パンクラス成長への通過点。
■団体:パンクラス
■日時:2001年6月26日
■会場:後楽園ホール
■書き手:ほいほい@爆発 (ex:爆発!場外乱闘王

暑い…。あまりの暑さにやられダウン。部屋で干乾びていたら…もう6時過ぎ!?
慌てて電車に駆け乗る…ギリギリセーフ。会場入り口にはライアン・ボウが…。
そしてホールに入ると大山峻護。客層から選手層から…何から何までかなりの変化が見られる。
勿論…そこに熱い闘いがあるのには変化はないんだけど…。(ん?)
クーラーはかなり効いてたけど…(謎)



第1試合 砂辺 光久vs出口 直樹

ストライプル所属の出口。セコンドには勿論、平直行。
一方の出口はハイブリッド武限というパンクラスの沖縄支部のようだ。これぞ沖縄!というような沖縄顔。
しかも今となっては懐かしい代物であるレガースを着用。
60`以下契約という事なので、選手自体がちっちゃいし細いので迫力が伝わって来ない。
それは小さいからという事ではなく…場違いなんじゃないの?という感じ。
それ程、これから闘う。みたいなオーラのようなものが全く伝わってこなかった。
試合自体も場違い…というかこれにお金払わなくちゃいけないのん?と思ってしまった。
一生懸命闘ってるのはわかるけど…みんなが見たいのはそれだけじゃないと思うんですよね。
試合内容は触れずでスミマセン。触らぬ神に祟りナシという事で…。

○砂辺(2R終了判定 2−1)×出口



第2試合 北岡 悟vs星野勇二

星野のセコンドには高瀬。北岡にはパレストラ(?)の人。
ノッケからレスリングのスペシャリストである星野に勇猛果敢(無謀?)にタックルを仕掛ける北岡。
星野が冷静に対処するとすぐガードを取る北岡。
星野がインサイドガードからちょこちょこパンチを仕掛けていく。
するするっと北岡の足がのぼってくると離れて防御。スクートポジションから突進しパンチを当てていく。
星野はテイクダウンは奪うもののパスは出来ず、パンチを当てていくだけ。
北岡はほとんど何も出来ずパンチをもらうだけ。両者共に決め手に欠き判定。
終始優位にたっていた星野がフルマークの判定勝利。
星野、勝った喜びでコーナーに駆け上り胸をドンドコ、ゴリラポーズ。しかし沸かない場内…。
アピールするのは良いと思うけど…何故、ボトムロープに乗る??(笑)
せめてセカンドロープに乗れば映えるのに…。この辺がRJWの地味さたる所以なのかな…?

○星野(2R終了判定 3−0)×北岡



第3試合 窪田幸生vs久松勇二

シャバダバダァ〜とおちゃらけ入場の久松センセ。セコンドにはトイカツ。
それに負けじと吠えながら入場の窪田。こちらは美濃輪、伊藤と横浜道場勢を従える。
いきなり久松センセの浴びせ蹴りで幕を開けた1R。インサイドガードからのパンチだけで攻める窪田。
とそれだけで1R終了。パスも狙わなければ関節を取ろうとする気配もない。
かといって、パンチが強烈なわけでもない…。この辺が窪田の浮上出来ない原因かと思われ…。
横浜道場の選手ってそれぞれの色があるじゃないですか?鈴木にしろ、美濃輪にしろ…。
まだペーペー(死語かな?)の光留クンにも色を感じるんだけど…窪田は髪の色が金なだけで…、
どこにも突出した色が出てないと思うんですよね。
2R早々、窪田パンチが久松センセの顔面を捕える。窪田はそのまま倒してまたもやパンチ攻め。
通路奥に陣取っていた高瀬、成す術のない久松センセに「足を使え〜。」とアドバイスするも、
聞こえてないのか聞く気がないのか…はたまた使えなかったのか…それからも足を使った技術を見せる事はなかった…。
3Rやっとこさで、上を取った久松センセ。窪田にスイープされて完封負け。良いとこが全く出せず。
勝った窪田はマイクでDEEPでの上山戦の宣伝。
次回は不完全燃焼・不透明決着の前回を払拭出来る試合が出来るのでしょうか?

○窪田(3R終了判定 3−0)×久松



第4試合 石井大輔vsジェイソン・デルーシア

デルーシアのセコンドには光留クンだけ…。(オヨヨ)石井のセコンドには山宮。
序盤から石井のパンチが冴え渡る。が、デルーシアも変則的な打撃を当てるが軽い。
デルーシアが引き込むと体格差を利したスイープを狙う。も石井の打撃に阻まれる。
同じような展開が延々と続いていく…。3Rにデルーシアが下からの三角を極めようとするも、
逃げられてしまい終了。常に上をキープし、スタンドでも良いパンチを当てていた石井の判定勝ち。
こ、これがハイブリッドボクシングなのね…。

○石井(3R終了判定 3−0)×デルーシア



第5試合 郷野聡寛vs渡辺大介

今日は郷野の試合が見たいが為にチケット買ったんですよ。
遂に(?)SPEEDを捨てた(前回はウォンテッド.SPEEDバージョン(笑)テーマ曲ヲタです)郷野は、
佐々木、佐藤、石川を引き連れて堂々と入場。
渡辺は、伊藤、美濃輪と共に入場。MISFITSの曲が頼りなさげな渡辺を後押しする。
注目のゴング。渡辺がちょこちょこっと蹴りを出すと、郷野は蹴りはこうやるんだよ!と言わんばかりの強烈な左ミドル。
そして、ロー、ハイと打ち分けたった3発の蹴りだけで渡辺を圧倒。凄いな、郷野。
打撃を嫌がった渡辺はコーナーに押し込み差し合い。ここで郷野は組んでも強さを見せる。
足をかけてテイクダウンを奪うとすかさずパスそしてマウントを取るとパンチ。
またもや嫌がった渡辺はバックマウントを取られる。スリーパーを狙った郷野だが、渡辺にポジションを返されてしまう。
しかしガードからあっさりとスタンドに戻す郷野。ホントに凄いな。すぐさま郷野がテイクダウンを奪うと、
バックを取りスリーパー狙い。しかし、ここは渡辺の三味線のようなローブローアピールにより一時中断。
スタンドからの再開となる。今度は郷野が首相撲からのヒザ連打。またしてもバックを取ると
高々と抱え上げジャーマン気味に落としていく。と間もなく1R終了のゴング。
2Rが始まると郷野の殺戮ショーの御披露目。スタンドで渡辺の首を抱え容赦なくヒザを叩き込んでいく。
みるみるうちに渡辺の顔が赤くなり血がほとばしりドクターチェック…するとその状態を見かねた美濃輪がタオル投入。
郷野、渡辺との差を見せ付ける豪快なT・K・O勝利。コレまでの試合が判定続きだった事もあってか大歓声。
すっきりとした勝ちと自信と余裕たっぷりの郷野は頼もしくカッコ良く見えた(笑)
マイクを持つと美濃輪戦をアピール。これは本当に期待大。
今のパンクラスにはこういった期待が持てるようになった。今、追い風が吹いている。

○郷野(2R 0分52秒 T・K・O)×渡辺



第6試合 高橋義生vsデビッド・フレンディン

明かに金魚的マッチメイク。フレンディン落ち着きなく入場。
一方の高橋は堂々入場。セコンドには藤田。今回の高橋は身体がしまっている。
高橋は、身体の締まり具合で試合へのモチベーションがばれてしまう場合が多々ある。
今日はやる気十分。目に野獣観が漂う。
ゴング直後、高橋の綺麗な左ストレートがフレンディンを捕える。
ヨロヨロしたフレンディンに追い討ちをかけるようにヒザ、パンチの連打。
戦意喪失なフレンディンを見たレフェリーがすぐさまストップをかける。
見事、金魚を粉砕した高橋がこれまた野獣と呼ばれる藤田とリング上でポーズを決める。
良い時の高橋には色気を感じるな…悪い時はちょっと見ただけで萎えてしまう時があるけど…。
とにもかくにもハイブリッドボクシングの真髄(笑)を見た気がする。

○高橋(1R 0分26秒 K・O)×フレンディン



第7試合 国奥 麒樹真vsマシュー・ニコー

けっこう強いという話しを聞いていたニコー。
スタンドでのパンチは国奥よりはうまかったがグラウンドでの対処がいまひとつ。
総合力に勝った国奥の自力勝ち。
国奥は良い選手だと思うんだけど…ここ1番で勝ててない。
それよりも何よりも…あまり伝わってくるものがないんですよね。
言われた仕事をただ淡々とこなすだけと言うか…。

○国奥(2R 3分35秒 チキンウィングアームロック)×ニコー



第8試合 菊田早苗vsマット・トライヘイ

トライヘイの刺青は入れ過ぎ!ってぐらい入ってる。写真で見て知ってはいたけど…実物はやっぱり異様。
ゴルドーがかわいく見えちゃうぐらいだから…(勿論、モンモンだけの話しですが)
菊田のセコンドにはGRABAKA勢が総出。そして会場の人気も凄い。
ちょっと前まで地味だけど強い選手。っていうような会場の雰囲気だったのに(笑)
アブダビ優勝によるメディアへの露出度でこんなにも変わるとは…。桜庭っていう前例はあったけど。
菊田も立派に集客力の選手になったという事ですか。パンクラスは良い選手を拾いましたね。
試合の方はと言うと…ゴング開始すぐに菊田がタックルからテイクダウン。
パスしてマウント。暴れるトライヘイを見事に乗りこなしお見事っ!としか言い様がない逆十字。
強い時(実力差がある時?)の菊田はホントに素晴らしいとしか言いようがない。
今が1番良い時。アブダビ優勝を着飾らないでもっと強い選手と闘って欲しい。(ブラジル人希望)

○菊田(1R 1分11秒 腕ひしぎ逆十字固め)×トライヘイ

今回は今年に入ってから1番カードに魅力のない興行だったが、
そのカードを補うだけの試合内容があったと思う。
次のネオブラDAY&NIGHTのカードなんて、本当にそそられるものがある。(でも、行けない^^;)
会場内から姿を消した船木を気に止める人も少なくなった。
パンクラスが変貌してきた今が飛躍する瞬間なのかもしれない。




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ