6/30修斗下北大会観戦記
■団体:修斗
■日時:2001年6月30日
■会場:北沢タウンホール
■書き手:うしをたおせ(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

さてさて行って参りました。仕事帰りじゃないので、17:30の試合開始にもちろん間に合いました。
でも、会社帰りの人も随分いたみたいで、途中から来てました。高いチケット買ってるもらってるわけだから
早い時間の開始はどうなんでしょ?今日なんか全部判定だったけど終了19:30だし。
やっぱりそう考えると早いような気がする。日曜はもちろん早い開始でいいんだけど。
平日なんて、19:00開始でいいじゃん。終わるの9時過ぎじゃだめなのかな・・・。

ま、いいや。入場時は6割ぐらいの埋まり。でも最後はほぼ満員。ってことで観戦記を。

【第1試合】バンタム級 5分2R
○久保山 誉(日本/SHOOTO GYM K'z FACTORY)55.9kg 判定 3-0 ●生駒純司(日本/直心会格闘技道場)55.8kg
※ 鈴木[メイン]20:19 菅野[サブ]20:18 横山[サブ]20:19

生駒は黒スパッツにあの黄色い直心会マーク。体は細い。久保山も黒スパッツ。

1R 久保山タックル。生駒切ってヒザ。パンチ打ち合い。久保山足掛けテイクダウン。生駒ガード。
生駒立つ。今度は生駒が足掛けてテイクダウン。

2R パンチ打ち合い。生駒打ち合いを嫌うような感じでタックルに。久保山がぶってそのまま
倒して上に。ハーフに。パス狙いながらパンチ落とす。そしてパス。生駒体捻って立つも、
また倒され下に。生駒、ネルソンの形で一瞬コントロールしかけたが、久保山脱出し、パンチ。
生駒また立つも、また久保山テイクダウン。

久保山選手堅実なグラウンドでうれしい初勝利。
生駒選手、意外と打撃は苦手そうだった。ちょっと緊張して動きが固かったかも。


【第2試合】フェザー級 5分2R
○小塚誠司(日本/PUREBRED大宮)60.0kg 判定 2-1 ●赤崎勝久(日本/SHOOTO GYM K'z FACTORY)59.8kg
※ 鈴木[メイン]20:19 菅野[サブ]20:19 横山[サブ]19:20

1R 小塚猛烈に突進しタックル。赤崎パンチやヒザで応戦。小塚テイクダウンし、マウント!
腕十字狙うも、赤崎抜いて上に。赤崎積極的に何度もヒールを狙う。2回ほど極めかける。。そしてたまに
強いパンチ落とす。小塚下から三角狙い。そして下から蹴りあげ、少し当てる。立つも、また
赤崎上に。そしてパンチ。小塚隙を突いて三角ほぼ完全に極める!しかしすぐゴング。

2R 赤碕首投げするも失敗。小塚バックマウントを取り、スリーパー狙い。赤崎は落ち着いて凌ぐ。
小塚腕十字に移行するも、赤碕腕抜いてまた上に。そして上からパンチ。小塚も小さいパンチ返す。
そうそう、試合中、下になって劣勢のとき、小塚は「ちくしょー・・・、一万円(勝利者賞?)」
とぼやきはじめる。会場は苦笑。あたらしいキャラかも(^-^;)。

判定は2:1と分かれた。確かに難しい判定だと思った。僕は赤碕有利だけどドローかなって思った。
小塚は得意の寝技で、1R終了時ほぼ三角絞めを極めかけた。でもキャッチが入らなかった。
2Rはバックマウントからスリーパーを狙い続けた。でも極まりそうになかったし、キャッチも
入らなかった。対する赤崎は危ないシーンもあったが、打撃は優勢、上になると積極的にパンチを
落とし、当てていた。ヒールも何回も狙った。うーん判定は難しいな・・・。

【第3試合】ウェルター級 5分2R
●竹内幸司(日本/シューティングジム横浜)69.5kg 判定 0-2 ○山崎 剛(日本/TEAM GRABAKA)69.1kg
※ 鈴木[メイン]19:19 菅野[サブ]19:20 横山[サブ]19:20

1R 竹内のローに合わせ、山崎鋭いタックル!でテイクダウン。竹内下から細かいパンチ。そして
オープンにし、横浜ガードへ。山崎ガンガンパス狙い。しかしさすが竹内ハーフまでは行かせるも
パスさせず。竹内下から細かいパンチ。山崎一回強いパンチ。竹内立つ。山崎タックルもコーナーで
膠着。

2R 山崎またローに合わせタックル。竹内、コーナーに詰まりながらもギロチン狙い。横浜セコンドは
「倒れるな!ギロチンで力を使うな!」と竹内のスタミナ切れを心配するアドバイス(^-^;)。
結果的にセコンドの指示通りの方が良かった気が・・・。自ら倒れ、かなり深く入ったギロチンで
絞り上げる竹内。キャッチも入り、極まるか?と思ったが頭を抜く山崎。山崎また果敢にパス狙い。
ハーフになり、終盤パンチを連打する。

2:0なるも判定勝ちの山崎。ある意味金星。クラスBのトップに勝ったんだからホントお見事。
さすがテイクダウンからの攻めはかなりのもの。これからも山崎選手楽しみ。
でも、相性もあったと思う。打撃、パワー等、色々穴がまだあるように見えるんで、
スタンド打撃が上手く、テイクダウンに強い選手とやったら、今は難しいと思う。
竹内選手、やっぱ作戦ミスだと思う。打撃も上手いんだから、簡単にテイクダウンされずに、
スタンド打撃にこだわれば、実績通りに勝てたと思う。


【第4試合】ウェルター級 5分2R
●大内 敬(日本/パレストラTOKYO)69.2kg 判定 0-3 ○小谷ヒロキ(日本/SHOOTO GYM K'z FACTORY)70.0kg
※ 鈴木[メイン]19:20 菅野[サブ]18:19 横山[サブ]19:20

大内選手、「MAD SCIENTIST」のロゴと、今までの数ある大会入賞歴の入った、赤いTシャツを
新調。後ろしか見てないが、かなりかっこよかった。デザインがいい。

1R パンチ打ち合い。大内は積極的にハイも。大内、タックルも切られる。大内、立ちあがって、
組んだあとはヒザ。終盤すくい投げでテイクダウン。そしてパンチ猛ラッシュ。小谷はガードして凌ぐ。

2R 大内の足取って、小谷テイクダウン。大内スイープ狙うも小谷凌いでバック取る。大内、桜庭ロック
仕掛けるも、小谷潰して、上からパンチ。アームロックも狙う。大内、立って打撃戦に。
大内、バックハンドブローも放つ。大内、タックルいくもスピードなく、がぶられ、コーナーで完全に潰され
上からパンチを連打され、ゴング。

小谷うれしいうれしい初勝利。最後まで落ち着いて戦ったことが良かったか。
大内1Rは押していたのに。またスタンド打撃もやや優勢だったのに。自らペースを崩してしまった
ように見えた。もったいない。


【第5試合】ミドル級 5分2R
●ザ・ばばんば(日本/パレストラTOKYO)75.6kg 判定 0-3 ○和田拓也(日本/SHOOTO GYM K'z FACTORY)75.9kg
※ 鈴木[メイン]18:20 菅野[サブ]18:20 横山[サブ]18:20

ばばんば、いつものインディアンファッション。そしてボディブレードを口にくわえ、跳ねて登場(^-^;)。
和田はグラントロフィーの孫悟空ファッションで登場。なかなかかっこいい。マッハの方が似合うけど。

1R 和田タックルでテイクダウン。ばばんば、すぐに三角狙いも凌がれる。ガードに。ばばんば下から
細かいパンチ。和田たまに重いパンチ落とす。

2R 和田タックル。ばばんばいったんは完全に切るも、コーナーに詰まったところをすくわれ、またも
テイクダウンされる。ハーフに。和田は肩パンチ。ばばんば、隙をついてガードに戻す。
そのままお互いたまにパンチ打つだけ。うーんちょっと場内退屈。和田はパスを狙うわけでも、激しく
パンチを放つでもなかった。パレのセコンドからは、「オープンで勝負をかけろ」と盛んに指示が
飛んでいたが、ばばんばはクロスのままで終わってしまった。で、判定。うーん・・・。

和田選手、見事クラスA昇格。強いのは間違いないけど、今度はもっと動いてね。
ばばんば選手はテイクダウンされたのが全て。場外に出てでも、タックルをがぶりきるべきだったか。


【第6試合】ウェルター級 5分2R
○中山 巧(日本/パレストラTOKYO)69.9kg 判定 2-0 ●チャーリー・ピアソン(アメリカ/AMCパンクレイション)70.0kg
※ 鈴木[メイン]20:20 菅野[サブ]20:18 横山[サブ]20:18

1R 中山猛ダッシュで突っ込む。(跳びヒザを狙っていたとのこと)しかしすかされ、
見事パンチを喰らう(^-^;)。なんとか組み付き、得意のサバ折りを狙うが、ピアソン、スタンドで片ヒザを
立てて、サバ折りさせない。中山組み直して投げてテイクダウン。中山上からローキック。そして足を
捌いてのパスを狙う。ピアソン、足を利かせパスさせない。ピアソン下から蹴り上げる。たまに当たる。
インサイドで膠着すると、ピアソン、下からヒザを地味に腹に当ててきて嫌がらせ。
中山、回り込んでパスし、すぐマウントとってパンチ。戻されゴング。

2R 中山パンチ連打で押す。コーナーに詰まり、お互い肩パンチ。中山、今度はサバ折りでテイクダウン。またもピアソンは下から細かいパンチ
と蹴り。中山またも足を捌いて、パス、マウント!そしてパンチ連打!崩されるもまたマウント。そしてパンチ。最後はバランス崩し、ガードに。
アリ・猪木状態でゴング。

基本的には中山選手が常に主導権を握った安定した試合。いつもどおりに上から攻めた。
しかし、20:20が一人いたように、威力はさほどでもなかったが、ピアソンの下からのパンチ、蹴りは
なかなか的確だった。力はそんななさそうだが、細かい技術があってピアソンかなりいい選手と評判。
まあ、残り二人が20:18だと考えると、採点基準の再確認をして欲しい気もするけど。

判定ばかりだったけど、退屈しなかった大会。
ヤスミンも一応大丈夫だそうで、早い復活を期待して待ってます。

で、金曜日(7月6日)の全カードはいつ発表されるの・・・(^-^;)?




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ