7月13日 ZERO-ONE ZeppTokyo
■団体:ZERO−ONE
■日時:2001年7月13日
■会場:ZeppTokyo
■書き手:ほいほい@爆発 (ex:爆発!場外乱闘王

こう暑いとこんな交通の便の悪いZEPPなんかで興行打つなよ!って言いたくなっちゃう…。
と思いながら(爆)ゆらりゆられたゆりかもめ。
観覧車の待機客を眺めながらZEPPの敷地内へ…時間を読み違えて20分前に到着してしまったというのもあるのか
館内めさガラガラ。平日のこんな場所…。まぁ仕方ないのかな。
最終的には7割程度は埋まったものの…これは考えなきゃいけないな。
ライブハウスという事もあって音響はばっちり。しかしながら…試合前に延々と秋山や三沢の曲かけるなよ(笑)



第1試合は佐藤と高岩のはずなのに、何でAOコーナーがかかってるんだ?
とアレクが颯爽と登場。ほにゃほにゃ??
リングアナ「アレク選手たっての希望で、対戦相手の承諾も得ましたので特別に試合を行います。」
とくればもう決まってますよねぇ。本日、試合予定のなかった橋本の入場。
という事で、久々に忘れかけられている第0試合が急遽実現。

第0試合 橋本真也vsアレクサンダー大塚

序盤、タックル等でアレクが攻勢にたつも続かず。
30`の体重差があるのにあないに簡単にタックルとられるって…。(おっと^^;)
橋本、アレクのグラウンドに付き合う素振りは全く見せず。
その後、橋本が蹴りチョップを多用してアレクを圧倒。場外で放った蹴りの音には場内騒然。
いやぁ〜、ライブハウスっていうのは音の響きが抜群に良いですね〜。
見てるこっちが居た堪れなくなるほどのアレクの受け。だけど、その分返さなきゃ…^^;
橋本の重戦車のようなショルダータックルに吹っ飛ばされたアレク。スリーパーを決められ撃沈。
橋本「大塚─ッ!トンネルの出口は見えたかぁ〜!」
ふむふむ。相変わらず、橋本のマイクはセンスないなぁ。
しかし、アレク、トンネルの出口どころか、ますます迷宮にはまってしまったという感じ。

○橋本(8分59秒 スリーパーホールド)×アレク


第1試合 佐藤耕平vs高岩竜一

佐藤、若い割には動きがかなりスローモー。あれだけのタッパがあるとこうなってしまうのか?
それにしても…修斗で培ったもの…何よりJJAで村上に教わったものをすべて忘れたかのような動きには、
ちょっと感動してしまう。プロレスを1からわかろうとしてるのね。
新人選手が先輩選手相手にやる新日本の伝統的な試合内容。
勿論、最後は逆エビでフィニッシュ。しかし、まだ高岩には新日本を出た意味合いが見出せない。
年末に選手生命をかけるような試合に出るらしいのだが…。
まぁ、これは12月に両国で行われるDEEPでの試合と見ていいんだろうけど…。
何だかなぁ…頭以外に光がさしこんでこないような…。

○高岩(12分43秒 逆エビ固め)×佐藤



第2試合 日高郁人&臼田勝美vsスティーブ・コリノ&マイク・ラパダ

妙にうさんくささ爆発のNWAコンビ、コリノ&ラパダ。
しかしながら、豪快というかダイナミックなバンプで場内大受け。
これぞ、アメリカンテイストなのかな?オーバー過ぎると言われればそうだけど…。
ちょこちょこと細かい事をやるよりは多少行き過ぎた方が見栄えは良い。って事でソレガシ的にはGood!
日本のスタイルにもまぁまぁ順応していて、けっこう面白かった。
最後はコリノのリバースDDTにように構えてからのネックブリーカー(エクスプロージョンと言うらしい)でピン。
日高、臼田の良さを引き出して尚且つ勝利を手にする。
試合は良いんだけど…コリノにはもちょっと身体作って来て欲しいかも。そうすれば説得力も十分になる…かも?

○コリノ(11分08秒 片エビ固め※エクスプロージョン)×日高



第3試合 村上一成vsザ・コブラ

村上が出てくるというだけで会場内の雰囲気が違うのだからたいしたものだ。
(って思ってるのは村上ヲタなソレガシだけ???)んまぁ、この試合を見に行ったわけなので許して下さい。
後から入場してきたコブラの奇襲攻撃により始まる…もコブラの攻撃を適当に受けつつも余裕のある村上。
倒してバックマウントを取りタコ殴りした後、村上の定石通り、マスク剥ぎ。
いとも簡単にマスクを剥がされるコブラ…。せっかく前回の武道館よりは身体作ってきたのに…(笑)
と予想通り反則負け。帰り際、レフェリー島田にちゃんと蹴りをお見舞い。
いやぁ〜もうこのはちゃめちゃさがたまらなく素晴らしい村上。
このままずっと枠にはまらない闘い方を…してほしいんだけど…そういうわけにもいかない時が来るんだろうなぁ。

○コブラ(2分02秒 反則勝ち※マスク剥ぎによる)×村上


休憩後、橋本の挨拶。「殺したいほど憎いライバルを呼んでいる。直也─ッ!」
とこの小箱には似合わないほど豪華な顔ぶれ(と言っても橋本と小川だけなんですが(笑))
ここで小川がK-1を迎え撃つ為にここは一つ休戦してプロレス界を守ろう。と(かなり要約)
握手こそしなかったもののマイクで契りを交わした。
さすが…白覆面をかぶらせるだけの事もあり、仲がよろしいようで(笑)


第4試合 星川尚弘vsアレクサンダー大塚

前日、流血した頭と今日、橋本に攻められた右腕にテーピンググルグル巻きなアレク。
アレクの登場に「また出るのかよ!!」との野次あり…。う〜ん、相当厳しい現状のようだ。
んまぁ、ソレガシもアレクの試合を1日2試合見たいとは思えないもんなぁ。
2試合も見られるの?ラッキー。って思われるぐらいにならないと。なかなか難しいとは思いますが。
第0試合同様、受けて受けまくるアレク。攻められているにも関わらず、あまり悲壮感は感じられない。
この辺の感じさせ方次第なのかな。当面は。
小気味良い動きの星川をいったん捕えると、キャプチュード、ジャーマン。ドラゴンと繋いで勝利。
いやはや、またもや迷宮の更に奥に入ってしまったという感じ。まだまだ、光は見えない。

○アレク(7分36秒 レフェリーストップ※投げっぱなしドラゴン)×星川



第5試合 藤原喜明&石川雄規vsトム・ハワード&ショーン・マッコリー

ハワード、デカイ。隣にいるのがちびっこギャングなマッコリーだから一際目立つ。
軍人の誇りをかけて、関節をかけられればホフク前進。素晴らしいほど元軍人ってのをいかしてますね。
(実際のとこホントかどうかは知りませんが(笑))
さしあたってたいした見せ場はなく、ハワードがフロントネックロックの要領で藤原を捕えたところに、
エルボースマッシュのようにパンチ(?)をいれると藤原ダウン。ピクリとも動かずレフェリーストップ。
その技名に驚き。サイレントデス。ホントに静かに暗殺してしまった感じ。
もうここまで徹底されると誉め言葉以外浮かばない。橋本はホントに面白い選手を見つけてきたものだ。

○ハワード(11分02秒 レフェリーストップ※サイレント・デス)×藤原



第6試合 大谷晋二郎vs田中将斗

この二人のグッドワーカーが試合すれば外れはないとは思っていたけど…。いやはや何ともかんとも。
田中の躍動感溢れるエルボーから幕が開く。顔面ウォッシュなど大谷を意識した攻撃を見せる。
が、低空ドロップキックを食らうともうそこからセルのオンパレード。
大谷の徹底的なヒザ攻めがそれをより一層深みのあるものに仕立て上げる。
もう最初から最後まで大谷ぺヱスなんですよね。これが差なのかな?
世に言うメジャーとインディーの…(この言葉あんまり好きじゃないので使いたくはないんですが^^;)
もう大谷に田中が踊らされてるというか何と言うか…すべてを大谷に受けきられたというか…。
1回は、田中がダイヤモンドダスト、パワーボム、ダイビングボディープレスで攻め立てるも、
その後の大谷の反撃…スワンダイブミサイル、ジャーマン、ドラゴン…そして久々のスパイラルでピン。
両者が噛み合った好試合であった。…が、どこか物足りなさを感じてしまう。
それは…やっぱり予想範疇内の好試合だったからなんでしょうね。
もっともっと良い試合出来ると思ってるので…次、再戦した時にはまた期待させてもらいます。

両者が認め合った握手を交わしたその時!!イスを片手に入ってきた村上。
もう定番になってしまったが、ただそこに村上がいるというだけで殺気の伝わり方が違う。
とマイクナシで「おい!お前ら何握手なんか、しとるんじゃい!!」
あれよあれよと石川、アレク、そして橋本までが雪崩込んでくる。
と、橋本が徐に「お前ら全員試合組むぞー。総当りでやれ。」と…大谷の言う熱いやつらだけのリーグ戦をやるようだ。
まぁ今現在、粋の良い選手が集まってるから面白そうだけど…まだやるには早過ぎるのかも。
やるのだったら、もっと派手にやって欲しい。良い選手はまだいる。そしてまだ機は熟していない。

○大谷(15分37秒 エビ固め※スパイラルボム)×田中


ん〜。このキャパにしてはなかなかだったんじゃないんでしょうか?
次、また行くか?と言われたら悩んでしまいますが…(笑)
確かに色々と楽しめる。が、それはまだそこそこのものでしかない。
次の興行に足を運ばせるような面白さをZERO-ONEには期待したい。それが出来なければ…終焉の時は近い…かも。




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ