7/6修斗後楽園ホール大会観戦記
■団体:修斗
■日時:2001年7月6日
■会場:後楽園ホール
■書き手:うしをたおせ(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

水道橋を降りるとなんだかいつもと違う人の賑わいで、野球あったっけなって思うと、なんだか
様子がおかしい。と思ったら浜崎あゆみのコンサートだった。みごとに浜崎もどきが多かった(笑)。

そんなわけで、ダフ屋から東京ドームのチケットを買う誘惑から逃れつつ(嘘)、浜崎あゆみの
ブロマイドに囲まれ、浜崎あゆみファンを掻き分けながらたどり着いた後楽園ホール。
えー、かなりの客の少なさ・・・。それは言いすぎだけど、開始時6割ちょっと。
最後でも8割はいってなかっただろう。

きっと隣の東京ドームで浜崎あゆみのコンサートをやっていたからだろう。
浜崎あゆみと修斗は客層が重なっているから。(嘘)

やっぱカードがさびしいからだろうなー。あとクラスBでもいいからクラス組めば、
関係者や友人が来るのに。外国からたくさん選手呼ぶと、金銭的問題で、カードが少なくなるのかな?


【第1試合】ライト級 5分2R
●亀田雅史(日本/格闘サークルコブラ会)64.5kg KO 1R 4'17" ○山本"KID"徳郁(日本/PUREBRED大宮)64.7kg

相変わらずの凄い上半身の筋肉のKID。相変わらず凄いタトゥーの亀田。
相変わらずきれいな山本美優、相変わらずかわいい山本聖子。相変わらずの風貌の山本父。

KID、フックをガンガン打ち込んでいく。あの筋肉だから威力はかなりのもの。前回よりきれいに
パンチは打ててる。亀田はなんとか組み付こうとするが、当然アマレス王者のKIDは突き放す。
連打からKIDがアッパーで顎を打ち抜き、亀田ダウン!間に入った鈴木レフリーを勢いでKIDが
ふっとばす。ムッとする鈴木レフリー。やっと冷静になり、謝るKID。またもパンチで攻め込むKID。
ガードが下がったところを踏み込んで、ロングの右フックがもろにヒット!!で亀田吹っ飛びダウン!
なんとかガッツで立つも、足フラフラでストップ。

いやー、強い。やっぱ強いはKID。修斗におけるダン・ヘンダーソンを目指している模様。
タックル全く使わずにあの強さ。うーん凄い。早くクラスA上がってきてください。
でも、まだ少しパンチは荒い。上体が固くて、膝蹴りとか喰らいそうな感じ。
早く負けるところが見たいって思うほどの強さを感じるホントいい選手。

亀田選手、相手が悪かった。ていうか、タイプ的に分が悪すぎ。


【第2試合】ウェルター級 5分2R
○杉江"アマゾン"大輔(日本/ALIVE)69.7kg 判定 3-0 ●石田光洋(日本/総合格闘技TOPS)68.9kg
※ 鈴木[メイン]20:18 菅野[サブ]20:18 横山[サブ]20:19

1R 杉江力強いパンチで押す。石田タックルするも杉江切る。石田バランス崩しガードに。
石田ガードなかなか上手い。相手にしがみつき、攻めさせない。なんとか杉江パンチを入れる。

2R 石田タックルから投げ。しかし杉江腰が強い!潰して上に。で、ハーフ。上からパンチを入れる。
セコンドから盛んにパスするよう指示が飛ぶが、どうしても杉江は足が抜けずそのまま終了。

判定は当然杉江。ちょっと喜びすぎか。まあ、杉江が地力を生かして、完勝といえば完勝。
でも動きのない寂しい試合。やっぱりパス、もしくは激しい打撃を期待したかった。
石田選手は悪くなかったけど、何もできなかった。まあ直前のオファーでデビュー戦じゃしょうがない。


【第3試合】ライト級 5分3R
○ステファン・パーリング(アメリカ/JIL)63.8kg 判定 3-0 ●野中公人(日本/PUREBRED大宮)65.0kg
※ 鈴木[メイン]29:28 菅野[サブ]29:28 浦[サブ]29:27
※※ 3R、ロー・ブローの反則でパーリングに減点1

1R 野中タックル。パーリングしっかり切る。野中打撃で踏み込むも、パーリングの凄まじい左フックが
襲う。パーリング基本的にカウンター戦法だが、野中が近づくとアッパー気味の右フックを放ち、
野中に組ませない。野中タックルから片足とるも、パーリング、ヒザ、パンチ、そして素晴らしい
バランスで倒れない!また野中タックル、パーリング倒れるも、すぐ立つ。パーリング凄まじい左フックを
当て、野中少しよろめく。

2R パーリング今度は右フックで押し込む。野中倒れるもパーリング深追いせず、野中立つ。
野中、バックスピンキック放つ。右ハイ当たる!野中得意のフェイントからのロー。ここらへんは
修斗を代表する立ち技系シューターの持ち味爆発。野中タックルでコーナーに詰める。

3R 少し見合い。野中タックル、コーナーで倒されそうになったパーリングが、かなり強めのヒザを
金的に!野中何分も悶絶。パーリングに減点1。パーリングまたパンチで攻め込む。野中タックルも
切られて、逆に足掛けられテイクダウンされる。野中は腕十字狙い。パーリングは細かいも強い
パンチ落とす。

減点をものともせず、パーリングが完勝。いやー凄いやパーリング。もう最高。前から強いと思って
たけど、マジ強い。これだけかっこよくて完成度の高い打撃系(ボクサー系)シューターはいない。
いやー、戦いっぷりがかっこよすぎる。どんどん上位ランカーとやってほしい。
だって34歳なんだもん(^-^;)。
野中選手も良かった、相変わらずのいい動きを見せてくれた。どんどん試合をしてほしい。
だって33歳なんだもん(^-^;)。


【第4試合】ライトヘビー級 5分3R
●マルタイン・デ・ヨング(オランダ/NTL)82.7kg 判定 1-2 ○竹内 出(日本/SHOOTO GYM K'z FACTORY)82.9kg
※ 鈴木[メイン]28:27 菅野[サブ]27:28 横山[サブ]28:29
※※ 3R、ロープを掴む反則でヨングに減点1

1R 見合い。竹内差してサバ折。しかしマルタインは肘をロープに引っ掛け、倒れない。レフリーが
注意しようが何でも、何が何でも肘を引っ掛け倒れない(^-^;)。K’zセコンドからは野次が、観客からは失笑が。
「マルタイン、日本好きらしいけど、あんたには侍の心がないね」って思った・・・。
レフリーもこのとき減点しろって。でも竹内はそのまま引きずり倒す。マルタイン下からガンガン蹴り上げる。
竹内インサイドからパンチ。竹内立ってアリイノに。

2R スタンド見合い。マルタインのヒザが当たる。僕にはきれいにボディに入ったように見えたが、
ローブローと判定され、中断。急に竹内の動きが鈍り、マルタインのヒザ、右ストレート、左フックが
ガンガン当たり、竹内ヨロヨロと崩れ落ちる。ダウンじゃないの?ヨングは上乗ってガンガン殴れば
良かったと思うんだけど、足もかからない、バランスの悪いスリーパー狙い。竹内何とか立つも、
またも左フックがバシッっと当たる。しかしなんだかマルタインがスタミナきれたようでフラフラ。
しきりに時計を見ながら逃げ気味に戦う(^-^;)。またもパンチが当たり、竹内が崩れたところでゴング。

3R 竹内タックル。ロープの間から身を投げ出し明らかに外に逃げようとするマルタイン(^-^;)。
なんとか引きずり出し上からハーフを取る竹内。マルタインガードに戻す。竹内いつもどおりインサイドから
パンチを落としていくが、決定的なパンチは当たらず。

試合後、マルタインのロープ掴み(?)への減点が発表された。それ自体は納得だけど、マルタイン本人は
いつ知ったの?試合後に知ったのならちょっと問題。減点されてるかどうかでその後の戦いぶりが当然
変わってくるんだから。
で、2:1の僅差判定で竹内。僕は28:28でドローかな。
竹内選手もっと強いと思ったんだけどなー。なんだか勝つには勝ったが全然次回につながるような内容じゃなかった。
マルタインもマルタイン。好感持ってたんだけど、今回の試合で・・・。


【第5試合】ミドル級 5分3R
○加藤鉄史(日本/PUREBRED大宮)75.9kg 判定 3-0 ●レイ・クーパー(アメリカ/JIL)75.3kg
※ 鈴木[メイン]30:27 菅野[サブ]30:27 浦[サブ]30:28

1R クーパー、パンチで突っ込む。加藤かがんでタックル。足すくって上に。加藤パンチや鉄槌猛連打。
クーパーは腕十字狙い。クーパー立ち上がるも、加藤組み付き見事に反り投げ気味に崩して投げてサイド奪取。
クーパー、ガードに戻す。加藤パンチ連打。クーパー三角十字狙い。腕伸びるが、加藤持ち上げて腕抜く。
加藤またパンチ。クーパー腹をけって起き上がり今度は上に。そしてパンチ連打。

2R クーパーまたパンチで押す。また加藤もぐって片足とってテイクダウン。上から常にパンチ連打。
クーパーたまにパンチ打ち返す。加藤は全くパス狙わず。場内シーン・・・。

3R またも無策にクーパー突っ込んで倒される。そして全く同じ展開・・・。ぜーんぜんパスを狙わない加藤。
セコンドもパンチの打ち方を指導するだけ。全くパスは狙わない。

で、加藤じみーに判定勝ち。うーん、この前(シウバ戦)がひどい負け方だったから勝ちたかったのは分かるけど、
ちょっと・・・。観客からすれば一番つまらない試合。前のどんどんパスし、マウント奪ってボコボコにする
鉄史はどこに行ってしまったのか。うーんマジでつまらなかった・・・。
クーパーも日本に来て何もできなくてかわいそうな試合。でもクーパーもクーパー。なぜあんなタックルされやすい
突っ込み方するかなー。パーリングにタックルの切り方教えてもらってほしい。


【第6試合】ライト級 5分3R
●バレット・ヨシダ(アメリカ/グラ・アン)64.2kg 判定 0-2 ○戸井田カツヤ(日本/和術慧舟會)64.4kg
※ 鈴木[メイン]27:27 菅野[サブ]27:29 横山[サブ]27:28
※※ 1R、グラウンドにある対戦者の頭部を蹴る反則でヨシダに減点1

トイカツ、いつもの整体師ファッションで入場。そして宇野君も同じく白衣の整体師ファッションで入場(^-^;)。
そして廣野君が看護婦ファッションで入場(笑)。コンテンダーズでの久松先生とのボケはつまらなかったが、
今回は良かった。カメラマンも大喜びで、セコンド陣の写真を撮りまくり。

1R バレット、ロー。引き込んでそのまま三角!ものの見事に極まる!しかしトイカツ座って足を胴にかけて
頭を抜く。お見事!バレットすかさずバックを狙う。トイカツ、ガードになる。バレット、ガンガン、パス狙う。
トイカツ、スペースに足を入れ、スイープ!しかしバレットタックルでまた上に!トイカツ起きるもバレットギロチン!
トイカツ頭抜く。トイカツ下になったとこで、アリイノに。バレット、ルミナ戦のペデネイラスのように
トイカツの頭を蹴り上げる!でトイカツ、バッタリ。バレットに減点1。本物の白衣を着たドクターが前出の
宇野君と廣野君と一緒にトイカツを心配する姿に会場は和む(笑)。
再開後トイカツ、タックル。バレットのギロチンがっちり極まる!キャッチ!しかしまたもトイカツ凌ぎ、
今度は上からパンチ落とす!バレットすかさずヒザ十字!トイカツなんとか凌ぎ、そのままマウント取る!
素晴らしすぎる第1R。僕の近くのプロシューター達も拍手喝采。

2R バレットすぐギロチンに。トイカツ抜いて上に。トイカツアキレス狙い。バレット上に。バレット強いパンチ
落とす。トイカツ下からアキレス狙い、そのまま上に。パスしながら上からパンチ連打!だんだんトイカツペースに。

3R バレット、引き込んでガードに。トイカツ小さなパンチ落とす。トイカツ、ハーフになり抑えてパンチ連打!
すばやくマウント狙い。バレット足入れて凌ぐ。トイカツまたハーフからパンチ連打。バレット、スタミナ切れか
すっかり動きが落ちる。とうとうトイカツ完全にパスし、上四方に!そして腕十字へ!完全に腕伸びるも、
バレット体起こして凌ぐ。でゴング。

後半攻めまくったトイカツがバレットの減点もあり、判定勝利。落胆し崩れ落ちたまま動かないバレット。
いやー、もう素晴らしい。二人の寝技が凄すぎる。年間最高試合か。1Rは年間最高ラウンドといってもいい。
寝技に限定すれば間違いないだろう。
バレットはどうも修斗ルールではもろさが出る。まあ今日は体調がかなり悪かったって話もあるが。
三角とかの切れは凄まじいのだが、試合終盤で簡単に自分から下になるシーンがあり、もったいない気がする。
トイカツはもう凄いったら凄い。下になってのスペースの作り方、足の利かせ方が凄い。
上になってもパスの仕方が凄い。いやー早く上位二人との試合が見たい。
本人も「入場はふざけてるけど、ブラジルにいる王者を倒してチャンピオンになりたい」とベルト狙いを宣言。
とにかくあっぱれです。

まー、ずっと言ってたように寂しいカード。寂しい試合が多かったんだけど、メインで吹き飛びました。
メインはホント大事。

他の情報としては

中山巧選手が6月の月間MVP。
今泉VS松根戦が月間ベストバウト。全員当日知らされたそうだけど(^-^;)。

8月のパレ興行(?)で今泉VS吉岡のクラスA対決が決定。

9月の後楽園大会でバレットVS勝田のチャンピオンシップが決定!うーん楽しみ。今後どんどん後楽園で
チャンピオンシップを組んでください。

またマッハの大阪大会出場が決定!これ以上ないカードで坂本さん押してきました。
また楽しみが増えました。ネットではシウバ?なんて噂が出てますね。どうなんでしょ。
まあ、早くカード決めてほしいですね。選手のために。まあ僕は99%行きますが。

そんな感じの大会でした。そして帰りは例のドームの客とばっちりぶつかって大変(^-^;)。
居酒屋がどこも埋まっていたので格闘技ファン、格闘技関係者御用達居酒屋?コロッセウムへ。
プロシューターが3人。格闘技雑誌記者が数名いました。
で、ドラゴン餃子を食べながら、ジョン・ルイスにボコられて号泣するルミナを見てジーンとしてたのでした。




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ