫パンチ、DNAこれは効く
しかししばらく試合が進みDNAがダウンしてDNA服の元々破れていたところから何かを出すそして鮫にたつ際に体に緑の液体が少しついていた。
そして鮫をダウンさせたところにコーナーから謎の物体を持ち出す(DNAの手のような形のもの)そして、鮫の口の中にその物体の中身の液体を注ぎ込む、そしてそこから立ったところにバイオキック、鮫を片手でフォール、カウント3

〇“バイオモンスター“DNA(4分42秒バイオキック→体固め)新宿鮫×

休憩時間、リング状についたDNAが持ってきた液体を拭くのに若手の選手等が一生懸命拭いていました。

第5試合 タッグマッチ 45分一本勝負
怨霊&GOEMON組 VS 牧田理&チョコボール向井組

まずは怨霊と牧田、牧田は新人ながらもストンピングなどで攻めていく。
しかし、怨霊、切り替えしていき両者パートナーにタッチ、チョコはキックなどで攻めていく(あまり覚えていない)、しかし最後はGOEMONのセントーンボムで牧田、カウント3。

怨霊&GOEMON組 〇(14分9秒セントーンボム→片エビ固め)チョコボール向井&牧田理×

第6試合 8人タッグマッチ 60分一本勝負
金村キンタロー    ハヤブサ
ミスター雁之助    黒田哲広
マンモス佐々木 VS 大矢剛功
森田 友和      リッキー・フジ

コールが終わった瞬間、定番のような(?)金村組、全員一気に攻めそれぞれ場外に金村、机を出し場外側のコーナーに机を出し相手の顔面を机にたたきつける、しかし、その後切り替えされ金村、額から流血。
リング内では雁之助と黒田、それぞれ技の切り替えしや出し合いなどをしている、そして、金村、リッキーにそれぞれタッチ。金村リッキーにキャメルクラッチをやったときに森田も入りその上から金村にキャメルクラッチ、金村「痛い痛い!」そして、キャメルクラッチを解き、森田にヘッドバット、森田ふらつきながら戻る、リッキーその後も傷みつけられたが何とかタッチ、5分ぐらいのときマンモス佐々木、黒田に雪崩式ブレーンバスターを狙うが、黒田そこをこらえ逆に哲っちゃんカッター、黒田一気にラリアットなどで攻め、入ってきた金村達にもラリアット、金村、リッキーのときに金村イス攻撃、黒田「イス、イス!」金村「ワイからイスを取ったら、ピカソから筆を取るようなモンや!」と笑いを取る、何分後かにそれぞれ場外へ、リッキー金村を机にたたきつけ、その後、客席のイスをとり、イスで首絞め、雁之助と大矢、場外で争い、雁之助近くにあったトラックに大矢の顔面を打ちつける。
そしてリングの中、最後は森田がハヤブサのファイヤーバードスプラッシュでカウント3

〇ハヤブサ(20分27秒ファイヤーバードスプラッシュ→片エビ固め)森田×

終了後、片つけるところを見てから(手伝いの人の集まりに行ったが自分の手前でここまでのひとでといわれて)車で帰ろうとしたら、山崎とハヤブサことHが仲良く笑顔で手をつないでスキップしていた、異様な光景だった・・・・・
第1試合が始まる前にハヤブサのサイン会があるらしいからすぐにハヤブサTを買い、サインをもらいました。
メインはリッキーさんの凄い所は、森田にリッキー、超滞空ブレーンバスター、これが長い、30秒ぐらい持ち上げていた、黒田が超滞空ブレーンバスター中は「リッキーさん長いっすよ!」と言うくらい長かった。
試合終了後、Hにサインをもらい、後ろを振り向いたところに金村が!
これはすぐにサインをもらったときにラッキーだった、「時間がないから君で終わりね」といわれサインしてもらった、自分だけサインをもらえてラッキーだった。
今日の興行は、はじめてFMWを生で見て面白かった、なんせりングと立ち見(一番後ろの席あたり)のところが近いのもあり場外戦も凄かったので見所満載でした。




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ