ZERO−ONE ZeppTokyo7/13大会観戦記
■団体:ZERO−ONE
■日時:2001年7月13日
■会場:ZeppTokyo
■書き手:ダイス
Zepp2daysとなれば橋本の出る12日の方を取るのが普通だと思うが、ほぼ確実に好試合になる
ことが予想される大谷vs田中と、どんな試合になるか想像もつかない村上vsコブラに引かれてあえて
13日の方へ。見づらいと評判のZeppだが入ってみると納得。なにしろ段差というものが無い。まあ、
ライブハウスとして作られてるんだから当然だが、こんな会場で興行するなよ。ざっと椅子を数えてみたが、
フルハウスで800人ってところか、あんまり大雑把な発表をすると笑うぞ、橋本。入りは8割ぐらい。
20分押しでスタート。あんまり遅れるとメジャーと認めてやらないぞ、橋本。

対戦カード発表の後、なぜか「AOコーナー」が流れる。リングアナ「アレクサンダー大塚選手の強い
希望と対戦相手の了解により特別試合を行います」流れるは「爆勝宣言」おお、場内大歓声で橋本
入場だあ。蹴りとチョップでひたすら攻める橋本。アレク、頭に包帯を巻いているが、左腕も負傷して
いるようで、精彩が無い。ただただ受けるだけ。もともと受けてナンボの選手ではあるが、なんだか見て
いる方がいたたまれなくなってきた。終盤、チョップをとって腕十字とか、蹴り足とって膝十字などの
切り返しを見せるも、そういうのは切れ味鋭くやるから映えるんであってダース単位で受けた後では
何が何やら。むしろ打撃で返さねばならんだろ。試合は橋本のスリーパーでレフェリーストップ。
橋本「大塚!トンネルの出口見えたか!」きびしいと思います。

8分56秒 橋本(レフェリーストップ)A大塚

第1試合 高岩竜一 vs 佐藤耕平

これもけっこう謎のカードだな。佐藤でかい。このサイズならいろいろ夢を見たくなるが、5分と持たずに
息があがる。高岩、張り手、エルボー、ラリアットとおなじみの打撃全開。佐藤も返すが、スタミナ切れが
早い。払い腰や裏投げなどを見せるもデスバレーから逆エビでタップアウト。まあ餅つきが出せる相手
ではないか。この二人、何のために01に来たんだろう。

12分43秒 高岩(逆エビ固め) 佐藤

第2試合 日高&臼田 vs S・コリノ&M・ラバダ

外人組二人ともキンキラのジャンバーで入場。コリノはベルト付き。辛気臭い試合が続いたので、ほっと
一息。外人組、ゴングを待たずに突っかけるも、あっさり返り討ち。臼田調子良く蹴りを入れると、コリノ
蹴りの受け方を知らないかのようにいい味で倒れていく。けど、ダウンカウントは無いのね。まあ第2試合
としては十分に面白い。最後は臼田がラマダの変形スタナーみたいな技で動きを止められたところを
日高がコリノのやはり変形スタナーみたいな技(形は違う)で沈む。

11分8秒 コリノ(片エビ固め)日高

第3試合 村上 vs ザ・コブラ

さあ、心のメインイベント開始。村上の幟が上がる。コブラがリングにあがるやいなや、村上に襲いかかる。
村上場外に逃げる。しかしコブラの攻勢はここまで。リングに戻った村上、殴る蹴る殴る蹴る殴る蹴る、
ダウンを取ったら、マスクをはいであっという間に反則負け。素晴らしいぞ村上。判定に不服なのか、
島田にも蹴りを入れる。いいぞ村上。島田足を引きずり退場。こんな決着なのに会場大歓声である。
いやあ、素晴らしい村上&島田。

2分2秒 コブラ(反則・マスク剥ぎ)村上

休憩明け、橋本登場。野次に適当に応えつつ(でも、「猪木はどうして大仁田から逃げてるの」という野次
には聞き返した上で黙殺)「殺してやりたいほど憎いライバルが来てます」と小川を呼び込む。
小川K−1との共闘を猪木軍ということで橋本に呼びかける。すっかり仲良しだなあ。一応握手はせず、
橋本の「小川、必ずやってやるぞ」で寸劇終了。

第4試合 A・大塚 vs 星川

アレク、左腕にも包帯を巻いて入場、動きが悪い。星川は元気。サムライ実況用か、辻の声が不快。
攻める星川、受けるアレク。しかも星川の攻めは蹴り中心と、第0試合の焼き直しみたいである。見てる
方はつらい。アレクひたすら受けつつ、星川の蹴りをとりキャプチュード気味に放り投げ、ジャーマン2連発
から、ドラゴンスープレックスで試合終了。出口は遠そう。

7分36秒 A大塚(レフェリーストップ)星川

第5試合 藤原&石川 vs S・マッコリー&T・ハワード

噂の元グリーンベレーの登場だ。とりあえず永田がこの前やった海兵隊員よりは説得力がある。固そう
な感じがいい。一方のマッコリーだが、一体LAボクシングジムってのは何を教えているのか、とても楽し
そうな動きを見せる。試合の方は、組長が元気。ハワードを裏アキレスにとらえたりするが、ハワード
匍匐前進でロープエスケープ。自分のギミックに忠実な選手はいいねえ。石川が何をやったかほとんど
印象が無いんだが、ハワードが組長の首をひねると、組長失神!恐るべし、グリーンベレー。
会場の発表は単にレフェリーストップなんだが、あの技はNoいくつなのかなあ。

11分2秒 ハワード(レフェリーストップ)藤原

メインイベント 大谷晋二郎 vs 田中将斗

田中目当てのファン多し。というか、大谷ホームリングなのにすっかりヒールである。「田中!インディー
の意地を見せてくれ」とかの熱い声援を受け序盤は田中優勢。コーナーにぶら下げ顔面ウオッシュなど
を見せるが、大谷、低空ドロップキック一発であっさりペースを握る。田中の足をとるとそのままリング内
を引きずり回し、必要以上のアピールをしての逆エビから徹底的に足狙い。その後、田中のエルボーと
大谷の前蹴りの打ち合いで、田中が打ち勝ったり、コーナーポストに上がった大谷を叩き落とそうと、
3度張り返されながらも雪崩式ブレンバスターを決めたりと田中にも見せ場は訪れるが、全体に大谷
ペース。いや、大谷の掌の上と言うべきか。田中がパワーボムで叩き付けた後、スーパーフライ狙いで
コーナーに上がるまで、足をバタつかせながら待つ大谷にメジャーの余裕を見せ付けられた。
最後は大谷のスワンダイブ後頭部ドロップキックからドラゴンスープレックスをカウントとらせず、キック
アウトし、ローリングエルボーを出すが、田中はここまで。大谷カウント2でキックアウトしスパイラルボムで
ピン。まあいい試合だったけど、会場と俺の間には微妙に温度差があった。

17分37秒 大谷(エビ固め)田中

試合終了後田中ファンの失望の声の中、二人は握手。そこへ椅子を放り投げたのは、やっぱり村上。
険悪なんだか、そうじゃないんだかよくわからない空気の中、やってきたのは破壊王。「お前ら、やりたきゃ
試合でやれ。総当たりで組むぞ」乗ってきたのは石川、アレク、そして田中。(高岩は?)
大谷の「あー、楽しくなってきた!」という熱いんだか呑気なんだかよくわからないマイクで締め。
なんだかなあ。今後は後楽園なら行ってもいいけどZeppやディファだったらパスだな。

全試合終了は9時20分ぐらい。会場を出ると観覧車の前には長蛇の列ができているのであった。




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ