この後どーーなってしまうのかぁ!!(ガチンコ風byTBS)
■団体:新日本
■日時:2001年8月7日
■会場:愛知県体育館
■書き手:SMAP

どうも、先日の闘龍門神戸大会以来生観戦にはまってしまったようで、今回も当初行く気がなかった興行だったが行ってしまった。
正直、今の新日には以前のような興味はなかったが、折角新日の看板興行であるG1が名古屋で開催されるのだから見に行ってみようと言う事で見に行く事となった。
会場である愛知県体育館(以下県体)は名古屋城の城内にあり、そこに行くには細い道を通っていかなければならない。その道すがら、何組ものカップルを見かけ『へぇ〜新日も女連れが増えたなぁ。』と思っていたが、何の事はないすぐ横で名古屋城祭りが開催されておりそこへ行く連中だった。
当日は一日中曇り空で名古屋独特の蒸し暑さもなく、又心地よい風が吹いており汗だくになって会場入りとはならなかった。
県体近くになるといつものようにダフ屋があちこちに。しかし今日の呼び声は『券あるよ。券あるよ。割引するよ。』だった。売れてねーんだなぁ。
看板興行でこれでは…先が思いやられる。
この県体の入場口の前は大きな広場になっていてグッズ売り場が会場の外にある。
向かって右側にはグッズ売り場。左側には当日券販売場と入場口となっていたが、今回その間の真中になんと木村健吾のCD即売場があった。
グッズ売り場と入場口には人だかりが出来ていたが、真中のCD即売場には誰の居なく健吾と販売員の呼び込みの声が空しく響いていた。
面白半分で覗いて見たかったが、誰も居ないのが恥ずかしいのと時間がないのでそそくさと会場入りした。でも誰かあのCDを買ったのだろうか?
会場入りしてみると8割強の入り。その後95%前後の入りで発表通りの超満員では決してなかった。
それと意外だったのが女性客が多い事。全体の2割は女性客だろう。
客層はやはり30代前半から10台後半が殆ど。しかもオタク系の輩が余り目立たない。なんだか新日も客層が変わって来たのかなぁ。
予定時刻より7分遅れの6:37にケロが登場。昨日までの星取り状況説明と本日の対戦カードを発表。
意外だったのはケロの人気。出てくるだけで拍手が起こったもんなぁ。ネット上ではクソミソなのに。
そんなこんなで試合開始。


1.棚橋×・鈴木VS吉江○・竹村(エビ固め)
勝敗は最初から見えていたんだが…どうにもショボイ試合。
吉江はG1に出してもらえずしかも第一試合と言う事でふてくされているのか、竹村に任せる場面が多い。
この竹村も受けがヘタクソ。技(特にチョップ)を受ける時の『オゥ』ってなオットセイみたいな声で客の失笑を買う始末。
健三・棚橋も動きに覇気が見られない。
この試合、吉江がリードすべき試合であると思うが全然やる気が見られない。
フィニッシュも唐突で、最悪なのは何で決まったのか判らない。
『エッどうなったの?』ってな感じ。
しかもケロのコールが小さくて聞き取り辛い。益々『エッなんなの?』
兎に角いい所は見られない寒い試合。

2.エル・サムライ○VS真壁×(アームロック)
前の試合がしょぼかった為先日来の夏風邪が悪化しそうになった。ナントカしてくれサムライ。
試合自体はサムライが真壁を引っ張る試合。
内容も前の試合よりはマシだが、マシと言うだけで可もなく不可もなく、客の興味も公式戦に行っており盛り上がりに欠ける試合。
そんな熱が出そうな試合の中、後半に見所が。
後半のサムライの連続攻撃は中々良かった。やはり真壁よりは一日の長が見られる。(当り前だけどね)

3.中西×VS安田○(フロントスリーパー)
Aブロックの全勝対決。
先に安田が入場。意外にも大きな声援が飛び交う。後から入場の中西と同等、いやそれ以上かもしれない声援が安田に掛けられる。
中西は相変わらずだが安田は体全体がシェイプされた感じ。
試合開始当初から安田のラッシュ。突っ込む中西をガッチリと受け止め攻め込んでいく。
しかしもっと驚いたのは安田の動き。今までのモタモタした動きは影を潜め攻めにしても受けにしても中々良い動き。
それより安田の『プライド参戦効果』は抜群でスリーパーやフロントスリーパーに行く毎に観客が沸く。これを見るだけでも安田のプライド参戦は成功だったのでは。
一方の中西。攻めがタックル一辺倒で単調になる。
しかも上手くマウントポジションを取るも、GG戦のような説得力のない攻撃。安田を攻め込むまでには至らない。
唯一中西の好期はマッケンロー(なんだそりゃ)からのレッグロックぐらい。
逆に安田は最後まで(と言っても7分強だけど)動きはいつものようにがた落ちせず、中西の攻撃を受けきり、攻め込む。
最後はフロントスリーパーで安田の勝利。内容的にも安田の完勝。
しかし、安田の勝利は意外だった。ここらで御役御免かと思っていたが、まだまだ安田のG1は続いていく。
ここでふっとあることを思いつく『もしかしてこのG1、AブロックとBブロックのブッカーが違うのでは…まさかぁ〜…安田がなぁ…』

4.天山○VS西村×(TTDからの体固め)
最初に書くけど、この試合が今日のベストバウト。
最初の10分はグランド中心の展開が続く。
無我スタイルと言うのだろうか、なにか懐かしいプロレスが展開される。
変幻自在のグランドテクニックを展開する西村、それに真っ向から受けて立つ天山。中々見応えがある。
特に圧巻だったのは西村の天山への左腕の攻撃。
アームロック→腕ひしぎ逆十字→キーロックといった一連の流れを淀みなくこなす。
又、それに負けないぐらい天山も無我ワールドを展開。
10分過ぎ試合が動き出す。天山のヘッドバットから逆エビの攻防。
若手時代の『シャチホコ固め』のようなきついボストンクラブ。それを必死に返す西村。
15分すぎ、今度はチキンウイングスリーパー、コブラツイストなどで西村が天山を攻め立てる。更にジャーマンで天山を追い込むが決定打にはならず。
しかしこの西村のジャーマンは良かった。あんな綺麗なブリッジのジャーマンは久々に見た。
そんなこんなで20分。
更に攻め込む西村。その技を羅列してみると…卍固め、逆さ押さえ込み、レッグクラッチホールド、極めつけはスピニングトーホールド…そう昭和プロレステイスト満載なのである。
西村もたいした者だが天山もカーフブランディングなど懐かしい技を繰り出す。
最後はTTDで天山が西村に勝つがどちらが勝っても良い試合だった。客の反応も最初天山よりの声援が多かったが、徐々に西村の声援が大きくなっていった。
今まで俺は天山の方は評価していたが西村の方はあまり評価していなかった。派手好きな俺としては『対象外』だった。
でも、今回で評価は一変。今後の西村に期待が持てる。
更に前記したような『昭和プロレス』テイストの試合でも十分平成の中でもやっていける事を証明した。

5.蝶野○VSライガー×
休憩明けで蝶野の登場。やはり蝶野の人気は絶大で、この日の一番の声援。
いつもの黒装束での登場ではなく肩にT−2000タオルを引っ掛けただけでリングイン。
一方ライガーは、ケロ曰く『G1バトル仕様』のコスチューム(下半身のみのコスチュームでマスクは対ヘビー級用)で登場。
しかしライガーの上半身ってのは凄いなぁ。普段見慣れていないせいか、改めて驚いた。
試合開始直後からライガーが蝶野を圧倒。タックルやスライデングキック、場外での掌底で攻め込む。
場外でのライガーの掌底で蝶野がコーナーポストに後頭部を打ち付け、倒れこむ。
カウントが12をすぎたあたりから場内が『まさか蝶野のリングアウト負けか?』の空気にざわめき出す。更に勝利を確信したかのようにライガーが拳を突き上げる。
しかしカウント17あたりでなんとかリングイン。
今度は蝶野が場外戦を仕掛ける。
ライガーのプランチャーをかわし、場外でのパイルドライバーを慣行。
今度はライガーが場外で倒れこみカウント10。カウント10をすぎても立ち上がらないライガーに場内は『ライガーのリングアウト負け?』でまたまたざわめく。
今度は蝶野が拳を突き上げ勝利をアピール。
しかしながら、どうにかリングイン。
その後オーソドックスなプロレスを展開。
特に面白かったのはブレーンバスター合戦。
ロープ越し&コーナーポスト上での攻防。
蝶野の珍しいブレーンバスターが見られるか楽しみにしていたが、残念ながら不発に終わり、ライガーに攻め込まれる。
試合全体はライガーが攻めて蝶野が受けるといった試合。
蝶野の受けは上手いと思うが、残念ながら体調が余りよくないのか、動きに切れがない。
10分前後ケンカキックで蝶野の反撃。
STF(フェイスロックと言うよりもスリーパー気味)でライガーを攻め込む。
ライガーも2度のSTFをナントカ凌ぐ。
そして問題のラスト。
ラ・マヒストラルをライガーが仕掛け蝶野を固める。
カウントが『1・2・3』一瞬蝶野が返したように見えたが、ゴングが乱打される。
会場は『あ〜ライガーが勝っちゃった』と誰もが思ったが…
しかし一瞬間が有りケロの『首固めで蝶野選手の勝利』とコール。
会場中、『なんだって?蝶野の勝ち?仕掛けたのはライガーじゃん』ってな感じで狐につままれた雰囲気。一時騒然となる。
当然レフリーに食って掛かるライガー。しかしレフリーは身振りで蝶野の肩が上がっていたとアピール。
同じく蝶野も身振りで『ちゃんと上げていたんだ』とアピール。
勝ち名乗りを受け蝶野が引き上げるも、納得いかないライガーはまだレフリーに抗議。
しかし一歩間違えると完全なクソ試合になるところを二人のキャラが救った感じ。
特に蝶野の『勝ちゃあいいんだよ』とのアピールが効いたのか、ライガーの戸惑いが効いたのか『ふざけるな』ってな雰囲気にはならず、観客も妙に納得していたみたい。キャラ的には良かったが試合的には…

6.村上×VS藤波○(スモールパッケージ)
村上が先にリングイン。その後藤波が懐かしのドラゴンスープレックスで登場。
このドラゴンスープレックスが効いたのかドラゴンコールの嵐。
リングイン直後村上がお約束通り藤波に襲い掛かりタコ殴り。
レフリーの制止も聞かないため真壁以下若手3名がリングインし村上をコーナーポストに押し込む。なんとかリングインした藤波。
ココでようやく開始のゴング。
またまたお約束通り村上のタコ殴りのラッシュ。それを耐える社長。
なんとか村上を捕まえ、社長はスリーパーを仕掛ける。
そして気の抜けた村上に社長お得意のスモールパッケージホールド。
この間開始僅か37秒で社長は村上を封じ込める。そしてこの試合の見せ場は試合終了後に訪れる。
憤懣やるかたない村上は社長に蹴りを見舞うが、社長はそれをキャッチ。そして『本家ドラゴンスクリュー』を慣行。このドラスクの切れが素晴らしく良かった。当然会場はヒートアップし大ドラゴンコール。
その後若手に控え室におし戻される村上を追いかける社長。
ってな感じでお約束通りの試合だが、客はかなりヒートアップしていて満足そう。
社長も村上もいい感じだったな。

7.永田○VS田中×(ナガタロック2)
さっきとは打って変わって握手から始まり静かな立ち上がり。
キックの応酬やバックの取り合いなどオーソドックスなスタイルを展開。
特にレッグロック足の取り合いは中々面白かった。
やはりこれもJrVSヘビーの法則通り、田中が攻めて永田が受ける展開。
5分過ぎ田中が永田の背中にサッカーボールキック。これがいい音で会場中に響き渡り客の反応も『オーーー』と中々良かった。
そうこうするうちに10分過ぎ。
試合が動き出し田中の攻めが更にきつくなる。
蹴りを中心に間接で永田に攻め込むが流石に追い込むまでには行かない。
永田にはまだまだ余裕がある。
ただ一度だけ田中の勝機が感じられたのは腕ひしぎで攻めた時。この時は『まさか永田が…』とは思ったがそうはならなかった。
永田が攻めに転じ裏投げ一発で形成を逆転。
最後はナガタロック2で勝利。
永田の2001年G1初勝利。
予想通りの展開で予想通りの試合内容だったが、中々面白かった。
しかしながらJrとヘビーと言う取り合わせはどうしても無理があるのでは。
もしかしてとは一度は思ったが、攻め込まれても『いつかは逆転するんだろ』と言う気になってしまう。
それと驚いたのは永田に対してファンの声援が思いのほか多かった事。
ライガー以上に人気があるように思えた。
やはり新時代の旗手に期待しているのだろうか。

8.武藤×VS小島○(ラリアートからの体固め)
いよいよ本日のメイン。これを見るためにやってきたようなもの。
ココまで前半はぱっとしなかったけど後半それなりに盛り返していい感じできている。終わりよければなんとやら、で会場も期待している雰囲気。
まず小島が先に入場。声援も多い。
続いて武藤が入場。入場ではこの日一番の声援。
俺は2階から見ていたがスターの雰囲気がプンプン。正しく千両役者登場といった感じ。
試合開始直後、武藤がドロップキック、側転エルボー、フェイスクラッシャーで小島を圧倒。格の違いを小島にも客にも見せつける。
なんとか小島が落ち着きを取り戻すと今度は、四方のロープに寄りかかり中々絡もうとしない。
これは試合を通して感じたのだが、小島が武藤に勝てそうな雰囲気が全くしないのだ。

兎に角王者の雰囲気がバンバン武藤から出ていた。格の違いと言えばそれまでだ…
試合は武藤が小島をコントロールするような試合。小島が完全に武藤ワールドにはまっている感じ。色々小島も仕掛けるが武藤の雰囲気を消すまでには至らない。
しかし7分前後エプロンサイドに立つ武藤に対して場外から小島が放ったラリーアートが武藤の膝に入りこれによれ武藤の動きがおかしくなる。
その後の動きで武藤の膝がおかしくなったのはマジだろう。
当然小島は武藤の膝を攻める。ドロップキック、片エビなど武藤に攻め込むが、まだ小島が勝てそうな雰囲気がしない。
そうこうするうちに10分経過。ここから武藤も攻めに転じる。
膝へのドロップキック(これが又的確に入るんだ)なだれ式ドラスク、そして4の字と小島を攻め立てる。
武藤が攻め立てると、小島と違って『武藤勝利』の機運が見えてくる。
その後一進一退の攻防があって15分過ぎ、武藤はフランケンを小島はコジコジカッターをと大技を繰り出すも決定打にならず。
その後武藤がスリーパーに捕らえると一気に武藤勝利の機運が更に高まる。しかしココをナントカ堪える小島。
さらに武藤は小島のラリアートをかわし浴びせ蹴りを仕掛け、シャイニングウイザードへ。
このとき80%以上の人は武藤の勝利と思ったはず。ところが小島が両手で顔面をガードしてのシャイニング破り。
このとき初めて小島勝利の機運が見えてきた。
後はラリアート2連発で小島の勝利。
その時会場は戸惑いと歓喜が入り混じった雰囲気。
しかし体制は小島の勝利を祝福しているようだった。
兎に角この試合最初から最後まで『小島勝利』が全然見えてこなかった。
最後の最後に出たシャイニング破りでようやく勝利の機運が見えたが、武藤強しの雰囲気は壊れなかった。
小島はこれで、蝶野武藤という三銃士を連破したがまだまだ彼らの雰囲気までは行っていない。

興行全体では前半しょぼかった為75点と辛目だが、流石新日と思えるところも多かった。9月のレインボーも行ってみたいと思う。
それと帰り道でまた前記した事を思い出した。
このG1もしかしてAブロックとBブロックではブッカーが違うのでは?
『まさか、そんな面倒な事は…でも安田だろ…う〜んよるも寝れません。』




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ